小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1805
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(64)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(250)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 小夜子 七

前の話 目次 次の話

 学園に帰る日の朝、玄関の前でお母様に呼びとめられました。
「小夜子。くれぐれも居城家の令嬢であることを忘れぬように。むやみにかけ回ったり、見栄を張って無茶なことをして、みっともない姿をさらしたりしたら許しませんよ。居城家の女は深窓の令嬢であるべきなのです。」
「わかっておりますわ、お母様。行ってまいります。」
 麻章の手を借りて馬車に乗ると、すぐに麻章も乗りこんできました。駅まで見送りに来てくれるのは麻章だけです。
「相変わらず、奥様は小夜子様に冷たいですわね。」
「いいえ。お母様は素直でいらっしゃらないだけなのよ。」
 くびをかしげる麻章には、それ以上の事は言いませんでした。
 静かにしていれば病気が悪化することはないから、くれぐれも安静にしているように。
 それだけの事を言うのに、お家の事や女はどうとかつけ加えないということができないのが私のお母様です。
 麻章とは、改札の前で別れました。彼女はホームまで着いていきたそうにしていましたが、私はていねいに断りました。
「お嬢様。くれぐれもお体には気をつけてくださいね。」
 それからも、麻章はいろいろと注意事項を付け加えます。
「わかっているわ。家のことをよろしくね。」
「はい!」
「お元気で!」
 麻章に手を振り、私はトランクを持ち上げました。
 ホームに着くと、汽車はもう着いていて、私はわざと取った安いほうの客車へと向かいます。
 周りは見送りの人などであふれていて、なかなか一人でいる人は見かけませんでした。それに、旅行へ行く人の波はいったんおさまっていて、この間よりも人は少ないようです。
 ですから、その人は妙に浮いて見えました。
 細身の少年でした。荷物は鞄一つで、客車の前にぼうっと立って、駅のガラス張りの天井を見上げているのです。
 そうして、私が近づいていくと、ふっとこちらを見ました。
「やあ、小夜子嬢。」
「ごきげんよう、ホタル様。」
 待ち合わせをしていたかのように、私たちは落ち合いました。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/15 08:17
更新日:2016/08/15 08:17
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1805
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS