小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:407

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約4014文字 読了時間約3分 原稿用紙約6枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「Sunday Morning」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(192)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(634)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

Sunday Morning

作品紹介

独白、夢、曖昧、記憶、混乱、ある日の早朝。 原曲・The Velvet Underground




 夢を見た。



 故郷の海沿いに建てた小屋が舞台の夢だった。



 灯台が近くにあって、その光の指す方向を僕は小屋の窓から見つめていた。



 明け方の空を横切る金色の光。



 小屋は、昔、僕が育った家。



 随分、昔、僕が捨てた僕の家。



 潮騒の中に、ウミネコの鳴き声がどこからか混じって。



 潮の香りはバラック小屋の壁にまで染み入っている。



 僕は穏やかな海に向いたまま、ずっと光を眺めて。



 そして、気づいた。



 海の向こうからやってくるもの。



 それは……。





 僕が捨ててきたモノたち。



 波となって、それが、押し寄せてくる。





 ◇





 目が覚めた。



 寝室の天井。光がなくて、暗い。



 窓の外もまだ薄暗くて。



 日曜日の朝だ。



 僕は、テーブルの上の煙草を取り、マッチで火をつける。



 他人の気配がして、隣を見ると、女が半裸で眠っていた。



 僕に寄り添うようにして、日向の下で眠る猫のような姿勢だ。



 誰だろう。



 よく覚えていない。



 煙を吸い込む。



 喉がヒリヒリした。



 ぐらっとする。こんなに度数が強かったか、と思った。



 煙草が短くなる頃、外は少しだけ明るくなっていた。



 庭の植物が活力を取り戻そうとしている。



 今は何時だろう。



 女が寝返りを打って、僕に背を向ける。



 僕は灰皿に煙草を押し付け、女の肩にそっと手を添えた。



「ん……」



 女が目を薄く開けて、顔をこすった。



 なかなか美人だ。



「おはよう」



 僕は囁くように言う。



「まだ暗いじゃない」 女は掠れた声で言った。 「日曜日まで早起き、できないよ」



 彼女はそう言い捨てて、また枕の上に頭を寝かせる。



 僕は、彼女の長い髪を手でそっと掻く。さらさらとしていた。



 部屋を見渡す。



 テーブルの上に写真があった。



 隣で眠る彼女が、見知らぬ男と共にフレームの中で笑っていた。



 男は、誰だろう。



 若い。青年か。彼女と同い年ほど。



 肉親だろうか。



 否、似てはいない。昔の恋人だろう。



 笑ってはいるが、陰気な感じがして、僕はちょっと苦手だ。



 きっと相性が合わないタイプに違いない。



 しかし。



「……あれ?」



 違和感。



 写真を取る。男を見た。



 そして、窓ガラスに映った僕の顔を見る。



 同じ顔。



 あぁ、この男は、僕か。



 ということは。



 思わず息を漏らして、可笑しさを堪える。



 段々と思い出す。



 隣で眠る彼女は、僕の最愛の人だ。



 僕は薬指を見る。



 指輪。綺麗な指輪だ。婚約の証。



 僕が、買ったものだ。忘れていた。



 なぜ、記憶が薄らいでる?



 それも思い出した。



 僕は、医者に、生まれつき記憶障害なのだと伝えられたことがある。



 正確には、記憶することはできるが、それを引き出すことができないということだ。



 そう宣告されたのはいつだったか。



 一年前?



 十年前?



 もしかしたら半世紀前かもしれないし、昨日のことだったようにも思える。



 そうだ。



 僕は、いつも混乱している。



 煙草を取り、火をつけた。



 喉がヒリヒリした。なぜ僕はこんなものを吸っているのだろう。



 考える。



 やがて、どうでもよくなる。



 それより、夢を見た気がする。



 どんな夢だったか、思い出せない。



 なんとか思い出そうとする。技術不足だ。思い出せない。



 煙草の煙みたいに消え去ってしまった。



 何かが迫ってくる、ありがちな悪夢だった気がする。



 聞き覚えのある音がしていた気もする。



 “聞き覚え”?



 変だな、と僕は独りで笑う。



 聞き覚えたものがあったのか、僕に。



 そして、もう一度脳内を探る。



 寄せて、返す音。



 ざらつくような静かな音。



 その中に響いた甲高い声。



 海?



 そうだ、と思い出す。



 僕は過去の景色を夢で見たのだ。



 僕が育った、海沿いの小さなバラック小屋。



 ひどいところだった。



 海も嫌いだった。



 親は、ひどい人間だった気がする。



 思い出せないが……。



 今、どこにいるのだろう。



 今も、あの海沿いの小屋なんかにしがみついて生きているのだろうか。



 僕は腕を見る。



 アザが、そこには残っている。



 消えないまま、すっかり僕の身体の一部になってしまった。



 これは、僕の記憶ではなく誰かに教えられてわかったことだが、親につけられたアザらしい。



 もちろん、こんなアザをつけられた覚えなど、僕にはない。きっと頭の引出しの奥で眠っているのだろう。



 ひどいことするわ、って誰かが言っていた気がする。



 僕はそう思わない。



 むしろ、素敵な模様だと思う。



 黒くて、ほんの少しだけ狂気の薄桃色を帯びた、僕にぴったりの模様。



「タトゥーよりかは、マシじゃないかな」



 僕は誰かに向かって微笑んでそう言ったはず。



 僕は隣の女を見る。



 彼女の細い腕にある蝶の刺青。



 あぁ、そうか、君だった。



 思考を夢の情景に戻す。



 小屋の窓から、水平線を見つめていたはずだった。



 灯台の光が指し示していた場所。



 あの灯台だけは好きだった。



 あの景色の中に限って、という意味だが。



 故郷は、嫌なものだらけだった。



 夢の中で、高波が襲ってきたはずだった。



 それに呑み込まれる寸前も、僕は声一つ上げず、ただ怪物のような津波を見つめていた気がする。





 でも。





 何かが、波の中にいたのだ。



 壁のように迫った水中に、何かがあったのだ。



 なんだったのだろう。



 思い出せない。



 ただ、懐かしい気はした。



 僕が捨ててきたモノ。



 生きるというのは、何かを捨てて、拾っていくことだ。



 僕は捨ててきたものだらけ。



 そして、拾うにも、僕のポケットには穴が開いているのだ。



 ぼろぼろと砂みたいに零れていく。



 今、そのポケットには、人形が入っている。



 人形の顔は、さっき写真で見た陰鬱そうな男の顔。



 その人形はポケットの穴から落ちるギリギリのところで、足を糸に引っ掛けてなんとかぶら下がっている。



 しかし、今にも落ちそうだ。



 不安げに、でも人形なので無表情に、ぐらぐらと揺れている。



 滑稽。



 僕は、ささやかな妄想に笑った。



 女のほうに振り返る。



 寝息。



 柔らかくて、華奢な身体。



 君は、僕のポケットの中にいない。



 今、現在、僕がこの手に持っているだけだ。



 現にさっきまで、君が誰なのかも忘れていた。



 とても可笑しいことだ。



 なのに、女のほうを見て笑うことはできなかった。





 人間……。





 そうだ、人間だった。



 寝室の壁に夢の景色を映し出す。



 迫ってくる高波の中に、誰かがいたのだ。



 僕が捨てたもの。否、捨てた人。





 はっと息をのむ。





 思い出した。



 波のカーテンの中にあった顔。



 醜くて、歪みに歪んで、とても汚い黒っぽい面。



 それが二人。



 思い出した。



 波の中にいたのは、父と母だった。





 捨てたのだ。



 僕は、あの二人を殺した。





 押しつけられた煙草の火。



 容赦なく叩きつけられる拳。



 鈍い痛みと鉄の味。



 僕は涙を枯らし、声すら失って。



 誰かに渡された拳銃を手に。



 銃口は醜い大人二人の心臓に向けて。



 重い引金。体を揺さぶる反動。焦げたような匂い。



 それが二回。



 僕は、傷だらけの体のまま、モノと化した親二人を海に流した。



 捨てた。



 ずっと遠くまで流れていったのを見届けた。



 波の間に漂う小さな点。



 カモメがその点の上で群がっているのを見て、震えた。



 波の中に立っていたのは、あの二人だった。



 煙草を吸う。



 僕は、殺人の代償に記憶を差し出した。



 でも捨てたものが少しだけ残っていた。



 それが、押し寄せてきたのだ。捨てたものだって、僕の一部だったのだから。





 日曜日の朝の光景に戻ってきた。



 窓の外が白んできている。



 僕は、女に振りかえった。



 まだ眠っている。



 そちらを少しの間、眺めていた。



 やがて、ふっと笑った。



 僕は、彼女になんと言ってプロポーズしたのだろう。



 煙草が短くなっていた。



 僕は灰皿を取って、それを押しつぶす。





 その時、気づいた。



 誰かの吸殻が、灰皿に二つ残っている。



 いったい、誰のだろう。



 僕はその吸殻をつまむ。



 冷え込んだ日曜の朝とは裏腹に、それはまだ少し温かかった。



後書き

未設定


作者 まっしぶ
投稿日:2011/09/25 00:50:57
更新日:2011/09/25 00:52:39
『Sunday Morning』の著作権は、すべて作者 まっしぶ様に属します。
HP『カクヨム

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:407
「Sunday Morning」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS