小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:3
「雪原の鮮血」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「雪原の鮮血」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(290)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(1107)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

a10 ワーディルト 


雪原の鮮血

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


ENDING

前の話 目次

 

 刹那、暖かい液体が頬を伝った。しかし、既に彼には首を動かす力も残っていず、それは無常に零れ落ちる。しかしまた一滴。いくらでもいくらでも流れ落ちるその液体は、彼の頬に一筋の川をつくった。

 力を振り絞った彼は身体を仰向けに回転させ、空を見上げる。泣いている。青い空が、透き通る、深い青空が涙を流している……。



「……どうして、戻ってきた……?」



 もう二度と、音を発することが無いと思われた彼の口から言葉が搾り出される。涙で目を真っ赤にはらした彼女は何も答えず、ただ、ただ、涙を流し続ける。



「逃げろと、言ったのに……」



 虚空を仰いだ彼の瞳はゆっくりと彼女を捉え、しばらく見つめ合った二人は、すべてを理解した。



 

 地面が震えている。そしてその揺れは段々と近付いてきている。彼女はおもむろに彼を抱き起こし、自分の肩に彼の腕をまわして歩き始める。

 彼はもう何も言わなかった。そして、彼の目からも涙が零れ落ちた。しかし、もう彼女は泣いていなかった。ざくざくと雪を掻き分けながら、しっかりとした足取りで彼女は歩き続けた。彼も、今やほとんど力が入らないのだが、少しでも彼女の負担を軽くしようと雪を懸命に踏みつける。

 奴らの雄叫びが聞こえた。仲間を大勢殺めた人間を、彼らは許す気はないらしい。



「……ごめんな」



 彼は天を仰ぎ見るように言った。



「ううん。私、今も怖いけど、あなたが『先に逃げろ』って言ったときの方が、もっと怖かったから」



 彼女は固い決意を示した凛とした目を残し、彼に笑顔を見せた。真っ直ぐと前だけを見据え、後ろは決して振り向かない。それは彼女の生き様そのものであり、彼が彼女に惹かれた一因でもあった。



「……。なぁ」



「ん?」



「今度また、一緒に海を見に行こう。遠く、ずっと向こうの水平線に沈む夕日を……見に行こう」



 彼らの向かう先には沈みかけた太陽。山際にまさに入り込もうとしている太陽と、周りに広がる一面の銀世界が、彼らの望む海の景色に似ていた。後ろから覆い被さろうとする波に揉まれながらも彼らは進む。安楽の地を求めながら、どこまでも、歩き続けるのだ……。

後書き


作者:遠藤 敬之
投稿日:2009/12/01 23:58
更新日:2009/12/06 20:27
『雪原の鮮血』の著作権は、すべて作者 遠藤 敬之様に属します。

前の話 目次

作品ID:3
「雪原の鮮血」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS