小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:318

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1721文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「本当に正しいこと」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(167)・読中(4)・読止(0)・一般PV数(657)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

本当に正しいこと

作品紹介







 何が正しい、何がおかしいか。



 それは普通親から教わりますよね?



 でも、中にはいるんですよ。



 教わっても、それでも間違いを起こすもの。



 そういった者を相手する場合、諦めるのが一番簡単です。



 でも、この者は、諦めませんでした。



 








 うるさい。



 うるさいって!



 影でうるせえな!



 いい加減黙れよ!



 俺は無視して進む。



 だって、俺は間違ってないんだから。







 青空の下、蒸し暑い殺人光線が俺たちに降り注ぐ。



 何でこんなクソ熱い日に屋上で昼飯食うんだ。



 死ね、と隣の馬鹿に悪態をつく。



 すぐさま蹴りが帰ってきた。



 しかも怪我した場所を的確に。



 半端ない痛みにしばらくもだえ、フェンスに寄り掛かるように座った。



 しばらく、下らない話をして。



 昨日の事件を話した。



 「へえ。お前、そんな面倒なこと起こしたのか?」



 「……だったらどうした?」



 「いや、馬鹿だなお前」



 「殺すぞ?」



 「やってみろよモヤシ。お前じゃ俺に勝てる道理はねえ」



 「チッ」



 俺たちは、俗に言う不良だ。



 それを隠すつもりもねえし、否定することもしねえ。



 だけど、今回はさすがにムカついた。



 不良の喧嘩は日常茶飯事だ。



 今回はちょと違ったが。



 あの野郎を、俺が庇って喧嘩になった。



 あの野郎ってのは、野郎じゃなくて女だ。



 知り合い……っつかクラスメートである。



 昨日。偶然、あの女に関わったばっかりに。



 俺は不幸な目にあった。



 でも、まあ後悔はねえ。



 むしろすっきりした。



 おかげで怪我とかしたけど。



 あっちもしばらくは大人しくしてんだろ。



 あいつはいじめられてる。



 理由は知らん。目の前でパンを貪る奴いわく「媚びている」から、らしい。



 媚びてるって言われればそんな気もする。



 何か、誰にもへこへこしている。



 気弱、って奴である。



 見ててイラつくし、とろくさいし、最悪だ。



 でも、いい奴。



 いじめてる馬鹿共にはぜってえ理解できねえ。



 あいつらは馬鹿だ。生粋の馬鹿だ。



 あいつは、影口とか絶対に言わない。



 本人は、言われる痛みを知ってるから。



 だから、どんなに酷いことをされても、我慢する。



 んな馬鹿共にあいつの痛みとかそういうの。



 何で理解しねえかな?



 人の悪口は言うな。



 子供から習っていくことだ。



「それで? ナイト様はお姫様を救出したんだろ?」



「殺すぞてめえ?」



 相方はにたにた笑う。



「…マジで殺してえお前」



「いいじゃんいいじゃん。折角の待ち合わせですよ?」



「ハァ!?」



 相方の台詞に俺は愕然とした。



 何いってんだこいつ!?



「ほら、さっきからそこで隠れてるぞ? おーい、出てこい」



 相棒が招きだすその先。



 あいつが出てきた。何でいるんだ!?



 オドオドしたあいつが怯えた顔で 俺を顔色を窺う。



「あの…昨日は」



「謝ったら怒るぞ?」



「え?」



 先に彼女の台詞を潰した。



 弾幕よろしく続ける。



「てめえを庇ったのは俺の意思だ。何で謝罪されんだ? 俺の行動を否定すんな。俺はてめえの代わりにあいつらをぶちのめしただけだ」



「……」



 あいつはしばらく呆けていた。



 殺人光線に打たれているのに何で熱くなってるんだ俺?



 馬鹿らしくなって牛乳パックに口をつけた。



 相棒がまたにたにたしてやがる。



「……昨日は、ありがとう」



「おぅ」



 あいつの謝罪ではなく、お礼を俺は短く返した。



「おうぉぅナイト様。かっこいいね」



「死ね」



「うるせえ」



 ゲシッと蹴られた。いてえな。



「お姫様も一緒に飯食おうぜ!」



 相棒の不良らしからぬ爽やかな笑顔が眩しいがウザい。



「へ? わたし?」



「何そのあだ名」



 と、何だか微妙な空気のまま、飯を食い続ける俺たちだった。







後書き

未設定


作者 Free Space
投稿日:2011/05/01 13:09:06
更新日:2011/05/01 13:09:06
『本当に正しいこと』の著作権は、すべて作者 Free Space様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:318
「本当に正しいこと」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS