小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:655

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「ライトノベル」です。

文字数約939文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「目覚めのコーヒー」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(128)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(361)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

灰縞 凪 ■喜多羽与一 ■カンテ 


小説の属性:ライトノベル / 未選択 / お気軽感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし /

目覚めのコーヒー

作品紹介

コーヒーにトラウマを抱える男の、不思議な物語。


後輩に押し負けて、久しぶりにカフェに来た。
混んでいる店内で、どうにか二人分の席を確保する。注文をしてしばらく待っていると、制服の後輩が不機嫌そうにカップを持ってきた。

「お待たせしました」
「おう、ありがとう」

置かれたカップを手に取り、中に入っているカフェインレスの紅茶を口に運ぶ。
後輩は対面に座り、自分で頼んだコーヒーで手を温め始めた。

「先輩、まだコーヒー飲めないんですか?」
「こっちの勝手だろ。俺がコーヒーを飲まない理由も知ってるくせに」

恋人から別れ話を切り出された時に飲んだコーヒーを思い出してしまう。ひどいときには、コーヒーの匂いすら拒絶していた時期もあったので、ましにはなっているが、口に運ぶのはどうしても気が引けてしまう。

俺にとって、カフェインは眠れない以上に特別な作用がある。


「もう半年ですよ? いい加減に諦めましょう」
「あんなに好きだったのに、そんな簡単に諦められるか」

差し出された後輩のコーヒーから目を逸らす。

「それでも、コーヒーに罪はないでしょう?」
「コーヒーを飲むと、眠れなかったあの日の夜を思い出すんだよ」

月を見上げながら、これが夢なら良いのに、と何度考えたものか。一目惚れした彼女と過ごした、幸せだったはずの時間が俺を苦しめる。

「眠れないなら、私と一晩中お話なんていかがですか?」
「何でそんなコーヒーにこだわるんだよ! お前には関係ないだろ!」
「自分の好きなものを目の前で食わず嫌いされて、気分が良い人はいないでしょう!」
「分かったよ! 飲めばいいんだろ? よこせ!」

後輩のコーヒーのカップを取り、一気に飲み干した。


後輩の表情が、怒りから恍惚としたものに変わった。

「……先輩、知ってました?」
「な、何だよ」
「夢の中で眠れなくなると、『本当に』起きれなくなるんですよ」
「は? ……お前、まさか」
「ふふ、私も一目惚れだったんです」
「私『も』?」

いつの間にか、カフェには俺と後輩以外の人間が姿を消していた。

「時間はたっぷりあります。先輩の目が覚めるまで、一緒にお話ししましょう」

後書き

Twitterに投稿したものです。


作者 惨文文士
投稿日:2020/09/02 22:09:25
更新日:2020/09/02 22:09:25
『目覚めのコーヒー』の著作権は、すべて作者 惨文文士様に属します。
HP『惨文文士 twitter

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:655
「目覚めのコーヒー」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS