小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1790
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(67)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(262)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


二章 瑠璃 二

前の話 目次 次の話

 列車が走り出す。
 ホームをすべり出し、向かうのは海の方向。
 ホタルはもの珍しそうに窓の外を見ている。その目が宝石みたいにかがやいているのを見て、また穂高のことを思い出す。
 穂高は変なやつだ。物静かなのに、何か言えば周りの人をひきつける。そう、ああいうやつのことをカリスマ性を持ったやつと言うのだろう。わたしはまったくついていきたくないが。
「なあ、穂高ってどんな兄貴なんだ?」
「急に言われてもなあ。」
 ホタルは困ったように笑った。そのくせすらすらと言葉が出てくる。
「そうだなあ。兄さんは何でも知っているんだ。自分のこと以外ならなんでも。ぼくのたどる道も、ぼくのやってしまった失敗も。どんなに離れていても、ぼくのことをわかってくれるんだ。」
 困り顔なのに、困ったように聞こえない。伝わってきたのは彼の兄への家族愛、だろうか。
「好きなんだ、穂高のこと。」
「うん。ぼくのゆいいつの家族だからね。」
 迷いない言葉に、わたしはうなずくしかない。
 正直、こういう感情は苦手だ。わたしは家族を知らないから。
「じゃあ、どうして穂高と離れることになったんだい?」
 わたしは、少し事情があって穂高の使い走りをさせられている。恩があるからしょうがないが、こういう事情を何も知らされないのはいただけない。
 ホタルは大真面目な顔で私を見ている。
「知らないよ、そんなこと。」
「いや……。それはないだろう?」
 言い切った堂々とした態度と矛盾するように、ホタルは困った顔をした。
「だって、ぼくのことは兄さんが分かってくれるけれど、ぼくは兄さんのことはわからないもの。」
 また窓の外を見はじめたホタルは、どこかさみしそうだった。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/13 22:13
更新日:2016/08/13 22:13
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1790
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS