小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1997
「REincarnation」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「REincarnation」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(96)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(267)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

灰縞 凪 


REincarnation

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / お気軽感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介

世界は、彼女の予想を裏切り続ける。


3. 再カイ

前の話 目次 次の話

『――きろ、起きろ!』

 聞き覚えのある男の声が聞こえる。昨日聞いたフユイチさんとは違うけど、懐かしい声だ。
 私はゆっくりと目を開けた。そこには、再び「リアルな夢」の世界が広がっていた。私に声をかけていたのは、一昨日出会ったコクゲンさんだった。彼は私の体を、大きな手で優しく揺さぶっている。

「カザハ! 目は覚めたか?」
「あっ……はい」

 フカフカのベッドから体を起こす。コクゲンさんは、私の様子を見て、私がカザハ・アラウドではないことを見抜いたのか、私に小声で確認の質問をした。

『もしかして……スカトラさんか?』

 私は首を縦に振った。それを見たコクゲンさんは、周りを見渡した。周りに誰もいないことを確認すると、一度咳払いをして言った。

「昨日のこちら側に関する記憶はないか?」
「ええ、ありません。昨日は、元の世界にいたみたいですから……」
「では昨日、その体から発せられた言葉に関しても、記憶がないんだね?」

 含みのある言い方だ。昨日の私が、何か変なことでも言ったのだろうか。

「は、はい……私、昨日何か言いましたか?」
「うむ、実はだな……昨日、聞いたことがない単語が出てきた」

 聞いたことない単語、とはどういうことだろう。私は頷いて先を促した。コクゲンさんは、ある3つの単語を口にした。

「スカトラさんに訊きたいのだが、『カムロ』、『ディフェイロ』、『方舟計画』の中で、聞き覚えのある単語はあるかな?」

 私はどの単語にも、聞き覚えがなかった。前半2つは何らかの固有名詞だろうと、推測できる。『方舟』は私の知っているものだとすると、聖書に出てくる逸話のものだろうか。『方舟』に関する『計画』とは一体どういうものだろう。見当もつかない。

「いえ、3つとも聞き覚えはありません。ただ、『方舟』に関しては、前の世界で神話に関する話であったような気がします」
「ふむ、やはりそうか……。実は、私たちの方でも、『方舟』に関する逸話はあるのだが、それに関連した計画が分からなくてな」

 コクゲンさんは顎に手を当て、しばらく考えていたが、やがて諦めたようで、私に礼を言って部屋を後にしようとした。
 しかし、彼はドアの前でこちらに振り向き、真剣な表情で釘を刺した。

「スカトラさん、君が戻ってきたことや、さっきの話はグリーとアキハには内密に頼む。昨日のカザハとの約束なんだ」
「それはいいんですけど、あの」

 先ほどの様子から、何かあるなとは思っていたが、まさか口止めされていたとは、少し意外だった。
 しかし、私が引き留めたのは、他のことが気になったからだ。一昨日こちらに来た時から、引っかかっていたことがあった。コクゲンさんは、私に引き留められたのが意外な様子だった。

「どうしたんだい?」
「こちらも1つ訊きたいんですけど、どうしてそんなに飲み込みが早いんですか? 一昨日、私の話も信用できるものじゃなかったはずです」
「確かにそうだな……分かった、訳を話そう」

 コクゲンさんは、開けかけた扉を閉め、社長室に置いてありそうな肘掛け付きのイスに座った。机には、何やら紙が数枚まとめて置いてある。体格が良いコクゲンさんが座ると、なかなか絵になる。
 彼は、咳払いをして、低めのトーンで話し始めた。

「実はな……君がこの世界に来ているのは、『負の魔法』が関係しているかもしれない、と感じたからだ」
「負の魔法?」

 コクゲンさんは、私の問いかけに頷き、説明を始めた。

「一昨日、君はアキハやバスティンチから魔法に関して聴き、実際に見たと思う。その時の魔法は、人々の暮らしを豊かにしたり、便利にしたりするものだったと思う。だが、実は災厄をもたらす魔法があることが近年発覚した」

 これがその資料だ、と言って、コクゲンさんは私に、机の上にあった数枚の紙を手渡した。表紙には、『魔法の効能に関する考察』というタイトルと『魔法研究学会会長 コクゲン・アラウド』と書かれていた。
 私は紙を受け取り、ページを1枚めくった。そこには、研究対象と範囲が記されており、例を挙げつつ魔法の分類をしていた。
 その最後の項に、『負の魔法』という記述があった。

「負の魔法は、持ち主の意思とは関係なく発動し、持ち主や持ち主の周りに、悪影響を及ぼす魔法だ。それに、カザハがかかってしまったのだと考えている。日毎に君とカザハが入れ替わる、それも負の魔法の一種ではないか、とな」

 なるほど、一理あるかもしれない。
 だがそうなると、私が「災厄」だということになってしまう。それに反論するため、私はソフトに言い返した。

「分かりました。ですが、コクゲンさん。私とカザハさんが入れ替わったとして、何か実害が出るでしょうか?」
「それは分かっている。スカトラさんが『災厄』だと言っているわけではない。誤解を招いてしまったのなら、申し訳ない」
「い、いえ。そういうわけではないです」

 コクゲンさんは申し訳なさそうに答えた。別に、私を邪険に扱っているわけではなさそうだ。
 どちらにしろ、負の魔法に関する更なる研究が必要そうだ。

「申し訳ない。とにかく、何か進展があったら、また伝達する」

 コクゲンさんは、音を立てないようにして部屋を後にした。
 それと入れ替わるようにして、カザハの姉、グリー・アラウドが、部屋に入ってきた。彼女は、私を見ると不気味な笑みを浮かべた。

「やあ、お目覚めかな?」
「あ、お姉さま。ご機嫌よろしゅう」

 私は、お嬢様言葉で挨拶を返した。コクゲンさんの話を聞く限りでは、私が再び転生したことは言わない方が良さそうだ。
グリーは私をじろじろ見つめると、また不吉な笑みを浮かべた。

「そういえばスカトラ。さっき、お父様と何か話していたみたいだけど、何の話をしていたの?」
「あ、えっと……お姉さまとの距離感についてお話を」
「ふーん、まあなんでもいいけどね」

 グリーは、再び私の核心を突くような質問をしてきたが、どうにかかわした。彼女は少し疑問を持っているようだったが、それ以上は詮索してこなかった。
 グリーはそのまま、イスに座った。コクゲンさんの温もりを感じたのか、一度中腰になってイスの表面を手で払った。
 気まずい。誰か、この状況を打破できる人間はいないのか。
 私の祈りが届いたのか、グリーは私から視線をそらし、開けっ放しだった扉を見つめた。すると、その扉からバスティンチさんが入ってきた。彼は、グリーの姿を見ると少し驚いたが、すぐに元の真面目な顔に戻り、深々と頭を下げた。

「グリーお嬢様、こちらにいらっしゃいましたか。カザハお嬢様も、おはようございます。朝食の準備が出来ました」
「あ、ありがと――」
「待ちなさい、バスティンチ」

 私がベッドから出て、彼に付いて行こうとすると、私を手で制しバスティンチさんを睨み付けた。彼女は警戒心を露骨に出しながら、質問をした。

「今朝の朝食は、誰が作ったものかしら?」
「それは、アキ……お母様では?」
「いえ。お母様は、先ほどご起床なさったのよ。そんなすぐに出来ないわ。それに、お父様は料理するわけないでしょ」
「あっ」

 グリーの質問を聞き、一昨日のアキハさんの発言を思い出した。
 バスティンチさんは、家事に関しては完璧だが、料理だけは壊滅に下手なのだ。彼が料理をしたとすると、朝からハードになってしまう。
 私とグリーの危惧を知ってか知らずか、バスティンチさんは口角を少し上げ、嬉しそうに言った。

「『私』が作らせていただきました。昨日の体調不良は完治いたしましたので、ご安心ください」
「そうじゃなくて……はあ、まあいいわ。カザハ、行くわよ」
「え、あ、はい!」

 私とグリーは憂鬱なまま、食事用のテーブルがある部屋へと向かった。そんな私たちとは対照的に、バスティンチさんの表情は晴れやかだった。



 テーブルに着くと、フランス料理が既に並んでいた。見た目はとても美味しそうだったが、既に席についていたコクゲンさんアキハさん夫妻は、食事に手を付けていなかった。2人とも、私とグリー同様、少し戸惑っているようだ。
 私は、コクゲンさんの正面に座り、彼の隣にいたアキハさんに聞こえないように小声で話しかけた。

『バスティンチさんが料理を作ったってほんとですか?』
『ああ、どうやらホントらしいが……食べてみるしかないみたいだな』

 コクゲンさんは、私の背後をチラ見した。そこには、バスティンチさんが直立している。彼の視線が、私と隣に座っていたグリーの背中に突き刺さる。どうやら、食べるしかないみたいだ。
私たちアラウド家は、食事の挨拶をした後、同時にスープに口をつけた。





 美味しい。全員口にこそしなかったが、驚きの表情と、一心不乱に食事を口に運ぶペースが、彼らの感想を示していた。料理担当の顔は、したり顔だった。
 食事の後、最初に口を開いたのはアキハさんだった。

「ねえ、バスティンチ。あなた、いつの間にこんな美味しい料理を習得したの?」
「実は昨日、天啓を受けまして、『料理』の魔法を習得いたしました」

 なるほど、通りで自信満々だったわけだ。アキハさんや他の2人も納得した様子だった。

「分かったわ。これからは、あなたに料理を任せても良さそうね」
「ええ、お任せください。では、食事の片づけをいたしますので、失礼させていただきます」

 バスティンチさんが下がったのを確認すると、コクゲンさんが一度手を叩いて仕切り始めた。

「さて、今日の皆の予定について訊きたい。カザハは昨日同様、あまり体調が優れないみたいだから、気分転換に家の中でも散歩してみてくれ。アキハとグリーは?」

 コクゲンさんに上手くフォローしてもらったおかげで、ボロを出さずに済んだ。彼に目配りで、感謝の気持ちを送った。

「私は、自分の部屋の整理をするつもりよ。グリーはどうするの?」
「私も、お部屋の片づけをしようかと考えています。お母様の方も、お手伝いできればと考えています」

 2人とも、コクゲンさんの発言を不審に思う様子はないみたいだ。私は、心の中でホッと胸をなで下ろした。
 朝の家族会議が終わり、各々が各々の仕事をするため、散っていった。コクゲンさんも、仕事へ行くと言って、家を後にした。

後書き

未設定


作者:惨文文士
投稿日:2018/05/26 22:48
更新日:2018/05/26 22:48
『REincarnation』の著作権は、すべて作者 惨文文士様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1997
「REincarnation」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS