2022年01月23日(日)

お気に入りflower – 僕はゲームができない

僕はゲームができない /hakaru feat. v flower

前回の日記と続いて、こちらもハイテンポな曲ですね。ロックで、なおかつドラムの4つ打ち多めなのでノリが良いです。

曲も好きなんですけど、歌詞のテーマが好きです。「でもゲームの話をする度に僕の視線はL R L R」このセンス最高だと思います。私は小中学生の頃にゲーム(+インターネット)ばかりやって過ごしていたので、この歌と同じ境遇だったわけではありませんが、ゲームが苦手だったり興味の対象にならなかった人は共感できる部分があるのではないでしょうか。

あと、イラストの花ちゃんがめっちゃかわいいです(重要)。花ちゃんは、確かにゲームやってるイメージがあまりないかもしれません。ゆかりさんとかきりたんはゲーム実況動画が多いこともあって、ゲームのイメージが強いんですけどね。

2022年01月20日(木)

お気に入りflower – Giro y Vueltas

Giro y Vueltas / flower 【Original Song】

お気に入りです。結構前に某所でおすすめしていた方がおり、聴いてみたら良かった花ちゃんの曲。

ジャンルはハイテンポな4つ打ち系ですので、聴いてるとテンション上がりますね。通勤時の車で流れた時は最高でした(何 ちなみにスペイン語のようです。私はVOCALOIDで外国語を歌わせる難易度はわかりませんが、v flowerは日本語ライブラリしか出ていませんので、打ち込みは相当難しかったのではないでしょうか。

花ちゃんは英語で歌ってる曲も結構あったり、Twitter眺めてると海外の方でイラスト描いてる人が結構いたり、海外でも人気があるのでしょうかね。ボカロの界隈とか文化はさっぱりなので、その辺気になります。

2022年01月18日(火)

お気に入りflower – ひまわり畑でつかまえて

ひまわり畑でつかまえて/flower(メル)

今回からお気に入りの花ちゃんの曲を書く時は、日記のタイトルを変えようと思います。

懐かしさと、温かみのあるロックです。ロックにもほんと様々なスタイルがありますね。長調なので雰囲気は明るいです。花ちゃんの声がジェンダーファクター低めで可愛らしくなっており、曲調とよくマッチしています。いつものクールな声も良いけど、かわいい花ちゃんもやっぱり好きだなぁ…作者様次第で異なる側面を見せてくれるVOCALOIDは聴いていて楽しいですね。

曲名、及び歌詞のストーリーには元ネタの小説があるようです。私は残念ながら存じませんので、読んだ上で聴けば更に楽しめる曲になるでしょう。こういう時に教養のない私は、その作品の持つ本来の深みを享受できないことを毎度悔やみます(何

2022年01月15日(土)

オプスキュール

オプスキュール/flower

お気に入りの花ちゃんの曲です。おしゃれなロックですね。イントロのギターフレーズとサビのメロディがかなり好み。ギターの音作りも素敵です。

個人的には、そこはかとなくシャルルの雰囲気を感じました。共通点としてロック、クランチ系のギター、調Gm、IV-IIImの流れを土台にしたコード進行、辺りでしょうか。

2022年01月06日(木)

水星に訊く

[VOCALOID] 水星に訊く feat. flower / ケダルイ [公式]

引き続きお気に入りの花ちゃんの曲。私が水星・マーキュリーで連想するものは、ロックマンワールド5のマーキュリーステージの曲だったりします(何

ストレートなロックでとても格好良いです。個人的に曲全体…特にサビのメロディから懐かしさを感じます。聴いていてノスタルジーな感情が湧いてくる曲は、大体お気に入りになります。ちなみに調は G でしょうか。長調の曲はあまり聴く機会がないのですが、やはり雰囲気が明るいですよね。爽やかな気分になってきます。

v flowerで流行る曲というと、短調で少し闇が見え隠れする曲がどことなく多い印象ですが(ボカロ全体的にそうなんですかね?全ての曲を聴くのはおそらく不可能なので主観です)、明るかったり、長調な曲ももっと出てくると良いですね。というか十分出てるけど、単に私が探しきれてないだけの可能性100%な予感。

日記部分

ところで今日は千葉に出張でした。まさかの雪で寒かった。あまり電車乗りたくなかったけど、大丈夫かなぁ…帰りが満員電車だったので、もし例のアレに罹ったらどうしたものか。というか17時って満員になる時間帯なんですかね?18時~20時辺りに仕事帰りの人で混雑すると予想していました。もう学生時代と違って電車は使わなくなったので、混む時間帯が把握できておりません。

2022年01月03日(月)

303

303 / スズギリfeat.v_flower

曲の紹介から始まる新年があってもいいと思います。ジャンルとしてはテクノ系でしょうか。シンセメインの軽快なサウンドで、かなり私の好みです。

テクノやトランスのようなジャンルは4つ打ちという印象が私の中では強いのですが、この曲では表拍キック裏拍ハイハットのありがちな4つ打ちではなく、作者様独自のリズムパターンが展開されます。そこに各シンセの音色と花ちゃんの歌声がバッチリハマっており、聴いていてとても心地良いです。

ちなみに調はC#m→Dm→D#mと転調していきます。私の好きなD#mが最後に登場して、アウトロのメロディが物凄く懐かしい感じがするのもお気に入りポイント。

というわけで2022年が始まりました。ニコニコはエコノミーモードで音声が64kbpsになるのなんとかなりませんかね(何

2021年12月19日(日)

あの花とブルー

higma – Flower and blue / あの花とブルー feat.v flower

最近お気に入りの花ちゃんの曲です。長さは5分10秒と歌ものとしては若干長めかと思われますが、その分聴き応えのある情景が広がっています。

やっぱりロックと花ちゃんの組み合わせは好きですね。この曲はギターの音色・歪みが比較的やさしめで、温かみのあるロックといった感じでしょうか。こういう系統のロックも今まであまり聴いてこなかったジャンルになりますので、色々と聴いてみたいですね。

2021年11月27日(土)

花瓶に触れた

花瓶に触れた/flower

定番ですね。今日(11/26)の出社時、車で一番目にかかっていた曲だったので。左右の鋭いバッキングギターの音色が癖になります。個人的に好きなポイントは、Bメロの花ちゃんの憂いに満ちた歌声と、2サビ後の間奏の左Chで鳴っているめちゃくちゃ鋭いカッティング。

v flowerは「ロックに特化した」と紹介される程のVOCALOIDですので、やはりロックとの相性は抜群に良いと思います。無論、他のジャンルでも遜色ない歌声です。

ちなみに私が初めて聴いたバルーンさんの曲は、上記の花瓶に触れたではなく、シャルルでした。「花ちゃんの曲ってどんなのがあるんだろう?」と、まずは有名所から調べてみた感じ。Webブラウザの履歴や手元のMP3の更新日時を見る限り、ベノムの次に聴いた曲です。

ただ、シャルルも最初はいまいちピンと来なかったんですよ。理由として、ギターの中高域が結構突き刺さる音作りになっているのと、そういうギターの音色、ロックに慣れていなかったというのがあります。私の中でギター、ロックといえば、真・三國無双シリーズや埼玉最終兵器さんのようなHR/HMであり、シャルルや花瓶に触れたのようなロックは普段聴かないタイプのジャンルでした。

ところが何度か聴いていくうちに段々ハマっていく自分がいました。こういうロックも格好良いっ!と。食わず嫌いではなく、単純に今まで知らない音楽…世界だった、というだけですね。音楽は本当にそういうパターンが多いと思います。

2021年11月23日(火)

ミッドナイトストライド

ミッドナイトストライド/錦ft.flower

最近好きな花ちゃんの歌。Twitterには呟きましたが、こちらには書いていなかったので。

オシャレ系の4つ打ちは、やっぱり好きですね。後ろで鳴ってるブラスのノリが良いです。ギターのカッティングも好み。こういう格好良いオケの上に花ちゃんの素敵な歌声が乗ると、もう最高です。

しかし以前の日記でいくつか紹介した花ちゃん曲で調D#mが続いておりましたが、この曲もなんですよね。なんか自然とD#mの曲を求めてしまうのかなぁ(謎 私はD#mの曲は作りやすく感じるんですが、他のDTMerさんだとどうなんでしょうね。得意・好みの調は人によって異なると思うので、その辺気になります。

調といえば、最近はG#mがお気に入りです。一つ上が一番わかりやすいC/Amなので、今まであまり馴染みの無かった調でしたが、ギターでコード弾く時にダイアトニックコードのI~IVがいい感じの高さで5弦ルートに並んでいて弾きやすいんですよね。

私は2343-2343…と繰り返す進行とか、4323-4323…4321で終止する進行とか好きなんですが、5弦ルートだと各セブンスコード(△7、m7、7)が個人的に弾きやすいのもあって、G#mはなかなか良いです。

2021年10月10日(日)

テレキャスター

Fender Player Telecaster です。書くのが遅くなりましたが、実は9月末頃に買いました。Twitterに呟いてもよかったのですが、4月末頃にギター買った(始めた)ことを写真付きでツイートしているんですよね。お前もう新しいの買ったんかい!と思われるのもアレなので、サイトの日記にひっそりと書きます(何

4月に買ったのは YAMAHA PACIFICA 112V で、ストラトキャスタータイプのギターです。今回はテレキャスターということで、結構な違いがあります。スペック的な違いは各メーカーのサイトをご覧頂くとよろしいかと思います。

まず持ってみて戸惑ったのは、コンター加工が無いこと。これは演奏の際、体に当たって邪魔な部分のボディを削る加工のことです。PACIFICA 112V は初のギターということで特に意識していませんでしたが、演奏の快適さには重要な加工であると理解できました。テレキャスは体にゴツゴツ当たってくるんですよね。今は慣れてきましたが、体へのやさしさという面でストラトの設計は秀逸ですね。

次にネックの幅、及び弦の間隔が若干広いこと。PACIFICA 112V のナット幅が 41mm に対して、Player Telecaster は 42mm です。たった 1mm の差なんですが、弾いてみると意外に変化があります。ただ、弾きやすさという面ではどちらも良好で、持ち替えても特に問題はありませんでした。

一番重要な音色ですが、やはり異なります。これはギター博士のストラトキャスターとテレキャスターって、どう違うの?という記事が詳しいので、そちらをご覧頂くとわかりやすいです。単純に出せる音色の数で言えばストラト5種類、テレキャス3種類になりますので、ストラトに分があるように思われますが、やはりどちらもそれぞれ個性があるんですよね。気分や作りたい曲によって使い分けるのがよいのではないでしょうか。

今回、結構高い買い物(約7万円)なので楽器屋で実物触ってからの方が良いかなぁ…と少し悩みましたが、あまり外出したくないのもあって結局 Amazon で某楽器屋が販売しているものを注文しました。ちなみに Player Telecaster はピックアップ(リア・フロント両方)がハムバッカーになっているバージョンもあるのですが、私はシングルコイル版を選びました。

届いた時は弦高がものすごく低かったので6弦2.0mm~1弦1.6mmぐらいに調節して、弦も出荷時の09-42から095-44に張り替えました。というわけで2週間ぐらい使ってみた感じ、音色・見た目ともに、気に入っています。そのうち生ギター入りの曲も作ってみたいですね。単純なコード弾きとアルペジオとかでいけるか!?

最近は仕事終わったらギターやって気づいたら夜中になってしまうというパターンが多く、平日の睡眠時間がまずいことになってますw 仕事中眠くてだめだ!いやほんと学生時代の時間が潤沢な時期にギターを始めたかったですね。