小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:305

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1501文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「少年の心境(5時間目)」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(174)・読中(2)・読止(1)・一般PV数(617)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

少年の心境(5時間目)

作品紹介

以前なんか書きたいなと思って、

書きたいと思ったことをそのまま書いた物。

少し読んでクスッと笑っていただければ本当に嬉しいと思います。



ジャンルは微妙なところですが、ややギャグかと……



タイトルは無かったので、慌ててつけました。適当ですいません。


「ふわぁぁぁぁ」 

 崇晴は肘をつき欠伸をひとつして、目をこする。ここは日当たりのいい窓際の席、そして一番後ろ。授業は一番眠くなる5時間目の社会。これは寝ろといっている様なものだろう。

 ほら、さっきまで俺の目の前で頑張っていた隆史が夢の世界へ(リタイア)。

もうこれで、夢の世界へ旅立って言ったのは何人目だろう。2……10……12人。これは新記録じゃないだろうか?もうすぐ定年退職だろうと思われる社会の先生は1人で喋っている。幸せなやつだ。……いや、うちのクラスの真面目さんたち、6人が頑張ってくれている。俺の分も頑張ってくれたまえ。と心の中で俺はささやかながら声援を送った。



 あー、さっきまで頑張っていたけどもう無理そうだ。大体なんで内閣だとか、世界大戦だとかやらなくちゃいけないのだろう?そんなの政治家志望のやつらに任せておけばいいじゃないか。あぁ、原敬と犬養毅は好きだったけどな。名前的に。なんてそんなことはどうでもおいや。ほんとに。いやー昼休みのサッカー、あれ張り切りすぎた。汗でぬれたシャツは気持ちが悪くてしょうがない。あっ、また1人が旅立った。これで13人……。誰かギネス呼ぼうぜー。

 ほんと、それにしても暇だ。そう、暇だ。何の代わりもない毎日。中学に入ってもやっぱり代わりがない。何度も巻き戻し、再生を繰り返しているような毎日。退屈だ。いや、決して今の毎日に満足していないわけでもない。そう、今の毎日だって楽しい事は楽しい。ただ…たまにはちょっと違うことが起きてもいいんじゃないだろうか?まぁ中学に入ったら告白されるかもと言う期待も崩れ去っていくのは早かった。やっぱり理想と現実は違うんだな。うん。俺はもうドラマなんか信じねぇぞ。……あ、授業進んでる。やべーわかんねぇ……。なんだよ、冷戦って……。新しい核兵器を使ったのか?爆発したら町が一発で凍るみたいな。あーもう無理だー。授業はあきらめよう。うん。いつか三坂にでも聞こっと。あいつ歴史を愛してるからな。珍しいやつだ。よーし、社会は三坂に任そう。うん、ほらやっぱりあいつ目が輝いているもんな。一番前の席で授業中なかなか、目は輝かないぞ、やっぱり真面目なやつだ。俺の分まで頑張っておくれ三坂。俺の期末の点数はお前にかかっている。

 ……世界は回ってるんだよな。いや、そんなね、そう俺アホじゃないから。地球が回ってるぐらい知ってるから。ただ、俺が死んでも何事もなかったかのように世界は回り続けるんだなぁ。俺一人の存在ぐらい別にどうって事ないもんな……。誰か悲しんでくれるのかな?あー俺って結構孤独なのか?あー、ほんとマジで俺が一週間休んだってこのクラスは今までどおりに普通に成り立つし、俺が死んだって、成り立つな。俺意味ねぇな……。……いや、友達は悲しんでくれるよな……。うん、両親も悲しんでくれないかなぁ、せめて親戚ぐらいまで。うーん……やっぱ何にもなくていいや。よくある本みたいに何か世界を救うために!とかあったって、俺無理だしな。一発で死ぬわ。えっこいつに!?見たいな雑魚キャラで即死だわ。あー俺にはヒーローなんて無理無理!そんなんで死の恐怖なんて味わいたくてねえわ。俺はそっちを読むほうが全然いけるわ。って読書大ッッ嫌いだけど。

 うん、そう思うと、今のこの平凡な毎日だって悪くない。むしろ、このままでいい。さぁて、そう思うと勉強しなくちゃだな。……おい、なんだよ、国際連合って、国際連盟と何が違うんだよ。やっぱ俺には無理だ。俺も旅立とうと思います。あっ誰かギネス宜しく。では…5…4・・3・2・zzz…

後書き

未設定


作者 みず
投稿日:2011/04/29 16:11:55
更新日:2011/05/01 17:48:45
『少年の心境(5時間目)』の著作権は、すべて作者 みず様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:305
「少年の心境(5時間目)」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS