小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:262

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1196文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「FALSE」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(155)・読中(2)・読止(1)・一般PV数(632)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

FALSE

作品紹介

主人公・タクトは過去を変えるために政府が作り出したタイムマシンに乗るために応募し当選するが、タイムマシンに乗れるのは1人だけ。タクトは他の当選者と殺し合い、タイムマシンを目指す。




「んあぁー…こりゃヒドいなぁ…」



 これだけヒドいと目を背けたくなる。

 俺、神埼タクト(20)は一人暮らしの準備をするために

 自室の押し入れの目の前にいる。



 しかし、

 1日で片づけられるか!?

 と思うほどその光景は悲惨だった。



「とりあえず始めるかぁ…」



 そう一人で呟き、作業に取り掛かろうとしたが、



 ガンッッ!



「あっ!」

 

 振り返った時に腕が押し入れの扉にぶつかってしまい、

 1つの写真立てが落ちた。



 そしてタクトはそれを見つめ、

 絶対に忘れもしない

 "あの時のこと"を思いだしていた。





 …………それは6年前、タクトが中学2年の時だった。

 タクトには当時、秘かに想いを寄せていた女性がいた。

 タクトより1つ年上の柏木エレナ。

 彼女は明るく、誰からにも好かれていた。

 彼女に憧れる後輩も多かった。



 しかし…

 夏休みに入る前日、彼女は死んだ。



 横断歩道を渡っていたところを

 信号無視のトラックと接触。即死だったそうだ。



 葬式の日、

 彼女の親友から彼女が俺の事が好きだったことを教えてもらった。



 事故があった日、彼女は俺に告白するために

 俺がいつもバスケの練習で使っていた公園に行く途中だったらしい。



 …俺の所為で。

 俺は何度も自分を責めた。

 悔やんでも、悔やみきれなかった。



 もしもタイムマシンがあるなら。

 俺は…過去を変える。

 彼女のために。



 ……………

 

 タクトがハッと我に返った頃には

 あんなに明るかった空も赤みがかかり始めていた。



「始めないと…」



 結局、タクトが作業を始めたのは

 日が沈んだ後からだった。





 後日。



 ヒドかった押し入れも無事に片付き、

 新しい我が家でタクトはただソファーに寝転がっていた。



「雑誌でも読むか…」



 そう言い適当にそこらに散らばっている雑誌を手にとった。



 どのくらいの時間が経ったのだろうか。

 そろそろ雑誌にも飽きてきた。



 どこかに出掛けようか、

 そう思っていた矢先、俺の目にある広告が目に留まった。



「タイムマシン搭乗者、募集中、日本防衛省…?」



 タイムマシン…?

 今の時代にタイムマシンなんてあるワケがない。



 しかし…

 本当にタイムマシンが?



 だったら

"過去を変えたい"

 という俺の夢も叶う。



 そう思った俺は何の躊躇いもなく、

 その広告に記載されている電話番号に

 電話を掛けていた。



 …あの後、あんな恐ろしい事が起こるとは知らずに。



後書き

未設定


作者 モカ
投稿日:2010/11/11 22:13:20
更新日:2010/11/11 22:13:20
『FALSE』の著作権は、すべて作者 モカ様に属します。
HP『ともちん(*´ェ`*)ぱらだいす

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:262
「FALSE」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS