小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1518
「ユニの子」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ユニの子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(67)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(233)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ユニの子

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


八 ロア

前の話 目次 次の話

 ぞくりとした。

 ヤーフェイの笑顔が、なんだか仮面のように見えてくる。

 中身と表があっていない。

 なんでだろう? まるで、ヤーフェイなのに中身はヤーフェイじゃないみたい。

 いっそ妖艶といったほうがいいような声で、ヤーフェイは言葉をつむぐ。

「最初の戦争を起こしたのは、ロアと呼ばれた一族だった」

 長い長い戦争のなかで、ロアは神の存在を忘れ、自然を敬わなくなり、自分勝手に振舞った。

「そして、神は消えてしまう。地上を追われ、どうしようもなくなった神は、元々の原因であるロアに、乗り移ってしまったのよ」

「それが、呪い?」

「そう!」

 ヤーフェイが振り向いた。

 ジェイシラードのほうに振り返ったヤーフェイは、いつもの顔だったようだ。無表情な顔の彼が、静かに事実を述べている。

 アリエは、首をひねる。

 何かが、おかしい気がした。

 今のヤーフェイは、隠しているくせに、それをわかってほしい子供みたいだ。

 自分はうそをついているから、早く気がついてと。

 じゃあ、そのうそって、何?

 わからない。

 アリエは、ヤーフェイの声に耳を傾ける。

「ロアの一族は、呪いをかけられたことによって、力がほしい人たちに狙われて、捕らわれて、使われて。神様の力は世界中に散らばってしまったわ」

「じゃあ、ロアの一族はもう散ってしまったのかい」

「ううん。ちゃんと族長はいるよ。少数部族になってしまったけれど、ちゃんとまだ生きている。……一度散らばった人は、ほとんどロアに会えないけれど」

 では、一緒に奴隷にされていたヤニムは、もしかしたら貴重な存在じゃないの?

 そう言おうと思って、ヤーフェイを見たアリエは、視界の端に赤色を見た。

 並ぶ建物の路地だ。ちょっとだけ出た頭が、驚いたように引っ込む。

 ふわっと舞う、布ではない何か。

「ヤニム……」

 思わず呟いていた。

 え、と声を上げ、ジェイシラードが振り向くと同時、ヤーフェイが目の前で立ち上がった。

 かつん、と音がして、万華鏡が転げ落ちる。ジェイシラードがそれを視線で追う。

驚いて後ろに倒れたアリエの悲鳴に気がついていないように、ヤーフェイは駆け出す。

 一目散に、同族のもとへ。

「待って!」

 アリエが体を起こそうとすると、腕をつかまれ、強引に立たされた。

 へ、と声を上げる間もない。

反動でアリエの体が少し浮き、引っ張りあげた本人は、宙に浮いたアリエの腕をぶん投げて、空中でぱっと放す。

 アリエが跳んだ。

「――っ」

 ジェイシラードが投げたのは確実だ。身をひねって着地する準備をしつつ、地面を走る彼に、あっかんベー、と舌を出して抗議をすると、ジェイシラードはちらりとこちらを見て、少し笑ったようだった。

 

 アリエが着地する。

 砂埃ひとつ立てず、舞い降りるように目の前に立った人影に、ヤニムは驚いたように立ち止まった。勢いあまってつんのめった彼女を抱きとめながら、アリエは路地の入り口のほうを見る。

 やってきたヤーフェイは、それを見てほっとしたように立ち止まる。後ろからジェイシラードもやってきた。

「ヤニム!」

 ヤーフェイは、うつむいている少女の顔を覗き込んだ。

 アリエは、ヤニムをヤーフェイのほうにちょい、と押した。赤い髪の同族を見て、泣きそうなか細い声がヤーフェイを呼んだ。

 ふと、ジェイシラードを見たアリエは、あれ、と首をかしげた。

 彼は、斜め上を見ていた。

両脇は二階建ての建物が並び、整然としている。町の中央のせいなのか、生活感は薄い。店が立ち並ぶ通りや、行政機関の建物の群れが表には広がっているはずだ。

変な視線の先を追ったアリエは、建物の上を見て、ふらりとした。

「あれ……」

人影が、見えた。

見えた気がしたけれど。

アリエは、その場にぺたりと座り込んだ。鏡写しの人形みたいな二人が、にっこり笑っている。

ああ、お人形さんなんだな。

それなら、何もかも納得だ。

ヤーフェイがおかしかったのも、きっとそのせいだ。

ぼんやりと考えていると、少女が二人、手をつないでアリエの脇をすり抜けた。

「ヤーフェイ?」

何とか上を見上げても、建物の上で一瞬だけ、紐のようなものが揺らめいたところしか見えなかった。

「アリエ、しっかり!」

 肩をゆすられ、それでもアリエは立てなかった。

 相手は、慣れたように腕をつかんでくる。

「……あれ?」

 ついさっきも同じようなことがあった気がする。

 はっと意識が戻ることには、アリエの体はぶん投げられていた。



 路地は相当に入り組んでいる。

 ジェイシラードに手を引かれて、アリエは息を切らしながら走った。

「なんで投げるかなあっ」

「さっきみたいに、うまくいくと思っていた」

 残念ながら、その目論見は外れてしまっていた。

 混乱していたアリエは着地に失敗して、今もなんだかぼんやりとしている。

「いったい何なのよ、これは」

 ふらふらするアリエが早く走れるわけもないのだが、ジェイシラードが走っている速さにあわせて、適度に体を浮かせて運んでもらっている。前を走る背中には迷いがない。

「きっと、何かの術だろう」

「術?」

 アリエにとって術といえば人を呪うアレか、まじない程度だ。しかし、

「イストリアって、そういうのが発達していたのよね」

「それがあだとなって、早々に帝国に侵略を受けたがな」

 ジェイシラードの見立てでは、記憶封じの術をかけられているという。

「術をかけた側が、その人に思い出してもらいたくない記憶を封じる。きっとそういうものだ」

「それって、簡単にかけられるの?」

「そこらへんの人がほいほいとかけられたら、イストリアは侵略されなかっただろうな」

 故郷を語る彼は、いつもより恨みがましい。

「未練たらたらなのね、イストリアに」

 返事は返ってこなかった。

 アリエは、彼がどこに向かっているのか知らない。

 そういえば、彼と出会ってまだ一日も経っていないのだ。

「ねえ、ジェイシー。なんで東の大陸に来たの?」

 領主に会うため、と言っていたのは聞いていたが、それだけではない気がする。

 何度か角を曲がって、アリエが怒ったかな、と心配になった頃、ポツリ、とジェイシラードが呟くように言った。

「ロアの力を借りずに、イストリアを取り戻すために」

 ちらりと振り返った彼の眼は、どこか遠くを見ていた。視界がぶれる。

 誰かの目が重なって、ぶれる。

「そう」

 アリエは、それでもジェイシラードの後姿をしっかりと見た。

「あんたならできそうだわ」

 驚いたように振り返った少年の顔は、すぐにぼやけた。あれ、と思うまもなく、アリエは躓いていた。

「アリエ」

「……誰だっけ」

「え?」

 あんたならできそうだわ。

 その台詞を最初に言ったのは、いつ?

「わたし……」

 アリエは、ジェイシラードの手を借りて何とか立ち上がった。

 その目に、路地の先の光が見えた。

「……ああ」

 前にも、こんなことあったなあ。

「あの時は、月が出てたわね……」

 ほんの、四年前の話だ。

 仲良くなった女の子と、こっそりキャラバンを抜け出したあの夜、彼女は言ったのだ。

「ユーリに、私の大事な家族に会いに行くの。たとえユーリがどこにいたとしても」

 そんな彼女が見ていたのは、きっと月の宮殿なのだろうけれど。

 アリエは、そのときと同じように繰り返した。

「あんたならできそうだわ」

 

 光の中に出ると、そこには三人の人間が立っていた。

 兄弟のように似ている、赤い髪と、金の瞳。細くて白い体。

 二人の少女の後ろに立っている少年が、アリエとジェイシラードを見て、にこやかに手をあげた。

「やあ。――よく来れたじゃないか」

後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2013/02/20 23:05
更新日:2013/02/20 23:05
『ユニの子』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1518
「ユニの子」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS