小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:203

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約3493文字 読了時間約2分 原稿用紙約5枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「告白」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(184)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(629)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

告白

作品紹介

二作目の投稿となりますが、前作と違い、年齢制限は

ありません。



今回も一人称の小説ですが、またもや主人公の独白と

いう感じになってるような。



次の小説では会話の場面を入れたいものです。


 うららかな日曜日の午後。

 先日、桜が開花して、部屋のテレビからは花見で賑わう様子が流れていた。

 天気が良いので桜を見に行きたいと思ったが、昼過ぎまで寝ていたため、出かけるには時間がない。

 明日の仕事に備え、今日はのんびりと家で過ごすことにした。

 とりあえず、パソコンの電源を入れる。



《メールを受信しました》

 しばらくして、メールソフトからの受信通知が画面に現れた。

 受信していなかったメールが十通ほど。情報メールと迷惑メールがほぼ半々。

 それらのメールを手動で振り分けていたところ、一つのフォルダが目に留まった。



 それは「mai」と書かれたフォルダ。

(マイさんか――)



 ***



 マイさんと知り合ったのは三年前の三月。とあるメール友達募集のサイトがきっかけだった。

 その頃の僕は、二十歳の大学生。競馬に興味があったものの、友人たちに競馬好きがいなかったため、競馬の話題で楽しく盛り上がれるようなメル友を探していた。

 そんなとき、僕はマイさんの書き込みを見つける。

『メールでお話できる人を探してます。メールお待ちしてます』

 ただ、それだけの書き込みだったが、趣味の項目に「競馬」とあったので、とりあえずメールを送ってみた。

 彼女も僕と同じく、二十歳の学生。都道府県は書かれてなかったが、どこに住んでいても関係ない。ただ、返事が来ることを願っていた。



 翌日の夜、マイさんからメールが来た。

『コウさん、はじめまして。メールありがとうございます』

「コウ」というのは僕の名前「浩平」から付けたハンドル――つまり、メールでの名前だ。

 そう書き始められたメールだが、募集の書き込みと違って、かなり長文のメール。

 僕が送ったメールには、自己紹介と競馬などの関心事をはじめ、マイさんの好きなことに関する質問などを書いたものの、そのメールを遥かに上回る長さで丁寧に書かれたメールだった。彼女のメールには、「メールをもらえてうれしかった」とあったが、その気持ちはメールの長さと文面から読み取ることができる。

 返事がもらえてうれしいのは僕も同じ。その気持ちをこめて、マイさんと同じように丁寧に書いたメールを返す。こうして、マイさんとのメール交換が始まった。





 それから一年後、翌年の四月中旬。

 僕とマイさんのメール交換は続いていた。競馬の話題もあったが、むしろそれ以外の話題――主に互いの日常のこと――を書くことが大半だ。それでも、メール交換が楽しく、彼女からの返事を心待ちにしている日々。

 メールの間隔はほぼ二、三日。バイトや大学の勉強などで忙しい時期には、僕からのメールが滞ることもあったけれど、

『お疲れさま。無理しないでくださいね。メール遅れてもいいですから』

 と、マイさんはメールで僕を気遣う。そんな彼女の気遣いがうれしくもある。

 メールを続けている中で、マイさんが岩手に住んでいることを知った。僕は東京に住んでいるが、彼女に会えなくてもいい、メル友の関係をこれからも続けたいんだ。



 そう思っている僕に、マイさんからメールが届く。

『今度の週末、東京に行きます』

 週末を利用して、東京に出てきている友人のところへ遊びに行くとのこと。

 次の日曜日は中山競馬場で皐月賞という大きなレースが行われるが、中山競馬場を訪れたことのない彼女は、時間があれば皐月賞を観戦したいと書いている。僕も皐月賞を直に見たいが、その日は外せない用事ができてしまった。

『皐月賞、現地で見たいなぁ。行けなくて残念だ』

 そんなことをメールに書いて、マイさんに送信した。





 しかし、その日曜日が過ぎ、十日ほど経っても、マイさんからのメールがない。

(何かまずいこと書いたかなぁ……)

 前回送信したメールを読み返してみると、「皐月賞に行けなくて残念だ」の部分が気になった。

 自分では、「現地で見られないことが残念」の意味で書いたつもりだったのだが、「マイさんと一緒に見られなくて残念」の意味にも取れる。

 男と違い、女性は異性のメル友と会うことに抵抗感があり、「会おう」の一言でメールが来なくなることも珍しくないと聞く。

 そういうメル友事情に当てはまるかどうかはわからないが、マイさんに誤解されて、メール交換が終わってしまうのは悲しい。



 だが、前回のメールとは関係なく、マイさんが忙しくなった可能性もある。

 だから、あえて、メールのことには触れずに、

『そちらが落ち着いたらでいいので、メール待ってます』

 こう書き添えて、メールを送った。





 相変わらず、マイさんからのメールが来ないまま。

 一ヶ月あまりが過ぎ、六月がもう目の前。

『ごめんなさい』

 件名にそう書かれたメールが届いた。マイさんからのメールだ。

 件名を見て、メールが遅れたことのお詫びだろうと、軽い気持ちでメールを開く。



 メールを数行読んで、時間が止まったような気がした。

『コウさんに嘘をつき続けたことを謝らなくてはいけません』

 メールによれば、マイさんの年齢は僕と同い年ではなく「三歳年上」の二十四歳。学生ではなく会社員とのこと。

 彼女と知り合ったメル友募集サイトは、十代後半から二十歳くらいの学生が多く、つい嘘をついてしまったという。

 嘘をつかれたことは気持ちの良いものではないが、そのくらいの嘘なら、さほどショックではない。

 むしろ、後に書かれている告白に目を奪われた。



『先日の東京行き、友達ではなく、実は彼に会いに行ったんです』

 もともと、マイさんには交際中の男性がいたそうだが、その男性が東京に転勤。

 はじめのうちは、お互いに連絡を取り合っていたものの、男性側が多忙を理由にあまり連絡をしなくなった。彼女が寂しさを感じていたところに、件のメル友募集サイトを見つけたらしい。

 僕とのメール交換を通じ、マイさんは寂しさが少し紛れた一方で、半年以上も男性と会ってないことで不安が募り、東京行きを決心。そこで不安を払拭するはずの彼女だったが、些細なことで口喧嘩。それがきっかけで男性から別れを切り出されてしまい、そのまま彼と別れることになったそうだ。



『このままメールを止めようとも思いましたが、コウさんには本当のことを書きたいと思い、メールを送りました』

 マイさんの言うように、このままメールを止めていたほうが楽だったはず。悲しい思い出を蒸し返さずに済むのだから。

 彼女は嘘をついていたが、そのことを打ち明けたのは、彼女なりの誠意と信じたい。

 そんな彼女のメールを読んで、かすかな怒りがこみ上げる。彼女にではない、自分にだ。

 不安の素振りも見せず、メールを続けていた彼女に、何もできなかった自分が悔しかった。

 事前に不安を打ち明けて欲しかったが、彼女の立場になってみると、お互いの関係がメル友であるうえに、三つも年下の者――しかも学生――に悩みを打ち明けるのは難しかっただろう。

 ――自分がもう少し大人だったら、彼女の力になれたのだろうか。

 いや、大人であるかどうかという以前に、僕は「楽しく」メール交換をすることばかり考えていた。僕のメールにもそれが現れていたと思う。そんな子供の僕に悩み事を打ち明けられるはずはない。彼女が悩みを隠し続けたのも当然だ。



『こんな私にコウさんとメールを続ける資格はありません。本当にごめんなさい。どうかお元気で』

 彼女は、メールをそう締めくくっていた。

 しかし、嘘をつかれた僕より、悩みと嘘を隠し続けていた彼女のほうが遥かに辛かったはず。

 僕は彼女に申し訳なかった。





 ***





 マイさんが真実を告白したメールから、もうすぐ二年。

 それまでに送られてきたメールも読み返して、当時のことを懐かしく思い出している。



 実は、あのメールを受け取った後、少しして、僕は彼女に一度だけメールを送った。

『これからは本音で話し合えるメル友になりたい』

 彼女へのお詫びとともに、メールにそう書いたが、彼女からの返信はもちろんない。



 できれば、彼女の現況を知りたい気持ちはあるが、それは叶わぬ望みだろう。

 彼女が幸せになっていることを信じながら、僕はメールを閉じた。

後書き

未設定


作者 すすず
投稿日:2010/03/17 22:36:44
更新日:2010/03/17 22:36:44
『告白』の著作権は、すべて作者 すすず様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:203
「告白」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS