小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:225
「Devil+Angel=Reo」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「Devil+Angel=Reo」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(256)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(858)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

ふしじろ もひと 


Devil+Angel=Reo

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


最終話。そして第一部終了。

前の話 目次 次の話

 ――鋭意会長へ。

 メンバー決まりました。メンバーは以下の通りです。

 紅來璃維、鋼夜春袈、桐生媛にライナ・メロディス。そして私です。

 ……後、会長は瀬宮真希さんを知っていますか?



「うん。これでいいかな?」

 鋭意会長へのメール作成完了。送信完了。

 ……でも何処かで瀬宮真希の名前を聞いたことがある。

 どこだっけ?



「刹那。入っていいか?」

 璃維の声。そうかライナ、障子閉めたんだ。



「うん。いいよ」

「……」

「どうかした?」

「いや、その、瀬宮真希って奴の事なんだけどさ」

 沈黙する璃維を促すと話し始めた。瀬宮真希さんのこと。



「真希は、日本人と大公国人のハーフだから」

 それだけ言うと璃維は部屋を出て行く。





「フェンシュー。お願いがあるんだけど?」

「何?」

「アンタの弟に言っておいて。私、レオ争奪戦に出るから」

「え!?」

 フェンシュ・メロディスは弟であるライナ・メロディスに伝える言葉を真希から聞く。

 それはフェンシュでも驚く内容だった。



 本来、真希のような技術部員は戦闘トーナメントのレオ争奪戦には出場できないとNEV機関法で決められている。

 そして真希がレオ争奪戦に出るということは、NEV機関法に違反することと同義なのだ。



「お願い。大丈夫。NEV機関法には違反しないわ」

 意味がわからない。



「私、技術部員兼戦闘部員になったから。ねぇ? 鋭意早紀部長?」

 フェンシュが気づかない間にフェンシュの後ろに鋭意早紀が居た。





 何処かで、花火が鳴った。





後書き


作者:斎藤七南
投稿日:2010/07/08 18:03
更新日:2010/07/08 18:03
『Devil+Angel=Reo』の著作権は、すべて作者 斎藤七南様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:225
「Devil+Angel=Reo」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS