小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1786
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(73)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(260)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


一章 セイ 九

前の話 目次 次の話

「でも、寮母さんに見つからないように寮を出るって、結構無茶だよね。」
 言いだしっぺのくせに、ホタルはちょっと弱気だ。それもそのはずで、寮母の部屋は入り口のすぐわきにあるのだ。
「入り口がつかえないなら、窓から出ればいいじゃないか。」
 自分が提案すると、ホタルはあきれたようにため息をつく。
 苦笑いが暗闇の中でも確認できた。
「セイ、ここ二階。」
「一階の窓は?」
「階段の向こうはすぐに入り口だろう? 下りたら寮母さんの目の前さ。」
 ホタルの顔は、青白い。見つかるのがそんなに怖いのだろうか。
「ホタル、前にも抜け出そうと思ったことがあるのか?」
 がたん、と音がする。
 ホタルの持っている荷物が、扉にぶつかったようだ。
「大丈夫か?」
「……いや、昔、夏休み中に肝試しをやってね。怖くて逃げ出して、学園の外に出そうになっちゃったんだけど。」
 乾いた笑いが響くホタルの部屋の温度が、急に下がった気がした。
「もういいよ、ホタル……。」
 よほど怖いことがあったのだろう。
「じゃあ、こうしよう。どうにかして、窓から脱出する。」
「セイは得意そうだものね、そういうこと。」
 ふっと力を抜いたように、ホタルが微笑む。
 責任は重大だ。
 ホタルが考えているときのように、あごに手を当てようとして、思い出した。
 木造の建物だからだろうか。なぜか、廊下の端っこに縄梯子の入った袋が置いてあるのだ。
 それを取ってくると、ホタルは実に冷ややかな目をしていた。
 かまいはしまい。
 自分の部屋に入り、窓を開ける。
「いいか? 俺がまず荷物を持って下りるから、ホタルはゆっくり下りて来い。」
「荷物、持てるのかい?」
 心配そうに後ろに立つホタルに、自分は親指をぐっと立て、振り向いて見せた。
 さいわい今日は月がまん丸だ。外は昼間のように明るい。間違っても落ちるようなことはないだろう。
「さ、行こう。」
 自分は、窓から縄梯子を垂らす。
 くるくると広がる縄梯子。まるで、じゅうたんをひいているみたいだった。
 そう、これは、外への道。
 ホタルが外に出るための道。
 荷物は、自分の肩掛け鞄に、ホタルのトランクをくくりつけて、両手が開くようにした。
一歩一歩、縄を確認しながら降りる。
 時間はさほどかからなかった。
 すとん、と降りて、ホタルに手を振る。
 危なっかしい動作で、黒い影が窓の外に出た。
「よし、そのまま。」
 がんばれ、と言おうとしたとき、横から声が割りこんできた。
「そのまま、外に出る気?」
 右隣に、寮母さんが立っていた。
 ホタルの動きが止まる。
「どうして……。」
「あれだけ物音を立てていればわかるわ。」
 腕を組んだ寮母さんは、まさに仁王立ちだ。
 ここで引いたら、きっとホタルは外に出られない。
「……べ、別にいいじゃないですか。出方はどうであれ、夏休み中はこの学園から出ても問題ないでしょう。」
 寮母さんをまっすぐ見て、言い訳を並べる。
 こういうときは、目線が大事だ。相手の目をしっかりと見て。
 たとえ圧倒的に不利でも、これで大体の相手はひるむものだ。そう、たとえ寮母さんがこちらの目線に微動だにしなくても。
 早く下りて来い、ホタル。
 思いが通じたのか、縄梯子が揺れる。確かに、揺れるたびに壁にぶつかる縄梯子は、大きな音を響かせていた。
「君は、下田清はそれでもいいかもしれない。でもね、綾瀬蛍はそれではだめなのよ。」
「どうしてですか?」
 寮母さんは、目線を自分から離し、ゆっくりと左を指差した。
「あれをみなさい。」
 言われるままに、寮の中庭があるほうを向く。
 逆光で影絵のようになっている中庭。
 そこには、どこからか吹いてくる風に揺れる花が、咲き乱れていた。
 はて、こんなに花が咲いていただろうか?
「これは……。」
 首をかしげると、寮母さんからではなく、左隣から声が来た。いつの間にか、ホタルがそこに立っていた。
「ノウゼンカズラだ。」
「ノウゼンカズラ?」
 お盆に咲くという、あの花?
 ホタルの呟きに答えるように、風が勢いを増し、花が不気味に揺れた。
「何で今咲いているんだい。」
 ホタルは首を横にふった。寮母さんは答えを知っているのか、こちらを、きっとホタルを見て言った。
「綾瀬蛍は、外に出してはいけない。街中でこんなことをされたら大問題だわ。」
 この寮母さんは、何を言っているのだろう。
 ホタルが、咲くはずのない花を咲かせたと言っているのだろうか? そんなばかげた話があるか。
 言われたことに混乱しているのか、ホタルはうつむいている。声をかけようと手をのばすと、急に、その手をつかまれた。
 つかんだ手を離すまいとするように強く握って、ホタルは一歩前へと出た。
「ぼくは、セイと一緒に海に行く。」
「無理よ。あなたは海どころか、駅にだって行けない。」
 通せんぼをするように仁王立ちをして、寮母さんが言い聞かせるように言った。
 負けじと、ホタルはもう一歩、前に出る。
「どいて、寮母さん。」
 自分には、寮母さんが目を見開くのが見えた。ホタルは走り出していた。
 寮母さんに当たりに行ったのかと思って、自分は思わず目を閉じた。しかし、その先にいるはずの人は居ずに、ホタルは走っている。
 手を引かれるまま、自分は走っている。
 ふと、後ろを振り返ると、寮母さんが寮の壁に寄りかかっていた。
 大丈夫。消えていない。ただ彼女はどいたのだ。
 ホタルの言葉のままに。
「さあ行こう、セイ。」
 前を向くと、ホタルが振り向いて、楽しそうに笑っていた。
 ぞっとした。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/13 22:04
更新日:2016/08/13 22:04
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1786
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS