小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:754
「White×Black=Glay?」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「White×Black=Glay?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(16)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(102)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


White×Black=Glay?

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


White×Black=Glay? ?10.2色目?

前の話 目次 次の話

 比べるべき対象がなかったというべきか。

 それとも、比べる必要性がなかったというべきか。

 実は、まだ、悩んでいる。





「White×Black=Glay、か」

「あれ、どうしたの、たてちゃん」

「だから、たてちゃんはやめろと……はぁ。……いや、そろそろウォークマンの秘密が表にでてもいいような気がして……」

「あー。そろそろかなぁ? って? そりゃ、気になるよね。あのウォークマンだもんね」

「桐生刹那が所有していたはずのウォークマン……今は、どこにある?」

「その答えがないから、今、こんなに必死になって探してるんじゃん……NEVの獅子召喚術なんかに使われちゃ、大変だからね。アレ。悪用されたら、核兵器よりも威力あるし」

 赤と黒のツートンカラーが一番の特徴だろうか? あぁ、あとは堅苦しい口調か。

 朝龍 楯羽(あさりょう たては)と名づけられた自分は、一枚の顔写真付き資料を見て、溜息を吐く。……溜息を吐くと幸せが逃げる? はっ。そんな迷信を信じるほど、自分は純粋ぶってるつもりはない。

「朱坂ハルカ……。精神確立論を提案した天才……彼女も獅子召喚術推奨派だよな?」

「うん。ウォークマンを殺そうと考えるバカなやつ」

 そこまで言うか。思わず思ってしまう。

「あいつらは気づいているのか? White×Black=Glayの意味を」

「気づいてるわけないじゃん? だって、そのキーワードを知る子たちがすっごい近くに居るのに、それすらも気づかない……。それなのにどうやって気づけと?」

「あー……ムリだねぇ」

 ベージュ色のソファしか置かれていない、その部屋には、現在、自分と目の前に居る少女の2人しか存在しない。

 少女は、ブラウンに染めた(らしい)ショートヘアーを手でもてあそびながら、自分が見る資料を覗き込む。

「……桐生刹那が手放したウォークマン……オークションとかにかけられてなきゃ、いいんだけどね」

 少女はなんとなく声にしただけなのだろう。

 だが、自分には、なんとなく、で済むような問題には思えなかった。

「鋭意早紀に連絡……!」

「え?」

「いいから、早く、早紀に連絡しろ! ……NEVの召喚術がもし、ウォークマン抜きで実行されたとしたら……!」

 取り返しがつかないことになる。





 レオというのは、獅子。

 獅子というのは、レオ。

 天使と悪魔が意思共有して初めて、生まれる唯一の召喚獣。

 その召喚獣を再び封じ込めるには……!!



「羽夜華……。現時点で、私たちにレオを倒すことは不可能」

 鋼夜春袈は、この魔法都市に共に訪れたメンバー、桃風羽夜華に作戦を伝える。

「でも、唯一。唯一、レオに対抗できる、その作戦がある」

 その言葉に羽夜華は、春袈の方を見る。といっても、目の前にレオと思わしき怪物が存在する。チラ見程度だ。

「……羽夜華、ユニコーンって知ってる?」

「え、ええ。はい。天使同士が意思共有して、初めて生まれる召喚獣……」

 そこで、羽夜華が春袈の思考を読み取ったように息をのむ。

「まさか、ユニコーンを召喚しようと!?」

「あぁ……! じゃないと、レオを封じ込めれない……」

「む、無理です! アタシは、リーダーと同じ天使じゃないです! リーダーと意思共有しても……!」

 たしかにそうだ。羽夜華は天使じゃない。一般人だ。だが、それでも。

「このまま、レオを放っておくのか!? そんなことしたら、この魔法都市が壊滅するぞ!!」

 春袈が叫ぶ。……この怪物を放っておけば、魔法都市も、自分たちもなくなるのは分かりきっている。

 だから。

「やってみるだけ、いいだろう! それに、レオが私を攻撃している時点で、おかしいんだ!」

 天使と悪魔の意思共有。それによって召喚されるレオは、基本、そのどちらの味方にもなる。

 だが、天使である春袈に攻撃してくる。

(NEVの獅子召喚術は、まだ欠陥があるのか……!?)

 その意味すらもわからない、獅子召喚術。

 それによって、強制的に召喚されたレオは、敵も味方も関係なく、攻撃をしかける。

 狂った怪物。狂ったレオ。

 それを止められるのは、完全なるユニコーンのみ。

「ユニコーンならば、この不完全なレオも止められるかもしれない!!」

「でも、アタシは……!」

 迷う羽夜華。思わず、唇を噛む春袈。その春袈の視界の端で……。

 何かが切れた。

「羽夜華ぁ! 避けろ!!」

 いつの間にか、怪物の大砲の照準が、春袈から羽夜華に変わっている。

 充填されたエネルギーが羽夜華に襲いかかる。

 視界を覆う強烈な光。大きなクレーター。

「は、羽夜華!?」

 熱をもつエネルギーの中に突っ込む春袈。

「羽夜華! 羽夜華!」

 体をゆすり、意識を失った羽夜華を確認する。

(……あぁ)

 光の中から羽夜華を救出し、少しずつ消えていく光の向こうに怪物を捉える。

 その心中をうめるのは……単なる呆れ。

(お前は、本当に狂っているんだな……)

 絶対に、許さない。

 大事な、大事なメンバーを、羽夜華を護れなかった自分。

 羽夜華を狙った、怪物。

 でも、その怪物を潰す術は……!



 プツンッと。

 春袈の何かが、また、切れた。





「……はぁ。なんでこうも、NEVに関わることが多いのかしら、私は」

 呆れ顔の春袈……ハルカ。

「私、もう死んでんのよぉ? わかってんのかしら、この子は」

 朱坂ハルカと名乗る彼女は、春袈に宿る、意識体。

 生前は、天才と呼ばれていたハルカ。

「あらあら。私のつくった獅子召喚術、こんなに進んじゃってるのぉ? ……ま、未完成っぽいけどね」

 ハルカは獅子召喚術を提案した本人だ。

 だからこそ、ハルカが止めなければいけない。

「未完成の獅子召喚術……もぉ。まだ、ウォークマンないでしょ? なのになーんで、実行させちゃったのかしら」

 ウォークマン。その単語に、怪物の肩が震える。

「フフッ。アナタ……ウォークマンの影響を受けてない未完成なのね? そう……。大変だったでしょう? アナタの意思を聞いてくれるような存在がなくって……。でも、知っちゃったのよね? ウォークマンなら、自分の意思を聞いてくれると。だから、今、こんな暴走をしているんでしょう? そうよね?」

 ウォークマン。それがなければ、本当の意味でのレオなど、誕生しないというのに……。

「……春袈ちゃん。貴女……少し、急がなくっちゃね? これ以上、被害が拡大しないように……」

 まぁ、自分、朱坂ハルカが、この鋼夜春袈という少女の体をのっとっている間は、ハルカが何をしても、春袈には、何も伝わっていないが。

「まぁ、でも、獅子召喚術を提案したのは、私だしねぇ……。未完成レオを排除することぐらいは、手助けしてあげますか……」

 武器も構えない状態で、怪物に近づく。

 もしも、羽夜華が攻撃を受けておらずに、意識を失っていなかったら、危ないとでも叫んでいただろう。

 だが、ハルカには関係ない。

 ハルカが提案した獅子召喚術で、生まれたレオ。

 そのレオが暴走している。

 ユニコーンが使えない以上、それを止められるのは、根本にある獅子召喚術を提案したハルカしか居ない……。

 その春袈の意思により、今のハルカは動いているに等しい。

「ったく。私はね、ヒマじゃないのよー?」

 とっくに怪物の攻撃範囲内に足を踏み入れている。

 だが、怪物は動かない。

 動けない。

「……ねぇ、未完成レオ君。ウォークマンが恋しいんでしょ? 自分の意思を聞いてくれる唯一の存在が……。でもウォークマンの所持者であった桐生刹那は行方不明。……あぁ、この子は知らないのか。桐生刹那が行方不明になったと……。まぁ、いいわ。……桐生刹那が行方不明になった今、同時に行方不明になったウォークマン。それを探す存在、それがこの子だったのね? 獅子召喚術の提案者である私、朱坂ハルカを体内に宿し、自らも自分の意思でウォークマンを探そうとしていた……。そして、この獅子召喚術に辿り着いた。……まるで運命ね。鳥肌たっちゃうわ」

 怪物の目の前に立つハルカは、少し背が高い怪物を見上げて諭す。

「ウォークマンの件は、この子がどうにかしてくれるわ。そして、アナタのような被害者達を救ってくれるはずよ。大丈夫、信じて。この子は、元NEVだけど、それだけにNEVの本性を見抜ける能力には突出しているの。……ウォークマンは、この子に任せて。アナタは、この子がウォークマンの秘密を暴くまで、少しだけ、落ち着いてくれればいいの。あとは、この子がやるわ」

 大砲の構えを解き、ゆっくりと怪物が後退していく。

 ハルカに背を向けて、歩き出していく怪物の後姿を見ながら、ハルカは呟く。

「そう……未完成レオなんかが、ウォークマンに手出しするのは、間違っているの」

 そこで、溜息。

「はぁ……。それで、貴女も来たんでしょう? ……朝龍楯羽さん?」

 朝龍 楯羽(あさりょう たては)。

 怪物の攻撃により、崩壊寸前のビル。その陰に居る女性。

「ウォークマン抜きでは、獅子召喚術は、本当の完成をみない……そう、思って」

「……さすが、朱坂ハルカ、って言ってもらいたいのか?」

「あら。相変らず、かたっくるしい言葉遣いね、たてちゃん?」

「たてちゃん、たてちゃん、言うな。私は、朝龍楯羽だ」

「分かってるわ。愛称っていう単語を憶えなさい。……で? 貴女の用は、どちらに関係するのかしら?」

 その問いは、確かに、鋼夜春袈か、朱坂ハルカか、という意味を含む。

「私は、鋼夜春袈に用があるんだ。貴様は退け」

「あら、なぁに、その言い方?」

「そのままの意味だ」

「もう、女の子なんだから、もう少し、可愛らしくしましょ?」

 ……その言葉を最後に、朱坂ハルカは鋼夜春袈に変わった。



「鋼夜春袈、か?」

 気がつくと、あの怪物は居らず、代わりに赤と黒のツートンカラーが特徴的な女性が立っている。

「……鋼夜春袈かと聞いているんだ」

 女性の瞳には、力強い意思が感じ取れる。真っ黒に輝く瞳。吸い込まれそうなほどに綺麗。だけど、純粋な綺麗さじゃない。汚いものを見てきたような、そしてそれを受け入れた綺麗さ。

「……聞いているのか?」

 その力強い言葉に、頷いてしまう。



 そして。

 その行動こそが、私、鋼夜春袈に隠された秘密とウォークマンの秘密のヒントを得ようことになるとは、私を含め、誰も、予想できなかったのだ。



後書き


作者:斎藤七南
投稿日:2011/06/09 21:39
更新日:2011/06/09 21:39
『White×Black=Glay?』の著作権は、すべて作者 斎藤七南様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:754
「White×Black=Glay?」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS