小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:348

こちらの作品は、「批評希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1557文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「命を貰う仕事」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(156)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(680)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


こちらの作品には、暴力的・グロテスクな表現・内容が含まれています。15歳以下の方、また苦手な方はお戻り下さい。

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 批評希望 / 初級者 / R-15 /

命を貰う仕事

作品紹介







たまにはシリアスを書きたいと思ったんでちょいと短編なんぞを。ギャグはまったく入れていないつもりっす。楽しんでもらったなら、良かったす。








「…俺、この仕事やめるわ」



 俺はそういった。もう、我慢の限界であった。いい加減、硝煙と血生臭いのは冗談じゃない。所詮、俺は生きるために人を殺してきたんだ。まだ、殺せって言うんなら、そいつを殺して俺は帰るんだ、世俗に。



「ふぅん、逃げるんだ?」



 俺の目の前でデスクにどっかり座る偉そうな女が俺に告げた。タバコを吹かし、白衣と眼鏡と科学者のような見た目に反して、こいつも同僚だ。



「お前さ、何人殺した?」



「125名。それ以上かもしれねえけど、正直殺しすぎて分からない」



50畳ほどの馬鹿広い部屋の中、デスクと熱帯魚の水槽だけしかない殺風景過ぎる部屋。



「そんだけ殺して、今更逃げる? 馬鹿言ってんじゃないよ。あんたの手はもう返り血で真っ赤に染まってんのさ。自覚あるだろ?」



「ああ、返り血で真っ赤さ。だからどうした? 俺は俺の意思でやめるって言ってんだ。仮に邪魔するってんならかかって来いよ。1秒後にはてめえは物言わぬ単なる残骸だぜ」



 俺は腰に挿しているホルスターから銃を引き抜く。DesertEAGLE。通称DE。俺の長年の相棒にして、大量の人間の返り血を浴びて、黒い銃身が錆色に変色している拳銃。口径50を誇る最強の拳銃。



「はっ。亡骸になるんはあんただよ『砂鷹』」



「てめえ!」



 瞬間的に頭に血が上る。『砂鷹』は俺の二つ名。そして禁句だ。問答無用に銃を頭に向かってぶっ放す。それだけだ。同僚は死んだ。銃弾に頭をぶち抜かれ、脳漿を汚物のように撒き散らせながら。頭が爆ぜて死んだ。



「…ちっ」



 至近距離でぶっ放したせいか、返り血が俺の顔にこびり付いた。血生臭い

。何でこんな血生臭いもん最後に人にこびりつかせるかな。ほんと、最低な野郎だ。俺も、殺されたあいつも。



 銃声で気付いたのか、他の連中が集まってきた。そして、返り血を浴びた俺、頭の爆ぜたあいつの死体を見て一同凍りつく。我に帰った一部が一斉に俺に銃口を向ける。



「な、何をしているのですか『砂鷹』!」



「死ね」



 俺をそう呼んだ奴の頭に向かってぶっ放す。直撃。爆ぜて死んだ。

他の連中が、恐怖で竦んでいるのが分かった。俺はそんなに怖いか? 怖いだろうな。自由を手に入れるためなら、何でも、殺す。何でも壊す。そう決めたんだよ!



「死にたい奴は前に出な。俺はもう反逆者だ。俺を殺せば出世は夢じゃないぜ? 何たって俺は最強最低の殺人鬼なんだからな!」



 高笑いしながら適当に目に入る奴を射殺していく。悪いな相棒、最後にこんな汚い仕事させちまって。とこいつに謝罪しながら、撃ち続ける。弾切れを起こす前に、死体から銃を奪い、その銃で次々と。壊れたように馬鹿笑いをしながら死体の山を築いて行く。



 あれだけ硝煙と血の匂いがいやだったのに。何でだろうな、今の俺は最高に楽しい。悲鳴を上げて死んでいく嘗ての仲間達、俺に銃口を向けることを躊躇う嘗ての相棒たち。俺は分け隔てなく片っ端から殺していく。だって楽しいんだ。裏切ったのが。反逆したのが。元々命を貰う仕事とは言え、ここまで狂った奴はいない。………ああ、いたな。今の俺だ。



「あっはっはははははははははははは!!!!!!!!!! 俺が可笑しいんだよな! 狂ったのは俺だ! さあ殺せよ! 殺し尽くせよ俺! 根絶やしにしちまえ! こんな最低な奴等、皆殺しだぁぁぁっはっはっはっはっは!!!!」













 後に歴史にはこう語れる。一人の男が、大量殺人で指名手配され、その男はその国を、たった一つの拳銃で滅ぼした、と。男の名は、『砂鷹』と呼ばれていた。

後書き

未設定


作者 ゾンビの方程式
投稿日:2011/06/10 16:06:10
更新日:2011/06/10 16:06:10
『命を貰う仕事』の著作権は、すべて作者 ゾンビの方程式様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:348
「命を貰う仕事」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS