小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1787
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(73)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(277)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


一章 セイ 十

前の話 目次 次の話

 学園を出てからは、後ろを時折確認しながら、走るだけだった。
「ホタル、もう時間がないぞ!」
 寮母さんと言い争っている間に、汽車の時間が迫っていた。
 学園から駅までは、一本道。
 田んぼの間の農道とは思えない広い道。ホタルはもの珍しそうに周りを見渡しながら、自分の横を身軽に走っている。
 ……そういえば、ホタルの荷物は自分が持っているのだ。
 そう気がついたら、ホタルが憎らしくなってきた。
 さっきの寮母さんの時もそうだった。
 不思議な子。
 声には出さず、呟く。
 いったい、ホタルとはどんなやつなのだろう。
 自分は、ホタルについて何も知らなかったのだ。
「なあ、ホタル。」
「なんだい、セイ。」
 息切れの激しいホタルに、自分は目を向ける余裕がなかった。
 目の前に迫ってきた駅をまっすぐと見る。
「海に着くまでの長い間、一緒に話をしよう。たくさん、話をしよう。」
「いいよ。」
 ホタルの顔は見えない。
 しかし、きっと笑顔で答えていると思う。
 駅に飛び込むと、すでに汽車は来ていた。
 まだ大丈夫だろう。と思っていた。
 そのまま飛び込もうとするホタルを止めるのに手間取って、時間はさらに短くなったのだ。
「切符の存在を忘れていたよ。」
「ああもう、早く乗れ!」
 汽車が走り出す。
 最初に、ホタルが飛び乗った。
 汽車はどんどんスピードを上げていく。
「セイ!」
 ホタルの顔が遠のいた。
 がんばって追いついて、荷物を預ける。ホタルが向こう側に倒れこむのが見えて、奥にいた人の声が聞こえた。
「セイ!」
 また、声が聞こえる。
 荷物を預けて安心してしまったのか、足がもつれた。
「うわ!」
 転びそうになって、立て直す。
 列車の最後尾が、すぐ横にあった。
 そこに、女の子がいた。
 列車の一番後ろのテラスに立つ少女。黒髪があおられて、後ろにたなびいている。
 おどろかしてしまったんだろう。涙目の彼女は、それでも自分に手を伸ばしてくれた。
 だれだろう。でも、きっとやさしい子なんだろうな。
 のばされた手をとって、自分は列車にとびついた。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/13 22:05
更新日:2016/08/13 22:05
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1787
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS