小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1341
「ユニの子」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ユニの子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(77)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(268)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ユニの子

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


一 ヤーフェイ

目次 次の話

 本に埋もれたホール。

 たくさんの宝物が折り重なる宝物庫。

 太い柱は堂々とそこに立ち、アーチを描く天井や部屋の入り口には、細かい草の模様が描かれている。



 笑いさざめく貴婦人や、煌々と灯された篝火、勇ましく、きりっとした衛兵の姿はどこにもない。神隠しにでもあったかのように、建物だけが残っている。



 どこまでも続いていきそうな広さを持つそこに響くのは、風鳴りと、小さな足音だけだ。

 ぺったぺった。

 かわいらしく、吹けば飛ぶような心もとない足音の主が、鏡のように磨かれた廊下をやってくる。

 か細い女の子だった。

 真っ白な肌に、燃えるような赤い髪。まだ少女とは言えない小さな姿が、宙を歩くようにやってくるのだ。

二つに結んだ髪が風になびいて、帯のように後ろに流れている。ゆうに先っぽがひざ裏辺りで踊っていた。

ぺったぺった。

尻尾のように揺れる赤髪が、宮殿の奥に消えていく。



「ユーリ、ユーリ!」

 女の子は、両手を口に当てて大声で叫んでいた。その顔は、とても楽しそうだ。

 本のある部屋、きらきらした物のある部屋、果物のたわわに実る木の間。歩き回ってたどり着いたのは、中庭の最奥。

 くりぬかれたようなアーチがそこにある。

 その奥は小さな部屋だった。

「まだおねむなの、ユーリ」

 やさしく微笑んで、ヤーフェイは小声で部屋に声をかけた。

 その言葉に、ゆっくりと、細く目を開けたものがあった。

 その様子に、ヤーフェイの顔がぱっと輝く。

「ユーリ!」

 それは、のっそりと動いた。

 大きな羽を二、三回パタパタと動かして、鋭い爪のついた足で少女に近づいた。

「ヤーフェイ」

 低く、響く声がする。

 少女は、大好きな育ての親を見上げて、その名を呼んだ。

「おはよう、ユーリ!」



 ユーリは、大きなふくろうだった。

 ヤーフェイより二倍高い背。もはや人でもなく、獣のそれでもないとわかる異形のふくろう。

 白銀の羽でヤーフェイの頭をなでてやり、中庭に出た。

小さな少女は、自分以外の人を見たこともなければ、本物のふくろうを見たこともないだろう。

この宮殿は閉鎖空間で、廊下や回廊にさえ窓はない。あったとするなら、明り取りの窓くらい。

その窓を見上げるように寝転がったヤーフェイの横に、ユーリが静かに腰を下ろした。さながら、巨大な繭だ。

「どうした。今日はやけに早いな」

「だってね、ユーリ。わたし、とてつもなく暇なのよ」

「本を読めばいい。ここの蔵書は三万を超える」

 ヤーフェイは、ぷくっと頬を膨らませた。

「ユーリ……わたしがここに何年いると思っているの? もうすぐ十になる。小難しくて何が書いてあるかわからないへんな本とか、開けないように鎖でがんじがらめにしてある本とか、そういうのばっかりの宮殿の本は、読めるだけ読んだわ」

 むくれてしまった小さな少女に目を細めて、ユーリは腰を上げた。

 そのまま、音を立てて歩いていくふくろうを不思議そうに見て、ヤーフェイも後に続いた。

 ユーリがやってきたのは、宝物庫だ。

 四角い部屋に、色とりどりの敷物や、金銀宝玉の数々が無造作に置かれている。

「ヤーフェイ。この中から、好きな棒を選びなさい」

「棒?」

「ああ。お前が自由に振ることができるのなら何でもいい」

 首をかしげながら、ヤーフェイは言われたとおりに棒を探し始めた。

「杖みたいなものでいいの?」

「お前が気に入るものなら、何でも」

 うーん、とかわいらしいうなり声をあげ、ヤーフェイは宝物をあさる。

 やがて、宝物にしては地味な箱を見つけた。

 開けてみると、黒い棒が入っていた。ヤーフェイの腕より一回り太く、長さは腕の半分ほど。

「ユーリ、なあに、これ」

「……見せてごらん」

 ユーリに渡すと、それはとても小さなものに見えた。

 深く黒いボディに、金色の装飾が蔦のように絡みついている筒。

 ユーリはすぐに、ヤーフェイに筒を覗くように促した。

 ヤーフェイは気がつかなかったが、それはただの棒ではない。

 覗きこむと、ユーリはそれをくるりと回した。

「わあ!」

 ヤーフェイの目に、色が飛び込んできた。

 どこまでも続く、同じような模様がけっして繰り返すことなく回る、不思議な筒。

「ユーリ、これ何?」

「万華鏡だよ、ヤーフェイ」

「マンゲキョウ?」

 かいつまんで構造を説明してやるユーリの声を聞いて、ヤーフェイはうっとりしていた。

 うまくいえないけれど、この声を聞くと、ほっとする。

 ゆりかごに揺らされる赤子のような、包まれている感じがする。

「――ヤーフェイ、聞いているか?」

「とりあえずすごい筒なのね」

「聞いていなかったな?」

「あのねユーリ。こんなにきれいなものに、仕組みとか、そんなもの必要ないの。きれいなもので、十分よ」

 そうか、と言って、ユーリは押し黙った。そのまま、くるくると、万華鏡を回し続けた。

 のぞきこむヤーフェイの小さな驚きの声を聞いて、目を細めた。



 ヤーフェイは、この世に太陽と月があることを知っている。

 太陽が月を追いかけたり、月が太陽を追いかけたりすることがあることも、たまに追いついてしまって重なってしまうことも、月だけは満たされるときと、欠けきって影になってしまうことがあるのもだ。

 すべて、ユーリと書物が教えてくれた。

 しかし、ひとつだけ教えてもらえないことがあった。

 本物の太陽と、月の姿。

 ヤーフェイはここから出られないし、月や太陽がここから見える窓は存在しない。

「ねえ、月って、きれい?」

「ああ。神々しく、満月の夜は、昼間のように明るい光があたりを照らす」

「水の中みたいなんだよね」

 ユーリは、満月の夜のことをそんな風に言っていたことがあった。

 あれは、光の差し込む水中に、自分が漂っているようなのだと。

 どこまでも漂っていられそうなふわふわとした時間。しかし、月は欠けることもあるし、やがて太陽が舞台に上がれば、たとえ月が舞台に上がっていても、太陽に前ではただ漂う白い円にしかならないのだと。

 月のことを語るユーリは、憧れのものを自慢するような、子供っぽさがある。

そんなユーリを見るのがヤーフェイは好きだった。



万華鏡を見ていて、ふと、月光のようだと思った。

 それもそうだ。今は、ユーリの時間。月が主役の時間だ。

 小さな窓からは、柔らかな月光が差しこんでいる。

 万華鏡から目を離し、ユーリを見上げた。

「どうした、ヤーフェイ」

 月って、ユーリの目みたいなの?

 くるりとした黄色い目に、そう聞こうとして、口から声が出なかった。

 月光に照らされて白銀に輝く巨体。つややかな羽が、絹のようにきらめいている。

 うっとりとした。

 だんだん、まぶたが重くなってくる。ユーリに寄りかかると、そっと肩に手が置かれた。

 大きな手。ヤーフェイとは違う手。

「また明日だな。ヤーフェイ」

 ユーリが言うころには、ヤーフェイの前から柔らかな光は消えていた。

後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2012/12/17 22:27
更新日:2012/12/19 18:12
『ユニの子』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

目次 次の話

作品ID:1341
「ユニの子」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS