小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1985
「そしてうまれる」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「そしてうまれる」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(93)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(242)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


そしてうまれる

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介

未設定


7

前の話 目次

 あなたは地面にしみをつくって、あの子の贈ったものを置き去りにしてそこにいる。今回もたくさんの施しをして、魔女らしく好奇心にしたがって研究をして、たくさんのものに愛されていたのに、誰も頼らないままでまた同じ結末をめぐる。
 すこしは違いがあったのかもしれない。あなたが弟子を取ったのはこれまでで初めてだった。あなたがなまえを得たのも、だれかのために必死になったのもはじめてだった。だけれど、結局あなたはそうやって地面のしみになっている。
 だれでもよかった。弟子でも、緑でも、黄色でも黄緑でも、なんでもよかった。あなたはすべてから求められる水(もの)であるのに、あなたがいなければこの世の誰もが存在できないのに、なんど繰り返してもあなたは変わらない。変わり切ることができない。どのような形になったとしても本質は同じ、まるであなたの媒体のように。
 あなたが落としていったしずくが、みるみるうちに集まっていく。元に戻るように、けれど全く同じにはならないで、あなたとすこしも違わないかたちを象っていく。
「可愛い子。代替わりが激しいのはあなただけよ」
 地面にぽつりと残ったものを拾う。瞼を閉じれはしずくがおちる。あなたの媒体であり、あなたが最期にながしたものとおなじそれが、頬を伝い、やがて跡形もなく消える。


   ***


 目を覚ますと、世界は赤かった。赤だけではなかった。黄色から赤に、赤から青に、青から黒、だんだんと色を変えていくそれは、空なのだとわかった。じわりと胸に熱が広がる。なんだろう、と思う前に、わたしがなぜ生まれ、これから何をするべきであるのかをすべて理解した。
「おはよう、可愛い子」
 知らない誰かの声がした。体を起こすと緑の髪をした女がわたしを見下ろしていた。赤い夕日を背負って、輪郭がほんのり染まっている彼女の顔は見えにくかった。
「私はヒスイ、緑の魔女よ。よろしくね」
 出された手は細くしなやかだった。それを握ると、すこしの力で引っ張り上げられる。立ち上がってもなお、彼女はわたしよりも高い位置にあった。握っていた手が離れて、私の顔や髪を撫でてくる。片方の手の中に握られていた、彼女の媒体で作られた首飾りがわたしの首にかけられた。じわりと温かいそれに、また体で熱が蠢いた。
 距離が近くなったために、彼女の顔がよく見えた。口の端っこをあげて、目が細くなっている。
「あなたは、夕日の反対側にある透明の街に住んでいるわ。トクサという弟子がいて、街の人間たちに媒体で施しをしながら暮らしているの」
 街の場所はわかる。遠くにある媒体が、わたしの住処を教えてくれていた。施しをするのもわかる。魔女はつねに魔力を使っている必要があるし、人間に魔術を行使することは研究にも繋がるからだ。だけれど、弟子のことは知らない。どういうものかはわかっている。ただ、弟子を取っていたのは先代の魔女で、わたしがともに暮らしているわけではない。わたしはうまれたばかりなのだ。なぜ、わたしがこれまでも一緒にいたように話すのだろう。
 その通りに尋ねると、彼女は髪を耳にかけながらいった。
「トクサはもともとわたしの弟子なの。ほかの媒体も扱えるようになって欲しくて、弟子にとってもらったのよ。引き受けてもらえないかしら」
 質問の答えにはなっていなかったけれど、わたしは頷いた。他の魔女からの依頼は受けて当然のものだ。人間たちが生活するには、他の街に住む魔女の媒体がなくてはならない。
 彼女はありがとう、と柔らかい声で言って、それから思いついたように目を見開いて、首を傾げた。
「あなたの名前はなに?」
 なまえ。呼び名のことだ。わたしの存在を表すもののことだった。わたしは口を開こうとして、とっさに喉を抑えた。なにかが詰まったような感覚がしたからだった。いまのはなんだろう。わたしの呼び名はさきほど生まれた瞬間からあって、淀みなく答えられるはずだった。そもそもわたしの街を知っている彼女だって、どう呼ぶべきかをわかっているはずだ。尋ねる必要はないだろうに、それでも彼女はわたしが声を出すのを待っている。
 手をずらすと首飾りにあたった。わたしは息を吸った。こんどはきちんと声が出た。
「とうめいのまじょ」
 それは何も間違ってはいなくて、どうしようもなく正しいはずだった。それなのに、なぜか、ちがう、と強く思った。体のどこかが、それは違うのだと訴えかけてきた。透明の魔女とは、透明の街にいる魔女という意味で、「わたし」の名前ではないのだと。そんなことばが、ふわりと頭に浮かんだ。誰に言われたのだろう。わたしは、目の前の彼女としか言葉を交わしたことがないのに。
 透明の街にいる魔女なのだからそれでいい。そのとおりだ。なのに、そう考えれば考えるほど、わたしの胸は水が沸騰するように熱くなる。その熱は喉を通り、頭に回り、そして眼球にまで降りてくる。首飾りを握る。温かい。俯いてみえたわたしの手は、夕日に染まって赤かった。似たような光景がちらつく。
 これはなに。この熱はなに。尋ねても、緑の魔女は答えをくれなかった。
「……今回は」
 今回は?
「すこし、違うのかしら」
 顔を上げると彼女はさきほどとは違った風に口元をあげ、目を細めていた。

後書き


作者:となかい
投稿日:2018/04/16 21:49
更新日:2018/04/16 21:49
『そしてうまれる』の著作権は、すべて作者 となかい様に属します。

前の話 目次

作品ID:1985
「そしてうまれる」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS