小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:495

こちらの作品は、「批評希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1256文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「放課後議論場」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(177)・読中(1)・読止(2)・一般PV数(640)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 批評希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

放課後議論場

作品紹介

担任の先生がちょろっと言ったことからふくらませてった話です。
思いつきです。
議論内容は「愛」です。


いま世間では、”好きだよ”よりも”愛してるよ”のほうがより大きな意味をもっているように思えるの。
神山がそう言うので、俺は「そうだな」と返す。断じて適当な相槌などではなく、心から思ったためである。
「なんか、レベルアップっていうかランクアップしたのが”愛”ってかんじがする」
神山と比べて貧弱すぎる俺のボキャブラリを駆使して言葉を組み立ててみると、神山が頷いた。艶のあるロングヘアーが目の前で揺れる。
「うん、そうだよね。そうなると愛の方がよりよいみたいだよね」
神山の喋り方は、静かだけど、よく通る。二人きりの放課後の教室で、神山の声だけが響く感覚は心地いい。
まだ目が合っているので、俺は言葉のつづきを待った。神山は話すとき必ず相手の瞳を見るからだ。
予想通り神山は続けて口を開く。
「でもじゃあなんで、恋人、愛人、っていうんだろう」
神山の大きな瞳に映る自分をみながら、どうやらこれが彼女の疑問らしいな、と俺は思った。
「恋人は恋する人、愛人は愛する人でしょう?
ランクアップが愛ならさ、恋人ってきて愛人は夫や妻を指すべきじゃない?」
なるほど、確かにそうだ。しかし上手い返答は思い浮かばない。なぜなら俺の頭の回転が遅いからだ。
席に座る神山の眉が八の字に変わるが、隣の席に座る俺は見ているだけだ。
「愛ってもしかして、悪い意味なんじゃないかなぁ。
歪んだ愛とか、狂った愛とか聞くし。ドロドロしたかんじなのかも。愛が良い意味じゃない一例が、愛人で。いい意味なんかじゃないのかも」
神山の声が、不安を帯びていた。同時に俺は、なぜ神山が愛に執着するか悟る。
神山は、神山愛莉という。
名づけ親である両親を、彼女は亡くしていると、前に聞いた。
自分の名前の一部である”愛”だから、彼女はこんなに考えるのだろう。
悲しそうな彼女をみて、悲しくなった。神山が”愛”が悪いものではないかと考えることが、悲しかった。そんなはずないと、わかってほしい。
「違うよ、神山。”愛”はきっと悪い意味じゃないよ」
貧弱なボキャブラリを、回転の遅い頭を、ひねりだす。
「恋人と、愛人は、あれだよ、よみ方が違うだろ?こいびとは”びと”で、あいじんが”じん”だろ。それが悪いんだ、きっと。
”あいびと”って言おうよ。ランクアップは、あいびとなんだ。」
神山が目を丸くして俺を見つめている。自分でも変なことを言っていると思う。だがなんだっていい。今止めるな、俺。
「すきだよ、神山。愛してる。あいびとになろう」
そこまで言ってわれに返る。あれ、今すごい本音部分まで口走らなかったか?
冷や汗を感じながら神山を見ると、神山は小さく笑ってた。
「そっか。愛は、悪くないか。あいびと、あいびとか。」
あんなヘンテコ理論だっかが、どうやら、納得してくれたらしい。神山が俺を見上げる。真っ赤な俺が、神山の目の中にいる。
「うん、ありがとう」
そして気づく。笑う神山も、赤い。
「なろっか、あいびと。」
放課後の教室で、小さな議論はこうして終結した。

後書き

未設定


作者 柑子
投稿日:2012/11/08 17:15:48
更新日:2012/11/08 17:15:48
『放課後議論場』の著作権は、すべて作者 未設定様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:495
「放課後議論場」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS