小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2377
「死闘劇」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「死闘劇」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(14)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(40)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


死闘劇

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介

主人公の平凡日常。
誘拐シーンあり


プロローグ:平凡な日々は終了しました

目次

とある日の朝。
大雨が毎日続くこの街は、今日は雲一つない晴天だった。
テレビを付けるととあるニュースが流れた
『いつも続く大雨とはおさらば!今日は晴天!お祭りもするみたいですよー!!』
お祭り。本当は8月にする予定だった、けどその時から大雨が始まって、今はもう冬。
こんな時に祭りをする人がどこにいるのか気になった。
「どうせなら、行ってみるか」
こんなことを言いながら僕はもう外に出ていた。
外は騒がしかった。朝から神輿がどんどこどんどこ騒いでいた。
朝から花火をする者もいるし、屋台の準備をしていたり。
8月開催の花火祭りは、空に幸福を呼ぶためにあるらしい。
でもみんな、道路に向かって火花を散らしてる。
道が火花に塗れる中。危ないので道路から裏路地へ移動した。
裏路地には人が全然いなかった。虫とか動物とかそんくらいしかいない…はずだった。
「…?!」
誰かに口をタオルで塞がれた。
「喋ったり暴れたら殺す。黙ってついて来い」
その指示に従うしか無かった。
何も出来ないし助けも呼べずに黒いアイマスクをつけられて車に放り込まれた。
行き先もわからない中約2時間車に乗せられていた。

後書き

ほんっと下手ですみません。
メンタル傷つけないくらいの感想お待ちしております。


作者:有栖
投稿日:2023/09/17 12:21
更新日:2023/09/17 12:21
『死闘劇』の著作権は、すべて作者 有栖様に属します。

目次

作品ID:2377
「死闘劇」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS