小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1450
「ユニの子」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ユニの子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(72)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(189)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ユニの子

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


四 軽業師

前の話 目次 次の話

 四年前と変わらない金色の目がこちらを見て、笑っている。

 それは、最後に見た彼女と変わりない姿だった。

「ヤーフェイ……死んじゃったかと思ってた」

「わたしもよ、アリエ。いっぺん死んだと思ったの」

「いったい、どこで何をしてたのよ、ヤーフェイ!」

 思わず涙をこぼすアリエを見て、ヤーフェイは友達に抱きついた。

 それなのに、ヤーフェイはただ首をかしげている。

「なんか遠くに飛ばされちゃってさあ……。わたし、宮殿に、ユーリに嫌われちゃったのかな?」

「ユーリ?」

 うん、と頷くヤーフェイは、笑っている。

 その笑みは、何もわかっていない子供のようなのに、言っていることは真逆。人生の荒波を潜り抜けてきたような先人のように聞こえる。

 違和感に寒気を覚えて、アリエはゆっくりと、ヤーフェイから離れた。

 ヤーフェイはきょとんとしている。

 そこでやっと、アリエは周りを見てはっとした。どうやら注目の的になってしまったらしい。市場の中に人だかりができていた。

「いろいろ聞きたいことがあるんだけど」

「ちょっと、今はその時間はないかなあ。――ほら」

 ヤーフェイは、人ごみの向こうを指差す。

 アリエが振り返ると、いかにも悪そうな男たちが目を爛々と輝かせて、こちらを見ていた。

「誰、あれ」

「何だっけ、人攫い? 盗賊? ちがうなあ……」

「とりあえずお天道様の下に出られないような人たちなのね」

 元気よく頷く友達の手をとって、アリエはすばやく人ごみの中に入った。

「アリエ?」

「逃げるのよ、まったく」

 厄介なことに巻き込まれてしまった。

 驚く野次馬の中をすり抜けて、路地に入りこんで、とりあえず町の中心地を目指しながらちらりと友を覗うと、彼女はちょうど、何かひらめいた瞬間だったようだ。

「思い出したわ、アリエ!」

「何を!?」

「あの人たち、奴隷商人だ!」

 うれしそうに言うヤーフェイの後ろから、変な雄叫びが聞こえてくる。

「なんで白昼堂々、奴隷商人に狙われてるのかしら、この子……」

「なんか高く売れるらしいよ、わたし」

「へらへら言っている場合じゃないでしょう!?」

 前からも雄叫びが聞こえてきて、自然と舌打ちをしてしまった。

「しょうがないわねっ」

「わあ!」 

 ヤーフェイを横抱きに抱えて、そして顔を少ししかめながら、アリエは地面を蹴った。

 両側から攻め、鉢合わせした奴隷商人と護衛の衛兵たちは、少女二人を見失うことになる。

 目先にいたものが、どこかに消えてしまったのだ。

 血眼になって探しても、どこにもいない。それどここか、路地の周囲を警吏の者たちが取り囲んでいて、ほとんどのものはつかまってしまった。

 昼の市場は騒然となり、店じまいをするものなども現れたが、警吏の行動がすばやかったせいか、午後にもなると静かになる。

 日が暮れる頃には、その騒動すらあったのか危ういほど、日常が戻ってきていた。



 一部始終を見届けて、アリエは横を見た。

 民家の屋根に座りこんだヤーフェイが、万華鏡をのぞきこんでいる。

 淡く発光しているそれに妙な感じを覚えながら、アリエは下に目を向けた。

 二階建ての民家。下は洗濯物の紐が路地を行ったり来たりしている。

「アリエはすごいねえ。ここまで跳んで来られちゃうんだもの」

 本当に感心したように、万華鏡を覗いたまま言うヤーフェイは、ほめているのかお世辞なのかよくわからない。

「これがわたしの商売道具。軽業師なんだから当然でしょう。それに、洗濯紐がなかったらちょっと危なかったし……」

「でも、昔よりは跳べるようになったんじゃない?」

 ヤーフェイは、万華鏡を腰の帯に戻す。

「みんな捕まっちゃったみたいだよ」

「警吏の人もご苦労様ねえ」

 平然と言ってのけるヤーフェイは、目がいいわけじゃない。ここからは、警吏の詰め所に投獄される罪人を見ることはできないはずだ。しかし、ヤーフェイの万華鏡が普通とは違うことを、アリエは知っている。

「ヤーフェイ。まず、その足のお荷物のことを説明してもらおうかしら」

 その言葉に、ヤーフェイが座り込んで抱えていた足を伸ばした。

 低く重い、金属の音がした。

 ズボンでうまく隠しているが、それは確実に罪人や奴隷がつける鎖だ。

「鎖が長くて助かったよ。ズボンに入れても違和感ないし」

「……どうしてそんなものを?」

「砂漠で倒れてて、気がついたら、目の前で奴隷商人とこの町の領主様がにんまりしてた」

 さすがに真顔で言っているが、それがどういう状況なのかわかっているのだろうか?

「つまり、今ヤーフェイは奴隷で、この町から動けないの」

「領主様か」

 アリエは、民家の屋根の連なりの、さらに向こう側を見た。

 少し高くなっている土地に、威風堂々と構えている大きな建物が、領主の館だろう。

 この町やカラタルムといった地域をまとめるメーラ王国は、今、地方貴族の肥大化に困っていると聞く。しかも王様は悪政高く、いつクーデターが起こってもおかしくないと噂する人までいる。

 そのクーデターを起こそうと考えるであろう地方貴族の筆頭が、この町の領主である。

「領主様って、どんな人?」

「よくわかんない。わたしを持っているだけでいい気になっている人だから」

「持っているだけ?」

「わたしがロアの一族だって騒いでいるの」

「……よくわからないわ」

 アリエは四年前、ヤーフェイのことをおかしな子だと思っていた。

 月の宮殿なんてものは、御伽噺に過ぎないのだ。それを本気で信じて、あまつさえ行こうとしている、頭のおかしな少女。

 みんなが彼女のことを笑っていた。

 でも、アリエは少しだけ違っていたのだ。

 自分は、ほかの人間とは違うと教えられてきた。一族の長も、仲間たちもそう言っていた。だから、他とは違う少女に、惹かれていたのかも知れない。

 自分と似たような存在として。

 でも、この少女はまったく違う存在なのだ。今でははっきりそう思う。

 自分のような特別が、早々いるわけではないのだ。

「――というか、あんなことがあっても、まだ宮殿に行きたいと思っているのね」

 四年前のことを思い出して、ため息をひとつ。

「ヤーフェイ、宮殿に入る前にどっかに吹き飛ばされていたでしょう」

「そうなんだよねえ」

 うつむいてしまったヤーフェイを抱えて、アリエは笑った。

「送っていくわ。奴隷泥棒は重罪だしね」

「大丈夫だよ。町から出なければ、帰らなくても何も言われないもの」

「それでも、わたしが落ち着かないの。これで罪人扱いされたらこっちが迷惑なの」

 文句を言おうとしたヤーフェイを無視して、アリエは軽く屋根を蹴った。

さっきと同じように軽く蹴っただけで宙に足が浮き、洗濯紐に軽く乗って、また飛び上がることを繰り返す。

 下に着地したとき、アリエは後ろから声をかけられた。

「ロアの君! いたいた、探しましたよ」

 ヤーフェイをおろしてやって振り向くと、使用人のような男が立っていた。

 どうやら、顔見知りらしい。ヤーフェイは元気よく挨拶をして、話し始めた。

「領主様がお待ちです。急いでおいでください」

「何の用かな?」

「そこまではきいておりません」

 にこやかに答えながらも、男はちらりとアリエを見て目を鋭くしている。

 直感的に、ただの下男ではないのだろうな、とアリエは悟っていた。

「こちらは?」

「友達のアリエよ。ひさしぶりに会ったの」

 ヤーフェイは、こちらを振り返った。

「そうだ、アリエ。一緒に来なよ! 一晩くらいなら泊めてくれるって」

「――遠慮しておくわ。明日も早いし」

 そう、とがっかりしたように言うヤーフェイは、男に連れられて歩いていった。

 足の鎖の音が時々響いて、もの悲しく路地に響いていた。



 アリエは、宿に戻って仕事道具をまとめていた。

 夜半になると、夜逃げのようにこっそりと宿を引き払った。怪訝そうにしている女将に、適当に言い訳をする。

「これから、誓い合った人と遠くへ行くんです」

 女将は、黙って軍資金までくれた。

 少々罪悪感をおぼえながら、そんな自分に苦笑して、アリエはさっと路地に入った。

 目指すは領主の館だ。

「待っててね、ヤーフェイ。今助けに行くから」

 

 しかし、アリエが領主の館で見たのは、密輸されるであろう奴隷が乗せられた馬車が人を積み、出て行くところだった。

 明らかに赤い髪の目立つやつが乗せられていった。

「ヤーフェイ……!」

 思わず飛び出そうとして、後ろから口をふさがれた。

「――落ち着いて。大切な人は、必ず助けます」

 そこに、少年が立っていた。

後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2013/01/16 19:58
更新日:2013/01/19 22:08
『ユニの子』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1450
「ユニの子」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS