小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1806
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(61)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(242)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 小夜子 八

前の話 目次 次の話

 首都がどんどん遠ざかっていきます。汽車は汽笛を高く、長く鳴らして駅舎を出ました。
 私は、その景色から目が離せなくなりました。
「どうしたの、小夜子嬢。」
 向かいに座ったホタル様の声は、ささやくようでした。
「……いえ。ただ、もうこの景色を見られない気がして……。」
 ぽろり、と涙がこぼれました。
 どうしてでしょう。私は、冬休みもこうやって帰ってくるはずなのに。
 ホタル様は、黙って外へと目を向けました。
「――小夜子嬢の伯父上に会ったよ。」
 唐突に言われて、私はふり返りました。
「おじさまに?」
「うん、この一週間、時間があれば話していた。」
「では、私のこともお聞きになって?」
 ホタル様はうなずかれました。
「末の妹の、かわいい娘だと言っていたよ。」
 私は、少し残念に思いました。
「ホタル様。ホタル様は、私のことを聞いて、どういう風に思われましたか?」
「どうりで丁寧なしゃべり方をすると思った。」
「……それだけですの?」
「うん。」
 ホタル様は、私をきょとん、と見ていました。
「だって、友達に身分なんて関係ないだろう?」
 いかにも不思議そうに聞くので、私は笑ってしまいました。
 何も心配することはなかったのです。
「安心いたしました。」
「何が?」
「ホタル様はホタル様ですね。」
 不思議そうに、ホタル様は首をかしげていらっしゃいました。
 その後も私がけらけらと笑うので、ホタル様は急に会話の舵を切りました。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/15 08:18
更新日:2016/08/15 08:18
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1806
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS