小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2008
「REincarnation」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「REincarnation」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(87)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(254)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


REincarnation

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / お気軽感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介

屋敷探索の出会いと謎。


4. 探索

前の話 目次

 コクゲンさんの言う通り、屋敷の中をふらふらすることにした。広すぎる屋敷は、一日時間を潰すにはちょうど良い。
 途中、中庭で作業をしている男の人を見かけた。アラウド家専属の庭師、フエートさんだ。自分のあごひげを左手で触りながら、自分が手入れしたであろう盆栽を眺めていた。
 私は、興味本位で彼に話しかけてみることにした。

「フエートさん、こんにちは!」
「げっ」

 フエートさんは、私を見て眉間に皺を寄せ、不快感を露わにした。こちらもつられるわけにはいかない。私は、笑顔を作った。そして、作業に戻ろうとする彼を引き留めるため、距離を詰めながら会話を続けた。彼の顔は、少し赤みを帯びていた。

「今日もいい天気ですね。何してるんですか?」
「見りゃ分かるだろ、あっち行け」

 彼は私から顔をそらすようにして、盆栽の手入れを再開した。盆栽に関するセンスはないので分からないが、こだわりがあるのだろう。
 私は、気にせず話しかけ続けることにした。

「フエートさんって、働き始めてどれくらい経つんですか?」
「あんたには関係ない話だ」
「それじゃあ、フエートさんの家族ってどんな方なんですか?」
「わりいな、お嬢様。お前みたいな『教養人』と話してると、虫唾が走るんだ。早くどっか行ってくれないか?」

 フエートさんは手を止め、こちらを向いた。振り向きざまに、草の臭いを振りまいた。腕を組んで、イライラしているのを全身で表現をしていた。さらに威圧をかけるかのように、数度せき込んだ。
 彼の言い方に引っかかりがあった。もし、この引っかかりが解消出来たら、フエートさんとの距離も縮まるはずだ。私は、今まで作っていた笑顔を崩し、シリアスな雰囲気を作って、切り込んだ。

「フエートさん、なんでそんなに『教養人』を嫌うんですか? 何か恨みでもあるんですか?」
「あ? そんなこと訊いてどうするんだ? そもそもお嬢様、今日おかしくないか?」
「え、ああ。それは……」

 かなり素を出してしまっていたようだ。ごまかし方も分からないし、ごまかしたらフエートさんとの距離を縮める機会を失ってしまうような気がする。
 仕方ない。コクゲンさんには申し訳ないが、素直に打ち明けてみることにした。

「実は、私カザハさんじゃないんです。こう言っても信用されないと思いますけど、私異世界から来たんです」
「はあ……まあ、お嬢様が俺なんかに嘘をつく理由はないからな。分かった、信用しよう」

 フエートさんは、庭師の仕事道具である特殊な形状のハサミをポケットにしまった。彼は私を気遣ってか、日陰の方へと移った。私も彼の後ろをついていった。
 そして、日陰に着くと、フエートさんはこちらを向いて話し始めた。腕を組んだままで、警戒態勢を崩す様子はなかった。

「なあ、あんた。カザハお嬢様じゃないって言ったな? 何者なんだ?」
「名前は、スカトラと言います。ファンタジー小説が好きな、貧乏家庭の女です」
「ふーん……まあ、分かった。それで、質問は何だったけか」
「フエートさんが、『教養人』を嫌う理由です」

 私が改めて質問を提示すると、フエートさんは再びあごひげを触り、考え込んだ。私に話すべきか否か悩んでいるようだ。数度咳をした後、彼は質問に答えた。

「俺は、字を読むのが苦手でな。本に関しては、読む気すらしねえ。だから、窓際に座って本を読むのがステータスだと考えてる上流階級、俗に言う『教養人』を受け入れられねえ」
「なるほど……」

 つまり、フエートさんが嫌いなのは人ではなく、本の文字だということだ。本好きの端くれとしては、聞き捨てならない話だ。私は、今日の目標を、フエートさんに本の良さを教えることに決めた。
 さて、早速ミッション開始だ。

「フエートさん、本は面白いですよ!」
「なんだ、急に。俺を説得しようたってそうはいかねえぞ?」
「うっ……」

 彼は、私の意図を見抜き、釘を刺してきた。しかし、ここで挫けるわけにはいかない。私は、彼の警告を無視して、話を続けることにした。

「でも、フエートさん! 字を読むのがゆっくりでも、本は読めるんです! 一冊だけでもいいので、読んでみませんか?」
「……いや、ダメだ。面白いって思えるような本がない」
「それは……分かりました! 私がおすすめの本のジャンルを教えてあげましょう!」

 本嫌いには「あるある」の理由だ。ここに来る前も、本嫌いのお母さんが言っていたのを、鮮明に覚えている。
 本は元々、誰かに言われて読むものではない。本は出会い方が大事なのだ。仮に、人から勧められて読んでも、それが自分の意志、つまり興味を持っているのなら問題はない。
 だが、もし嫌々読んでいるのなら、どんな名作も愚作になってしまう。意味がないものになってしまう。それだけは、なんとしても避けたい。本のおすすめが行われている時、勧められる側も一歩踏み出す勇気がいるが、勧める側にも相手の興味をそそるような内容、プレゼンテーション力を試されているのだ。
 フエートさんの興味の範囲を、手探りで探っていくことにした。

「フエートさん、ファンタジーは好きですか?」
「ファンタジーか? うーん……どちらかというと、お嬢様の元いた世界の方が気になるな」
「なるほど……」

 フエートさんが興味を持ってくれたのは嬉しいが、私の世界に関する話をするのは避けたい。今持っている精一杯の演技力で、話を始めた。

「実は、あまりあちらの世界に関して話すのはタブーなんです……でも、こちらの世界がファンタジーとして描かれていました。だから、日常物として楽しめるのではないでしょうか?」
「ああ、なるほどな。じゃあ、そのファンタジー小説ってのことについて、教えてくれるか? どういうのがあるんだ?」
「私が読んだものだと――」

 私は、昨日トハルの家で読んだファンタジーのライトノベルについて語った。異世界転生がテーマであるためか、フエートさんの食いつきは上々だった。
 話を終えるころには、最初の態度は何処へやら、フエートさんは活字を欲する目に変わっていた。

「――っていう話です。どうですか?」
「面白そうだな! 読めないのはちょっと残念だが、本も案外捨てたもんじゃないな! ゲホッ」
「大丈夫ですか?」

 先ほどから何回かしている咳が気がかりだ。顔が赤いのも、最初は怒っているものだと思っていたが、心を開いてくれた今でも、頬は赤く染まっている。心なしか、目の焦点もはっきりしていない。

「ああ。実はな、昨日から少し熱っぽいんだ。今日は早退して、本でも読みながら、体力回復につとめるかな」
「そうしてください! 感想くださいね!」

 私は、フエートさんと別れ、再び家の中を散歩することにした。すると、グリーの部屋の扉が半開きになっているのが見えた。アキハさんの部屋を覗くのは怒られたが、本人の部屋を覗くのは、大丈夫だろう。そんな詭弁を振り回しつつ、部屋を覗いた。
 中では、グリーが首にかけたカギのネックレスに話しかけていた。その光景にデジャヴを覚え、その正体を考えてみた。
 答えは、数秒で出た。アキハさんだ。身につけているカギのネックレスも、話しかけているのも全く同じ構図だった。
 私が答えを導き出してすっきりしていると、後ろから肩を叩かれた。恐る恐る振り返ると、そこには真顔のアキハさんが立っていた。胸には件のカギのネックレスが輝いていた。

「こら、カザハ。お姉ちゃんの部屋、勝手に覗いちゃダメでしょ?」
「ごめんなさい、お母様。でも、1つ訊きたいことがあるのですけど、よろしいでしょうか?」
「ええ、構わないわよ。何かしら?」

 本人がせっかく目の前にいるのだ。カギの件に関して訊くチャンスだと考えるのが妥当だろう。

「カギのネックレスって、私の分はないのですか?」
「……カザハ、晩御飯の用意を手伝ってくれる?」

 アキハさんは、質問に答えずに笑顔で言った。私がもう一度訊こうとすると、同じ質問をしてきた。仕方ないので、素直に従うことにした。
 おそらく、カギのネックレスに秘密がある。アキハさんの反応を見るに、グリーが持っているものと、アキハさんの持っているものは同じものだ。そして、それにこそ『私』に知られてはいけない何かが隠れている。
 その後、何か動きがあるかと思ったが、特に何も変わりはなかった。コクゲンさんと話そうかと思ったが、チャンスは巡って来ず仕舞いだった。夕食を食べ、お風呂に入りベッドに入った。
 明日、また調査しよう。寝落ちする直前、そんなことを考えていた。

後書き

未設定


作者:惨文文士
投稿日:2018/07/04 00:05
更新日:2018/07/04 00:05
『REincarnation』の著作権は、すべて作者 惨文文士様に属します。

前の話 目次

作品ID:2008
「REincarnation」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS