小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1420
「ユニの子」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ユニの子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(73)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(244)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ユニの子

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


三 四年間

前の話 目次 次の話

 この世界に広がる子守唄。それは物語になっていて、アリエでもよく知っている。



 それはとわの昔 まだ神がいた時代

 神の都には月の宮殿 すべてが幸せに生きる世界

 そんな世界はつまらない 言い出したのは人間だった

 おろかな人間 戦いをおこして神は天へと避難した

 

 それはとおい昔 神は姿をなくした

 神の目には一つの一族 祝福をうけた一族の者たち

 神は降りよう そういったのは神の王

 選ばれた人間 神が降りて器になり力を手に入れた



「そうして神は器の人間に入りこみ、永遠の命を得た。その神がもともと治めていた都にあったのが月の宮殿――『チャンドラ・マハル』よ」

「じゃあ、その宮殿って……」

 もうない、と思いこんだらしい少女の目は、金に輝いている。

「いいえ、あるわ」

 アリエは、自分が教えてもらったとおりのことを言う。

「チャンドラ・マハルはあるわ。ただし、神出鬼没でどこにあるのかもわからない。なぜなら、見えないから」

「透明なの?」

「いいえ。地下に現れるからよ。いきなり、地下に巨大な古代遺跡が現れるの!」

 きっと、アリエの目もきらきらとしていただろう。

 その顔を見て、少女は身を乗り出した。

「じゃあアリエ! わたしをそこまで案内してよ!」

「へ?」

「わたしは、そこまで行かなくちゃ行けないの。会わなくちゃいけない人がいるのよ!」

 

 そう言っていた少女と別れて四年。

 アリエは、砂漠で途方に暮れていた。

「さて、どうしよう……」

 道のような白い線が、一本だけある砂の大地。照りつける太陽を布をかぶってやり過ごしていると、遠くから何かが近づいてきた。

 鳥のようなものが飛んでいる。

「こんな暑いところをわざわざ飛ばなくてもいいのに」

 ひゅん。

 通り過ぎようとしていた鳥は、急に向きを変えて、一直線にアリエのほうへ向かってきた。

 飢えていたのだろうか。

 その鋭いくちばしがつっこもうとしていた人影は、ふらっと動いた。

 鳥が、地面をかすった。

 その間に、上に跳んでいたアリエが音もなく鳥の上に着地していた。藍色の髪がふわっと動く。

ゆうにアリエが座れるくらいの大きさの鳥だった。

 鳥は、あまりの軽さに、アリエに気がついていないようだ。

 その間に、上の人物は調教笛を取り出して、鳥を手懐けていた。

空を行く翼は風を切り、乗り手のゆったりとした服が、優雅とはいえない状況でばたつく。

「ちょうどいいから乗せて行ってね、鳥君」

 砂ばかりの大地はどこまで行っても変わりなく、少し不安になる。

 しかし、しばらく行くと町が見えてきた。

 アリエの顔が、にわかに笑顔になる。



 砂漠のオアシス都市のひとつであるその町に、アリエはお昼ごろには着いていた。

 ここは、貿易の要所である、そしてアリエの目的地であるカラタルムに一番近い町。

 けっこう緑も豊かで、ほとんど砂漠の外といっていい。

「さて、どうしますか」

 今夜の宿も決めて市場をぶらぶらと歩きながら、自然と口ずさむのはあの歌だ。

それはとわの昔 まだ神がいた時代

歌いながら歩く十四の少女に、誰も目を向けない。

 そんなときだ。

 上を、赤いものが横切った気がして、アリエは何気なく上を見た。

 その目の先で、今まさに横の建物から飛んだ少女が、向こう側の建物につっこんだ。

「うわ!」

 尻尾のような赤髪が揺れる。

人影は窓枠に飛びついたが、どうやら腕力はないらしい。つるりと落っこちた。

 悲鳴を飲み込んだのはアリエだけではない。下にいた市場の人が一番息を飲んでいただろう。

 落ちてくる少女は、そんな人たちの中につっこむ寸前、空中にとどまった。

 手には棒。手すりのように空中に浮かぶ棒をしっかりと持った少女は、ゆっくりと下に降りて、身軽に着陸した。

手を離された棒は、すぐに重力に従って下に落ち、少女はそれを慣れたようにつかんで、服の帯に挟んだ。

「……ヤーフェイ?」

 目の前に降りてきた少女に、アリエは思わず声をかけていた。

 少女が振り向く。

 高いところで結ばれた見事な赤髪が揺れて、金色の目が自分を見る。

「……アリエだ!」

 四年前と少しも変わらない。

 すらりとした立ち姿も、その笑顔も、他からは浮き出て見える。

 不思議な力を持った少女が、親しげに手を上げた。

後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2013/01/09 22:05
更新日:2013/01/09 22:05
『ユニの子』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1420
「ユニの子」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS