小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1083
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(15)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(221)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第4話・夢にオチそう *塾1日目(主人公・武藤なみこちゃん)

前の話 目次

「高樹ー、ゲーセン寄ってこーぜー」





 見た感じはあたしと同学年。学校が違うからよく分からないけれど、おそらくAクラスの2人の男の子が教室の入り口のドアから顔を出して大きな声で呼んでいる。彼らの呼ぶ声にそばかすくんが反応した。苗字を呼び捨てにしている彼らは、きっと彼と仲のいい友達なのだろう。

(へぇ“たかぎ”っていう名前なんだ、この人……)

 さっき、たかぎに握られた手に視線を落とした。

 こんなあたしなんかの顔を見て、“可愛い”だなんて言った人――――

(温ったかい手、してたな……)





「ちょっと待ってて」

 たかぎは床に転がっている消しゴムを拾い、あたしの着ているジャンパーのポケットにいきなり手を入れてきた。

(ひゃっ!)

 心臓が悲鳴をあげた。





「高樹純平。よろしく」

 迷彩柄のリュックを肩に掛け笑顔を見せて教室を出て行く彼に、消しゴムを拾ってくれたお礼を言おうと思って呼び止めようと思ったけれど……

(たかぎ……なんだっけ?)

 ――――名前が出てこない。

 あたしをまっすぐ熱い眼差しで見てくる彼の顔だけしかどうしても思い出せなくて、ポケットの中の消しゴムをそっと握り締めた。





     ☆     ★     ☆





 消しゴムを筆箱に入れずに、さっきからずっとポケットの中で握り締めたまま帰りのバスに揺られているあたし。 

松浦くんが隣のシートにに座っているはずなのに、行きのバスの張りつめた緊張感は不思議と無い。バスのエンジン音だけが聞こえる静かな空間の中で窓の外のお月さまを眺めながら、あたしはずっとたかぎの事を考えていた。

 あたし達の乗るバスの運転手、兼・数学担当の講師の“蒲池先生”がラジオをつける。

 ノイズ音に負けていない勢いでリスナーに語りかけてくるDJのお兄さん。

 彼の高いテンションが、あたしのテンションを少しだけ上げてくれる――――





『全国の恋に奥手な少女達よ! 夢見てばかりじゃ何も始まらないのさ!

 さあ! 僕の手を掴んで! 夢なんてよりも、もっとロマンチックな世界に連れて行ってあげる!』





 僕の手を掴んで、か……

 実際にそんな事言われてないけれど、たかぎの瞳が何度もあたしに語りかけてきていた様な感じがした。





     ☆     ★     ☆





「なみこちゃん…… すきだよ……」

 空一面、茜色に染まる夕暮れ時。周りには誰も居ないムードあふれる静かな公園のベンチで、あたしはたかぎに愛の告白をされた。

「キス……しようか……」

 それは、まるで少女マンガのワンシーンの様なシチュエーション。

 彼独特の、高いけれど少しかすれた声で、あたしの頬に優しく指を添えてきた。

(あたしも、すき……)

 たかぎの気持ちを全部受け止める思いで、ゆっくり目を閉じた。





 ――ビシッ!

 突然、おでこの真ん中に激痛が走った。

(何! 何なのッッ!?)

 目を開けると、さっきまであたしの前にいたはずのたかぎが、いつの間にか松浦くんになっている。

「いい気になってんじゃねーよ、ブスが」

 松浦くんはあたしを上から見下ろし、手の指をポキポキと鳴らしながら、

「もっとブスにしてやろうか」

 白い歯を光らせて笑いながら思いっきり力を込めてデコピンをしてきた。――――しかも、しつこく何回も……





「痛い! ダメっ! そんなコトしないで! 松浦くんッ!」





「おいっ! 起きろ、武藤ッ!」

 足を蹴られてあたしは目を覚ました。

 夕方ではなく、夜。公園のベンチではなく、塾のバスの座席。――――残念ながら、やっぱりあたしの隣に座っているのは高樹くんではなくて……松浦くんだった。

 目をこすって窓から外を見ると、バスはすでに家の前で止まっている。

 どうやら、あたしはバスの中で居眠りをしてしまっていたようだ。

 でも、どうしてだろう。夢だったはずなのに、おでこがヒリヒリ痛むのは――――

 自分のおでこを手でさすりながら、隣に座っている松浦くんを見上げた。

「おまえ……」

 松浦くんが呼吸を乱して、あたしに何か言いたそうな顔をしている。

「どんな夢、見てやがったんだ……」





「……何だっけ?」

 覚えてない……。あたしはよだれを拭き、頭をモシャモシャと掻きながらバスを降りて、よろよろと家に戻った。









     ☆     ★     ☆





「うわっ!」

 玄関のドアを開けると、仁王立ちのお母さんがあたしを迎えて(待ちかまえて?)待っていた。





「どうだった? 楽しかった?」

(勉強が楽しいわけないじゃん……)

 精神的にとても疲れていたあたしは、今はもう誰とも何も話したくない気持ちだった。 「どうだった? ねえ!」と、しつこく聞いてくる彼女をうまくかわし、ふくれっ面で台所に入った。

(このお母さんのせいであたしは……)

 自分の学力の無さを棚に上げて、冷蔵庫から出したガラスポットに入った麦茶をコップにたっぷり注いでガバッと飲んだ。

 ――――しかしスッキリしたのは、ほんの一瞬だけ。

 そこに、まだ懲りずにしつこくあたしの後をつけて台所に入ってきたお母さんの、とどめの一撃!!





「鷹史くんが一緒だから心強いでしょ? 高い受講料払ってんだから頑張んのよ!!」

後書き


作者:ゆかむらさき
投稿日:2012/07/31 13:51
更新日:2012/09/22 21:57
『たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?』の著作権は、すべて作者 ゆかむらさき様に属します。

前の話 目次

作品ID:1083
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS