小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:475

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約746文字 読了時間約1分 原稿用紙約1枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「武士と女将」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(217)・読中(1)・読止(4)・一般PV数(748)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

武士と女将

作品紹介

重三郎は料亭で久方ぶりの飯を食う。
料亭の女将を見れば、太夫かと見間違える。女将は女将なりに重三郎に答えた。――その回答とは一体?
高校生の頃に書いた作品です。
現在と書き方は少々違います。
江戸時代の雰囲気を少しでも磨こう。そう思い、執筆した作品です。


「頂戴する」
 重三郎は合掌して箸に手を付けた。箸を持ち替え、脂が香ばしい秋刀魚を前に震えた。女将は様子を見て、「お上がりよ」と満足そうに微笑む。彼は頷き、豊満に肉汁がこぼれ落ちてくる白身を掬って顔一杯に頬張る。
「うまい」
 咀嚼して有無を言わせず嚥下する。重三郎は女将を忘れて貪りついた。無理もない。彼は数日何も食べてはいないはずだ。それが脂身がたんと載った秋刀魚があれば、食せずにはいられないのだろう。
 女将はそれを大層気に入ったらしく、
「お前さんよく食べるねぇ。惚れそうだよ」
 半分呆れ、半分得心があるような顔を見せた。頬にはほんのりと朱がさし、染みとおるような紅色の唇を歪めている。重三郎は一息ついてから、ようやく女将が美しく見えた。年は見る限り三十路の女盛りで、色は白く均質に並んでいる歯が魅力である。恐らく、宿場町で一番の女盛りだろう。この様な女が、女将を抱えていることに疑問を感じる。
 ――太夫では無いか。
 そう食事中に何度も訊ねたことがある。しかし体よくいなされ、
『上手いねぇ、お客さん。あたしは生まれてから女将さ』
 逆に重三郎は違いないと思った。女将の家は孫の代まで女将である。武士の家は末代まで武士のように。彼は無造作に骨を噛み砕き、膝立で身を起こした。刀を手元に引き寄せ、机に銀一丁を置く。
「女将、勘定はここに置く」
「お前さん、もう行くのかい? それにお金多いよ」
 重三郎は暖簾に手をかけ、不敵に微笑む。
「良いのさ。介錯してくれた礼だ。取っておけ。……女将、馳走になった」
「素直じゃないねぇ。……またおいで、重三郎様」 
 重三郎は顔を綻ばせた女将に送られ、料亭を出た。
 その後、彼の行方は露にしれない。

後書き

未設定


作者 櫻井樹翠
投稿日:2012/09/04 09:20:34
更新日:2012/09/04 09:20:34
『武士と女将』の著作権は、すべて作者 櫻井樹翠様に属します。
HP『Pixivページ

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:475
「武士と女将」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS