小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:335

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約4762文字 読了時間約3分 原稿用紙約6枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「アキラ」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(241)・読中(1)・読止(2)・一般PV数(683)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

アキラ

作品紹介

失恋、雨、自殺、妄想、異常者。







勢いです。短いです。


 しきりに窓を伝う雨の雫を、ぼんやりと膝を抱えて眺める。

 街はほとんど日が落ちて、厚い雨雲もあってか、灰色に薄暗い。不吉な色だった。

 照明を落としたわたしの部屋の壁には、今はもういないアキラの肖像画が掛かっている。わたしが彼を座らせて描いたものだった。アキラは照れ臭そうに笑っていた。

 そう、アキラはもういない。

 彼は死んでしまった。

 あの娘を守る為に……。

 

 どうして?

 どうして、死ぬ必要があったの?

 わたしは幼いころから、アキラを知っている。

 彼は優しかった。

 心の底から誰かの為を思える、優しい人だった。

 笑顔が眩しくて、昔から背が高くて、かっこよくて。

 誰よりも優しい男の子だった。

 だから、死んでしまったの?

 優しいから?

 アキラみたいな優しい男の子が、簡単に死んでいいの?

 彼が死ぬなんて……。



 わたしは窓辺から立ち、落ち着かず、今度はベッドの上に腰を下ろす。

 雨の音が部屋の中に木霊している。

 強くなったり、弱くなったり。

 ざぁざぁと、ぱらぱらと。

 膝の上に両手を置き、しばらく俯いていると、もう枯れたと思っていた涙が滲んだ。

 それが、雨樋を伝う雫のように目頭に流れて、わたしの手の甲に降る。



「俺はあいつを守りたいんだ」



 そう言って、アキラはあっけなく死んでしまった。

 わたしの本当の気持ちになんか気付かないまま。

 もう永遠に会えない。

 もう永遠に伝わらない。

 あぁ……、どうして……。

 幼い時からずっと傍にいたのに。

 どうして、わたしは言えなかったのだろう?

 否、言えないに決まっている。

 アキラはずっと前から、あの娘のことが好きだったから。

 わたしも、いつからかそれに気付いて。

 後ろ手を組んで佇みながら、爪先で地面を蹴って。

 ちょっと恨めしく思いながら、見て見ぬふりしてたんだもんね。

 当然かな。

 あの娘はわたしと違って素直だから。

 わたしもあの娘、羨ましいって思うわ。



 でも。

 でも、死んじゃうなんて、誰が予想できたの?

 こんなのって……、あんまりじゃない!



 少し寒かったので、シーツを引っ張って頭から被った。

 絶え間ない雨音に耳を傾けながら、わたしは昔を回想する。

 時々、どこかで車のクラクション。

 そう、わたしがここでこうしていたって、世界は当たり前に進行している。

 死んだアキラを残したまま。



 昔、アキラをこの部屋に招いたことがある。

 まだ本当に、わたし達が子供だった時。

 アキラは物珍しそうに部屋の中を見回していた。

「女の子の部屋って、俺、初めて入ったよ」

 彼は屈託の無い笑顔を向けて言った。

 そう、ちょっぴりだけ、あの娘からアキラを独占できた気がして、わたしは意地悪な優越感に浸っていた。

 誰かに見せつけたいと思って、近所に住むユーコも呼んだ。

 ユーコはすぐにやって来て、二階にあるわたしの部屋まで上がると、驚いたように立ち尽くした。

「今日はね、アキラ君が来てるの」

 わたしは得意げに紹介した。

「こんにちわ」

 アキラも人懐っこい笑みを浮かべて、ユーコに挨拶した。

 ユーコは絶句したまま、少しだけ頬を引き攣らせ、肩を竦めた。

 あの頃が懐かしいな……。



 わたしは目許の涙を拭う。

 せめて、気付いてほしかった。

 こんなに好きだったっていうこと……。

 今も忘れられないんだよ?

 そりゃあ……、あの娘だって、わたしから見ても、すごい良い娘だと思うわ。

 でも、わたしはずっとあなたの傍にいたのよ。

 一緒に笑い合ったり。

 泣いたり。

 時々、喧嘩したかもしれないけど。

 あの日々が。

 なんでもない友達同士としての日々すらが、今ではとっても眩しいの。



 胸が苦しい。

 堪らない。

 誰か、助けて。

「アキラ……」

 わたしの口から、彼の名前が滑り出す。

 息苦しさに似た窒息感。

 愛する対象が消えてしまった者に残された道は何だろう?

 この苦しさを引き摺って生きることだろうか?

 きっと、そうなのだろう。

 わたしは声を上げて、泣いていた。

 子供のように。

 独り。

 暗い部屋で。

 あの娘も、わたしと同じ気持ちなんだろう。

 いえ、きっと、わたしよりも辛いに決まってる。

 それでも、あの娘は前を向いて生き続けるだろう。

 だって、アキラが救ってくれた命だもの。

 アキラにとってのヒロインは、あの娘だけだもんね。



 アキラが死んだ時。

 わたしやあの娘だけじゃない、皆、哀しんでた。

 ユーコだって、寂しそうにしていた。

 皆、彼のことが好きだったのだ。

 それが、今ではわかる。

 わたし、馬鹿みたい……。

 でも、今も抱き続けている想いに嘘はない。

 今でも、わたしはアキラを愛している。

 胸が張り裂けそうなくらい、苦しんで、彼を愛している。



 愛する人がいなくなった者に残された道は……。

 たぶん、あの娘のように生きることなんだよね。

 でも……。

 もう、疲れちゃった。

 わたし、あなたのいない世界になんて、興味無いわ。

 だから……。

 あなたは怒るかもしれないけど。

 こんなわたしを、許して。

 もう無理だよ。

 あなたを忘れて生きることのほうが、よっぽど辛いんだから。



 だから、わたしはテーブルに置かれた大量の錠剤を飲んだ。

 睡眠薬だった。

 致死量は飲んだはず。

 死ぬってどんな気持ちなんだろう?

 わたしは、ぼんやりと、シーツを被ったまま目を閉じる。

 いつの間にか体はベッドに倒れていた。

 気が遠くなっていく。

 独りで。

 涙を残したまま。

 暗い部屋の中。

 雨音が続いている。

 死ぬ時って……、やっぱり怖いのかな?

 でも……、きっと向こうにはアキラがいる。

 だから、たぶん、怖くはない。



 ただ、少し、寂しいだけ。

 何か、大事な事を忘れていた気もするんだけど……。

  

 あぁ、眠い。

 泣き疲れちゃった。

 もう、誰もわたしを起こさないんだろう。

 いいけどさ。

 早く……。

 会いたいなぁ……。

 あなたに……。

 そう、そしたら。

 今度こそ、あなたに……。

 伝え……。



 ――――。











 優子は高校からの帰りに警察から事情聴取を受けていた。

 冷たい雨の降る日の事で、もう辺りはすっかり闇に包まれていた。その暗闇に沈んだ住宅街を街灯とパトカーの回転するランプが照らしている。

 幼馴染の夏美が自殺を図った。未遂に終わったものの、搬送された病院ではまだ目を覚まさないらしい。

「何か動機に心当たりはありませんか?」 刑事が手帳を片手に尋ねる。

「さぁ……」 優子は首を傾げて答える。 「最近、全く会ってなかったし……」

 夏美は去年から自室に引き籠ったきり、外を出歩かなくなってしまったのだった。彼女の両親が手を尽くしたものの、外界との接触を拒み、とうとう学校も留年する羽目になってしまったのだ。会えるはずがない。

 彼女が引き籠っていたという情報は刑事達も認識していたようで、その引き籠りの理由を気にしているようだった。事実、夏美の周囲の人間、彼女の両親すらも引き籠った理由を知らなかったのだった。

「でも、学校でいじめられていたわけでもないんでしょう?」 刑事はくどい口調で訊いた。

 優子は頷きながらも、表情を少しだけ崩した。

「それはそうなんですが……、ただ、あいつね、なんというか……、思い込みの激しい娘で」 優子は言葉を選びながら話す。

「というと?」 刑事が片眉を吊り上げる。

「その、去年ですね、アキラが死んだんです」

「アキラ?」 刑事はますます解せない顔だ。そして、少し目線を宙に漂わせ、「あぁ、そうか、あのアキラですか」と得心がいったように頷いた。

 きっと、同じような奴がいるんだな、と優子は察した。

「それからですね、あいつが引き籠り始めたのは……」 優子は苦笑いを浮かべて言った。





 事情聴取は結局、十分ほどで終わった。

 夏美の家の近所に住むあたしは、すぐに自室に帰ることができた。

 部活用のスポーツバッグを適当に放り投げ、ベッドに寝転んで一息つく。



 そうか……、あいつ、とうとう自殺にまで……。



 幼馴染で、なおかつ同じ高校に通っているものの、夏美が引き籠って以来、あたし達はまったく出会わなかった。

 一年半くらいか?

 もっと経つか……、アキラが死んでからだもんなぁ。

 夏美は、アキラのことが大好きだった。

 叶うはずがないのに、恋心まで抱いていた。

 そりゃ、あたしもまぁ、嫌いではなかったけどさ……。

 でも、それは一線を越えていないレベルでの話だ。

 立ち上がって、自室の窓から外を眺める。

 まだ現場に傘を持った野次達が残っているのが見えた。

 おじさんとおばさんはきっと大変だろう。



 あたしはふと思い立って、本棚に並ぶ単行本の一冊を手に取る。

 ページを開くと、アキラの顔が現れる。

 彼はこの漫画のサブキャラクターで、ストーリーの途中で死んだものの、根強い人気を未だに誇る青年だった。

 ヒロインを守る為に、彼は死んだのである。

 なんだか可笑しくなって、あたしは独り笑いを噛み締めていた。



 夏美。

 アキラなんて、存在しないんだよ。

 全部、あんたの妄想なんだから……。

 馬鹿なくらい好きだったもんね、この漫画。

 あたし達が子供の時から連載してる漫画でさ。

 アキラが出る度、二人でキャーキャー言ってたっけ。

 でも、あんたはちょっと異常だった。

 自分で描いた肖像画なんか飾っちゃってさ。

 一番びっくりしたのは、そう……、

 中学一年の頃のアレかな。

 電話で呼ばれて、あんたんちに行ったらさ。

 あんた、独りで喋ってんの。

 そんで部屋に入ったあたしに気付いて。

「今日はね、アキラ君がきてるの」

 だって。

 戦慄したね、あれは。

 あんたの笑顔、怖かったよ。

 それがあってから、なんか、あんたのこと苦手になってたんだよね。

 もう、昔の話だけどさ。

 あんたが熱狂的なファンだったのは認めるよ。



 でもね。

 こんなの、架空の話なんだよ?

 馬鹿みたい。

 どうかしてる。

 本当は、なんでもないことだったんだよ? これは。

 なんで、哀しむだけで満足できなかったの?

 なんで、作り物だと受け止めることができなかったの?

 ははっ。

 そりゃ、あたしだって、アキラのことは好きだったけどさ。

 だけど、漫画のキャラクターだもん、これは。

 あんたとは違うよ。

 でも……。

 気持ちはわかるかも。

 そう……、せっかく、忘れていたのに――。

 彼の死を。

 彼の笑顔を。

 彼の名前を。

 本当に、馬鹿みたい。





 気付くと、あたしは泣いていた。

 目頭から滴り落ちたその熱い透明の液体が、ページの中で微笑む彼の笑顔の上に落ち、染み、広がり、彼は人間と成り、あたしの肩に死神が降りる。

後書き

未設定


作者 まっしぶ
投稿日:2011/05/27 01:26:25
更新日:2011/05/27 01:29:53
『アキラ』の著作権は、すべて作者 まっしぶ様に属します。
HP『カクヨム

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:335
「アキラ」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS