小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:489

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1785文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ふらり」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(238)・読中(3)・読止(1)・一般PV数(788)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

バール 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

ふらり

作品紹介

勢いの産物


気がついたら、ここにいた。
 振り返ると、イチョウ並木の向こう側に、いつもの黒い影を見つけたので、よしとする。
 私は、ふらふらと歩き始めた。
 どこまでも続く、イチョウ並木。後ろに終わりは見えたけれど、前に入り口は見えない。私が進んでいるのか、それとも戻っているのかを知っているのは黒い影だけだろう。
 声をかけてみようと思ったが、やめた。
 影の声を聞いたことはない。
 近づくと、離れていってしまうから。
 それに、臆病者の私に、知らない人に話しかけるなんてことはできない。思わずため息が出てしまうほど、私は内気で、引きこもりだから。
 考えながら、イチョウの葉を踏みしめた。銀杏をつける木はないらしく、特有のにおいもない。
 ただただ、黄色い景色が広がっている。
 私は、立ち止まって空を見上げた。
 木の合間から、曇った空がちらほらと見えている。
 今すぐにでも雪が降ってきそうな空だ。そのくせ、私の周りはほんわかと暖かい。
 道に目を戻した。
 決められた道が、行儀よくまっすぐに続いている。
 私は、引きこもりではあるものの、型にはまるのは嫌いな人種である。
 白くてもふもふした羊の集団の中にいたのなら、自ら泥沼に飛び込んで、まだら模様になろう。もしも道がどこまでも続くなら、私はこの道を外れよう。
 足を、木と木の間に向けた。
 向こうには、何があるだろう。
 そのときだ。
「……は」
 声が、聞こえた気がした。
 向こう側には、人がいた。
「誰?」
 こちらの質問には答えず、人、いや、人型の異種族が、私に問いかけた。
「あなたならわかるでしょう。この型にはまった道の続く、型にはまらぬ世界のどこに、隠し物をすればいいのか」
 私は、それを見た。
 異種族は、私の見慣れたものを持っていた。
 私は、知っている。
 隠し物を隠すには――。
 私は、走った。
 答えの場所はすぐそこだったけれど、すぐに忘れてしまいそうだったから。
「あそこ。あそこに隠したの」
 そう、私は、隠し物をあそこに隠した。
 振り返った私の視界が舞い散る薄桃色に支配されて、ゆがんで、遠くに見えた影が、どこかにいってしまった。
「――ソウ」
 名前を呼ばれて、目を開けた。
 静かにヘッドフォンをはずし、親友と向かい合う。
「カイ。西ブロックの自然公園の中だ」
「おいおい。一週間あっても探しきれないぞ、それじゃ。――正確な場所は?」
「万年桜の下」
「了解」
 宙に出したボードに、すばやく答えを書いたカイは、ボードをガラスの向こうにいる仲間にサーブした。
 それを見てから、前に目を戻した。
 そこに、彼女がいる。
 穏やかな、楽しげな顔で眠る少女。
「ユハもひどいことをしたもんだ。二十ある、超迎撃艦砲の制御装置を、それぞればらばらの場所に隠すとは」
「三十世界の使い手のユハのことだ。一つ一つ、別の世界に隠しているかとも思ったんだが」
「思い出の場所に隠していたね、彼女」
「失いたくなかったんだろう」
 自分自身が最終セキュリティとして艦砲の一部となり、意識を失っているにもかかわらず。
 黙っていると、親友が艦砲の概要図を出してきた。
 全長十キロ。反動で倍くらい下がるらしい。
「最終セキュリティを解除したら、ユハはいなくなる。その代わり、三十世界のすべてが艦砲の射程範囲内に入る」
「皮肉なもんだ。一番、平和を望んでいたのはユハだろうに。平和のために死ぬんだから」
「殉教といえばいい」
「うちは仏教なんだがな」
 その言葉に笑う親友のことは、よく知っているはずなのに、どこか、自分と違うものを感じていた。
 同じ場所にいるのに、見据えているものはまったく違う。
「最後の最後に、ユハに関われるんだからいいじゃないか。影とはいえ、ユハの頭の中に入ることができるのは、隊長とお前だけなんだから」
「……ああ」
 本当に、これでいいんだろうか。
「……本当に、平和を引き寄せるには、これしかないんだろうか」
 カイの笑いが、止まった。
「当たり前だ。そんなことを考えているだけで反逆者だ」
 真顔で、カイが答えた。実に堂々としている。
 その言葉で、自分と親友に感じているずれがわかった。
 その後カイが、先に部屋を出て行ったソウを見ることは、二度となかった。

後書き

未設定


作者 水沢はやて
投稿日:2012/10/15 22:53:24
更新日:2012/10/15 22:53:24
『ふらり』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:489
「ふらり」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS