小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2088
「フロイントシャフト」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「フロイントシャフト」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(73)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(190)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


フロイントシャフト

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介

スコーピオの父親的存在シェンリュとその弟子ベイファンと
一行は出会った。シェンリュはスコーピオとベイファンの
試合を提案した。


スコーピオの先生

前の話 目次

???「早いな、もう来たのか」
空色がかった白髪の美青年、彼はスコーピオに近寄る。
スコーピオ「あぁ久しぶりだな先生」
アリア「え!?せ、先生!?」
驚いた。その青年シェンリュは酷い差別を受けていた幼い
スコーピオを拾い彼を育て武術を教えた。
ユニ「じゃあスコーピオさんにとっては父親同然の
存在なのですね」
スコーピオ「そうだ。俺の親は幼い頃に死んでずっと
一人だったからな」
シェンリュが営む道場にアリアとユニとレイヤ、スコーピオたちは
上がった。
???「師匠、客か?」
奥から鍛錬を終えた後なのか首にタオルを掛けた中性的な
顔立ちの少年がいた。シェンリュの新たな弟子だろうか。
シェンリュ「ベイファン鍛錬は一通り終わったみたいだな。
彼は俺の弟子の一人スコーピオとアリアとレイヤ、そして
ユニだ」
シェンリュが一通り紹介した。
ベイファン「師匠の弟子、か…人間以外の」
ベイファンの視線はスコーピオの尻尾に向いていた。
シェンリュ「そうだ。腕は落ちてないだろうな?スコーピオ」
スコーピオ「え?」

シェンリュが提案したのはベイファンとスコーピオの試合だった。
道場でベイファンとスコーピオは向き合っている。
シェンリュ「では…始め!」
ベイファンの拳をスコーピオは躱した。風を切る音が聞こえた。
ベイファンの攻撃をスコーピオは焦ることなく躱していく。そして
ギリギリまで引き寄せてカウンターで肘打ちを放つ。その肘は
ベイファンの喉仏にめり込んだ。ユラユラとベイファンが膝を
ついて咳き込む。
スコーピオ「…大丈夫か?」
ベイファン「あ、あぁすまない」
シェンリュ「腕は落ちていないようだなスコーピオ」

後書き

未設定


作者:祭マツリ
投稿日:2019/03/15 20:00
更新日:2019/03/15 20:00
『フロイントシャフト』の著作権は、すべて作者 祭マツリ様に属します。

前の話 目次

作品ID:2088
「フロイントシャフト」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS