小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:411

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約473文字 読了時間約1分 原稿用紙約1枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「愉快な話」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(212)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(695)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

愉快な話

作品紹介

「君に一つだけ、面白い話をしてあげよう」

お題「毒林檎」。




 そこの君。

 そうそう。君だよ、君。

 丁度、ここに林檎が二つあるんだ。

 しかし、私は二つも食べることができないものでね。

 良ければ一つ、どうかな?

 ――ああ、そんなに警戒することはないよ。

 とても甘く、そして、とても美味しい林檎だ。

 味は保障してあげるよ、心配ない。

 しかし、林檎は大きさが異なっているもので。

 ほら、大きいのと小さいのとあるだろう?

 私は太っ腹だから、是非、君が食べたいと思う方を言ってくれ。

 食べたい方を差し上げよう。

 ――え? 大きい方が欲しい?

 おやおや、空腹なのかい?

 ――ふむ、正直で宜しい。

 では、君にこの大きな林檎をあげるとしよう。

 ――ほう、美味しい、と。

 それはそうだ。その林檎は私が作ったものだからね。

 愛情を込め、汗水流して作ったものだから、美味しいに違いない。

 では、私の林檎を褒めてくれた君に一つだけ、面白い話をしてあげよう。







 実はその大きな林檎には、毒が塗られてあるんだ。







 面白いだろう?

後書き

未設定


作者 新藤創
投稿日:2011/10/11 20:42:34
更新日:2011/10/11 20:42:34
『愉快な話』の著作権は、すべて作者 新藤創様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:411
「愉快な話」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS