小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1367
「ユニの子」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ユニの子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(75)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(224)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ユニの子

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


二 ユーリ

前の話 目次 次の話

 はっと気がつくと、ヤーフェイは敷物の上に寝ていた。

 起き上がると、厚手の布がかけられているのにびっくりして、はねのけた。

 ヤーフェイの髪が、さらりと広がっている。

 手狭な部屋。ヤーフェイが自分の部屋として使っている部屋。

 読んでしまった本や、宝物庫から持ってきたこまごまとしたものが乱雑に、よく言えば芸術的にちりばめられている。

 ほぼ一番奥にしかれた豪奢な絨毯がヤーフェイの寝床だ。

 器用にものをよけて、ヤーフェイは廊下に出ようとして、いつもはないものにつまずいた。

 万華鏡だ。

「ったー」

 ころころと転がっていく万華鏡を拾い上げて、しげしげと眺めた。

 覗いてみると、太陽の光が差し込んで、中がぱっと輝く。輝く色石が転がるように、複雑な模様がくるくると踊る。カラカラと、快い音がする。

 いつまでも見ていられそうな、そんなきれいなもの。

 目の前を、黄色い色石が通り過ぎた。

 誰かの目のような。

 その色にはっとして、ヤーフェイは大好きな人を思い浮かべた。

「ユーリ!」

 駆け出しながら、万華鏡をとりあえず腰帯に挟みこんだ。



 ユーリは、珍しく起きていた。

「どうしたの、ユーリ」

「ああ、少しな」

 そう言って、うずくまってしまう。

 そのとき、ヤーフェイははっとした。

「ねえ、わたし、どのくらい寝てた?」

「……丸一日、起きなかった」

 ヤーフェイにはよくあることだ。

 夜中に起きている反動か、長いときは三日ほどずっと寝ている。この宮殿は時間など気にしなくても生きていけるせいか、ユーリが言ってくれなければ、寝ていたことも気がつかない。

 丸まっているユーリの姿を見て、ヤーフェイは失敗したと思った。いつもの元気なユーリではない。さっと血の気が引いた。

「何で起こしてくれなかったの! 昨日は新月だったはずよ!」

「……どうせ、わたしはいないのだ」

 黄色い目が、こちらをゆっくりと見た。

「いつもわたしにつき合わせて、お前の体に無理を言わせている。たまにはゆっくり休ませてやりたいのだ」

「ユーリ……」

 新月の夜、必ずユーリはどこかに行ってしまう。

 どこにユーリが行くのか、どこからユーリが出て行くのか、ヤーフェイには見当もつかない。気がついたらいなくて、次の朝にふらりと帰ってくる。

 だいたいの場合、どこかを怪我して。

「また怪我したんでしょう?」

「軽い」

「そういう問題じゃないの」

 ヤーフェイがユーリの体を見回すと、羽の裏に、何かに打ちつけられたような跡があった。いくつもだ。

 動くだけで、ユーリが歯を食いしばっているのがわかった。

「重い」

「……まだ、ましなほうだ」

 一番ひどいときは、血まみれだった。

 ヤーフェイが気がついたときにはほとんど傷口は閉じていて、周りに溜まった毒々しい色の血がやたらと目についた。

「なんで、……誰が」

「ヤーフェイ。これは、わたしの問題だ」

「どこに行って、どうしてこんな怪我をして帰ってくるの! ねえ、教えてよ!」

 顔がかっと熱くなった。その頬を、しずくが滑り落ちていく。

「ねえ、答えてよ!」

 何回同じ質問をしただろうか。

 毎回、毎回同じ質問をして、返ってくるのは沈黙だけだ。

「ねえ、ユーリ……」

「すまない、ヤーフェイ」

 すっとユーリが目を閉じた。大きく息をしながら、体を縮める。

 その姿を見たヤーフェイは、ため息をついてユーリの部屋から出た。

 ユーリは怪我の治りが早いが、休息は必要なのだ。

 自分の部屋に帰って、万華鏡をまわす。相変わらず、きれいな模様が広がるのみだ。

 その模様が、水面のように揺れた。



 ユーリの怪我は一日もすれば跡形もなく消えていて、ヤーフェイの前には、今までヤーフェイが読むことのできなかった、鎖で閉じられた本がおいてあった。

「あけてごらん」

 素直に頷いて、ヤーフェイは万華鏡で本を透かし見た。

 模様の中に、本が混ざる。

 万華鏡の先についている、平べったい入れ物は、ガラスよりも硬く、透き通っている。どんなものでできているのか聞いても、ユーリは知らないというばかりだ。

 ユーリは、知っていて言わないときは首を振るだけだ。本当に知らないのだろう。

 覗きこんで、本を透かし見る。

 くるりと万華鏡を回すと、鎖が切れた。

 カラン、と乾いた音がして、変形した鎖が落ちた。本がぱっと開いて、数ページ、風にあおられたようにめくれる。ここに風を起こすことのできるユーリの羽はピクリとも動いていない。

 ヤーフェイの髪も揺れていた。頬を、冷たい風がかすめていった。

「上出来だ」

 上から降ってきた声に、ヤーフェイは万華鏡から目を離し、ユーリを見上げた。

「ねえ、これ、ほかの方法で開けようとするとどうなるの?」

「無理矢理開けると、燃える」

「これも無理矢理な気がするけどね……」

 ユーリは高らかに笑った。

「そうか、そうかもしれないなあ……。しかし、ヤーフェイ」

「なあに?」

「今、この本が燃えないのは、正規の方法で開けたからではない。お前がこの本を読むべきだと自覚したからだ」

「本に意識があるの?」

「いいや。そのようになるように仕向けられている。人間の手によって」

 ふうん、と興味なさそうに頷くヤーフェイを見て、ユーリは目を細めた。

 このままであってほしいと思う。

 わがままだとわかっている。このまま、一生彼女を自分につき合わせるわけにはいかない。

 わかっている。しかし、思ってしまうのだ。

 この穏やかな日々が、ずっと続けばいいと。

 しかし、思っていることと、やっていることは別だ。この宮殿にある、封印されし本をすべて読みつくしたとき、ヤーフェイは外に出なくてはいけない。

 そしてそれを教えることが、ユーリの罪滅ぼしのひとつだった。

「さあ、ヤーフェイ。本を、よく読むんだよ」

「わかったよ、ユーリ」

 少女の顔は輝いていた。



 ヤーフェイの飲みこみは早く、一年もするとあらかたの本を五回は繰り返して読みきっていた。

時たま、本に書いてあることをなんとなく実践して、宮殿を半崩壊状態にすることも少なくなっていた。

 その横で、いつもユーリがじっとしている。

 ユーリが与えた本は、禁忌とされた本。不思議な力を学び、習得するための教養本だ。

 ヤーフェイは不思議な力を手に入れて、退屈そうにしていることはなくなった。そんなヤーフェイを見ながら、ユーリはぼんやりと考えていた。

 もうすぐ少女は十歳になる。

 宮殿に閉じこめる理由は、十を過ぎればなくなってしまう。

 ならば、自分は――。

後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2012/12/24 17:26
更新日:2012/12/24 17:26
『ユニの子』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1367
「ユニの子」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS