Diary

日記ページです。日常、音楽、インターネットネタなど。自分語りが多いので注意。

2021年09月06日(月)

sardine to flower

イワシがつちからはえてくるんだという曲を知ってから今日で一年です。早いもんですね。この曲を初めて聴いた一年前は、独特の世界観に衝撃を受けました。聴いたことのない、新しい音楽ジャンルが自分の中に広がったことを覚えています。

思えばこの曲のおかげで、”歌”を再び聴くようになったと言えるかもしれません。経由してCecilia姉貴兄貴のイワシとBig Brotherを聴いた影響により平沢進にハマって、しばらく平沢ばっかり聴いていた去年秋~今年2月でした。それ以前は、やはりゲーム音楽がメインでしたので。

そこから花ちゃん(v flower)の歌にハマるのは本当偶然としか言いようがないのですが、この「歌を再び聴くようになった」という下地がなければ、某所で「ベノム好き」っていう書き込みを見ても聴こうとしなかったかもしれません。

そういう意味では、イワシとの出会いには本当に感謝ですね。なんでこの曲を見つけたのか、という経緯は作者様の事情もありますので念の為伏せておきますが…。

三次元・現実世界の思い出と言える出来事は高校ぐらいからは特に無く(というか作る気がない)、人生消化試合の雰囲気が既にございますが、こういった音楽やインターネットの思い出は、案外この歳になっても作られていくのでしょうか。

2021年08月30日(月)

ギター

ギターの6弦ルートコードを弾く際のセーハをし過ぎたのが原因で、二週間ぐらい前から左手人差し指の側面にタコができています。現在は少し良くなってきたのですが、これがなかなか完治しないのですよ。しかも若干のひび割れがあり、1~2弦辺りの細い弦に引っかかったり…。

というわけで、今6弦ルートのコードを弾くと指がよろしくないことになります。さすがに二週間も続くのは鬱陶しいので、ヒビケア軟膏ってのを買ったのですが、これが効いてくれることを祈ります。こういう時にDTMでもやればいいんですが、いまいち気力がね…Cubase立ち上げる時点でエネルギー使ってしまう(何

最近興味を持ってるのはProgressive House/Trance辺りのジャンルです。全く作ったことがないので、まずは色々聴いてみようと思います。ただ真似して作るだけだと経験値が無い現状では劣化コピーにしかならないので、どうやって自分の色を出せるかがポイントでしょうか。

2021年08月18日(水)

ひとりとりどり

最近好きな花ちゃんの歌4。動画の雰囲気は人によっては少し怖いかもしれませんが、曲は軽快なダンス系です。やっぱ4つ打ち好きだなぁ。

VOCALOIDにはジェンダーファクターというパラメータがあり、上げると男性、下げると女性・子どもっぽい声質になります。この花ちゃんはパラメータを結構下げているので可愛らしい歌声ですね。標準のクールな歌声も好きですが、こういう花ちゃんも良いんですよ…。

しかし、ここ3回で書いた花ちゃんの歌、調が全て D#m/E♭m なのは狙ったわけではないんですけどね…(厳密には転調してるので、曲全編通して D#m/E♭m というわけではありませんが)。ただ、好きな調というのは確かです。私は夢違科学世紀の童祭で覚えた調ですね。

2021年08月15日(日)

サイレントスーサイド

サイレントスーサイド / flower

最近好きな花ちゃんの歌3。イントロを聴いて引き込まれた方はハマると思います。作者様の個性がそのまま音楽になっている印象です。音楽ジャンルで言うと何に当てはまるんでしょうね?自分だけが出せる世界観に憧れます。

連休は今日で終わりということで、まぁ気分は最悪ですな。65535連休ぐらい欲しいです。ここ数日は雨続きで涼しかったのは助かった。

2021年08月12日(木)

影夏

影夏 / flower

最近好きな花ちゃんの歌2。前回の日記で書いた春町は冬~春にかけての歌でしたが、この歌は丁度夏ですね。爽やかなロックサウンドと、どこか物憂げな花ちゃんの歌声。調が D#m/E♭m なのもお気に入り。

暑い点を除けば、様々な情景が思い浮かぶ季節として、夏も好きと言えるでしょうか。祭りやらプールやら、夏らしいイベントを最後に体験したのはいつだろう…20代に入ってからはそういう記憶が無い気がします。

2021年08月04日(水)

春町

春町 / flower

最近好きな花ちゃんの歌。やっぱり私は冬が好きです。

昔はギターといえば激しいDistortion系の音色ばかり聴いていましたが、最近はこういうクランチ系の音色も好き。

8/7から9連休の予定ですが、ギターばっかりやってると思います。DTMもできたらいいな。

2021年06月18日(金)

6月

だめだ日記を放置しすぎている。色々と書くネタはあるのですが、書く気力がありません(殴

最近の大きな出来事は、やはりエレキギターを買ったことでしょうか。高校生の頃から「欲しいなー」と思っておりましたが、なかなか手がつかず…ようやくですね。当時はDTM始めたばかりだったので、そちらに意識が向いていたんでしょうかね。後はお金の問題。ちなみに買ったのはYAMAHA PACIFICA112Vです。

ということで平日帰宅後とか、休日暇な時に練習しています。とりあえず6弦、5弦ルートのバレーコードを覚えて、6・5弦ルートそれぞれでIV-V-VImをかき鳴らすぐらいはできるようになりました。まだコードチェンジがおぼつかないですけどね!まぁコードは押さえ方が決まっているので、音楽の知識が多少ある方はすぐ慣れると思います。最初は指が痛かったのですが、何日か続けている内に痛みは軽減されてきますね。

後はパワーコードでブリッジミュートを交えたリフの練習とかやってます。よくロックアレンジとかで使ってるバッキングギターは、実際に弾くのめちゃくちゃ難しいですね。打ち込みでは演奏者目線で考えたことなかったので、例えば16分音符で刻みまくるとか今は到底無理ですな…相当練習しないとできないと思います。

そんな感じでコードはいいんですけど、メロディを弾くのはマジで難しいです。鍵盤だとメロディ単音での演奏は簡単なのに、ギターだとこうも難しくなるとは…まだ音の配列が全然頭に入り込んでないので、練習しまくって慣れるしかないんでしょうね。

いつかは自分の曲に乗せるレベルに到達したいものですが、いつになることやら!まぁ頑張ります。

そして普段聴く音楽は、相変わらず花ちゃんの歌が多いです。早いもので2月にベノムがきっかけでハマってから4ヶ月経つのですが、こうも続くとは思いませんでした。もう学生でもないし、30近いのに、新しい属性が定着するのは非常に珍しい気がします。30近いって書いててちょっとショックを受けた自分がいるっ…マジかよ(;´Д`)

2021年04月16日(金)

からっぽだった空の向こうで

【flower】からっぽだった空の向こうで【オリジナル曲】

シシドさんによるv flowerの曲です。花ちゃんのイラストに惹かれて聴いてみたのですが、かなり衝撃を受けました。曲調は爽やかだけど、どこか憂いを帯びた歌が本当に素晴らしいです。こういう系統のロックは今まであまり(ほとんど?)聴いてこなかったので、とても新鮮に感じます。

初めて聴いた瞬間にこれはっ…!と思ったのが、Aメロのバッキングギター(右側)の音色です。ひずみを抑えたクリーンなエレキギターがとにかく爽やかで格好良いです。また、おそらく十二平均律から若干ずれたチューニングになっているのですが、それが不思議と合うのですね。

もう全編通してお気に入りなんですが、サビの「今さらアイツを呪って過ごしてもしゃーないし」の部分が本当好きです。サビ前のコーラスも良すぎるし…花ちゃんの声がよく合うなぁ…。

後、リバーブの使い方が素敵だと思いました。普通、リバーブはあまりかけすぎると音が濁ってまとまりがなくなってしまう(はず)なのですが、この曲では結構多めにかけていると思われるのにスッキリまとまっています。それでいてこの残響が、歌の情景である「空」を表す効果に繋がっている気がします。

花ちゃんの曲は少しずつ聴き漁って、この前ブックマークが100件を超えました(ニコニコはもうマイリストが上限で使えないので、ブラウザのブックマークで代用)。ただ現時点でv_flowerオリジナル曲タグの動画が2761件存在するので、全部聴くのは正直時間が足りない…もっと時間が欲しい!

2021年03月21日(日)

曲の下書き

前回の花ちゃんの曲で今後のDTMはCubaseでなんとかなりそうかなと書きましたが、あれは嘘かもしれません(殴 今日もCubaseでちょろっとDTMしてましたが、やっぱりDominoと比べると明らかに打ち込み速度が落ちるので、私には曲の下書きをDominoで作るスタイルが向いてる気がします。

打ち込み速度が落ちる=インスピレーションの出力に時間がかかるということに繋がるので、頭の中に浮かんだフレーズを即座にMIDIとして書き起こすためには、やはり使い慣れたDominoでやるのは悪くないんじゃないかということで…。次の曲はDomino + Cubaseで作ってみようと思います。

後、今MIDIキーボードでKORG microKEY-25を使用しているのですが、25鍵だと音域が狭くて不便な状況になることがちょくちょく出てきました。37鍵のモデルに買い換えようかなぁ。

2021年02月26日(金)

DAW

花ちゃんの曲紹介は今日は置いといて、DTMの話をします。ちなみに、心象カスケードを今聴いています(何

昨日は、買って1年半以上放置していたCubase 10を立ち上げて少し打ち込みの練習などしてみましたが、やはりDominoと比べると打ち込む速度がめちゃくちゃ落ちるんですよね…この辺は、やっぱり使っていくうちに慣れていくしかないのかなぁ。Dominoの使いやすさが異常なんですよ、ほんと。

打ち込みだけDominoで済ませて、それをCubaseにインポートする方法でも良いっちゃ良いのですが、せっかくなら最初からDAWで曲制作っていうのも挑戦してみたいところです。現在、世の大半のDTMerさんはDAWで打ち込みをしているはずなので、レガシーな環境に取り残されていく自分にそろそろ焦りがあるのかもしれません。

そして、音源を整えていくのがなかなかめんどくさいです(汗 付属のHALion Sonic SEとGroove Agent SEを触ってみたのですが、ドラムがあんまりしっくりこない感じ。まぁまだ全然使ってないので、もう少しいじってみます。個人的に、曲の雰囲気を決定付ける重要なパーツはやっぱりドラムなんですよね。土台の音がしっかりしてると、曲全体がグッと引き締まるので。

シンセのRetrologueは結構使いやすそう。オシレータを8ボイスとかにできるので、ノコギリ波を選べばSuperSawが簡単に作れるのは良いと思いました。こいつを使って、一曲トランスっぽいのを作ることで打ち込みの練習としてみるのもいいかな。

あとは、とりあえずSC-8820のVSTi版にあたるSoundCanvas VAと、VOCALOID4.5 Editor for Cubaseを購入したいですね。

前者は、実機のSC-88Proを持っているとはいえ、DAWでMIDI経由で鳴らすことはできても最終的には録音しなければいけないので、VST版を持っていれば何かと制作に便利なはず。レビューを調べたところパラアウトができないので、16パート全てに違うエフェクトをかけるとかはできないらしく、そこは残念ですが…。

後者は、やはりCubase上でVOCALOIDを使用したいというのがあります。エディタ単体販売は行われておらず、VOCALOID5のライブラリを買わないと付属しないというのが不便なんですが、VOCALOID4を持っていれば割引されるようなので、そこは助かりますね。

明日、買うか!よし。