小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:457

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約493文字 読了時間約1分 原稿用紙約1枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「未来予想」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(176)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(651)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

未来予想

作品紹介

はじめまして!
ほるんだす!
この小説は、僕が狙う未来を、
未来の予想を的中させる少女、七小に
教えてもらう、話です!
ついでに本当にあった、話では、ないです!


こんばんは、僕ほるんです。
中学1年で面白楽しく遊んでいる中学生なのである!
「はぁ?、未来って、予想を的中させれたらなぁ」
そこで、友達の七小が
「私なら、的中できるよ」
と言い出し、
「嘘でしょ!冗談は、やめて!」
と、僕が言うと
「嘘じゃないよ、本当だよ!」
と、七小が、信じるのを求め、僕は、仕方なく
「ふーん、じゃあ、的中させてよ!」
と、僕は、的中を要求した。
「わかった、ほるんの1年後は、部活ではりきっていて、女子から人気がでる」
と、言われ、僕は、不安そうに
「本当にあたるのか?」
と、ずっと思っていた、なのに
ー1年後ー
「はっせ!はっせ!」
やっぱり、はりきっていた
そして、女子には
「きゃぁぁ、ほるんくーんかわいすぎ?」
・・・
なぜか、新入生のやつらにも
「きゃあぁ?ほるん先輩?」
逆に嫌になった、だけど、七小が
「筱長七小さんは、今日でお別れです」
先生がそう言うと、僕は、
「嘘…だよね…」
僕は、泣きそうになった
「ほるんくん、仕方がないのよ、お家の都合なんだから」
先生がそう言われると、僕だって仕方がなく思ってしまう。
なら、いっそ、僕だって!

後書き

未設定


作者 ほるん
投稿日:2012/06/06 20:31:27
更新日:2012/06/06 20:31:27
『未来予想』の著作権は、すべて作者 未設定様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:457
「未来予想」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS