小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2233
「キラとレグル」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「キラとレグル」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(70)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(206)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

コツリス ■バール 


キラとレグル

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介

未設定


水汲み

目次 次の話

 キラは誰よりも早く目が覚めた。母のマナナと祖母のタカはまだ寝ている。父のハイクはキラが幼い時に流行り病で亡くなった。以来キラは母と祖母との三人暮らしである。マナナは最近体調が悪く臥せっているため、水汲みと祖母の家事を手伝うのがキラの仕事だった。キラは今年で一六になるが、学校へは行っていない。そもそもこのカラルの村には学校など無いのだ。
 
 キラはベッドを抜け出して着替えると、桶に汲んである水で顔を洗った。小さな鏡に映った顔を見る。黄褐色の肌に母親譲りのエメラルドグリーンの大きな瞳。長い黒髪を三つ編みに編むと、台所に置いてある大きな木のバケツを持って家を出た。
 
 外はまだ薄暗かった。カラルは砂漠のオアシスを囲むように出来た村である。砂漠の朝の空気はひんやりと冷たい。青藍《せいらん》色の空に白い星がまだ残っていた。地平線の彼方に、うっすらと日の出の光が差し始める。キラはオアシスへたどり着き、ほの暗い水を覗き込んだ。鏡のように静かな水面に、キラの顔が映る。その顔の後ろから、もう一つの顔が現れた。キラの隣に住む、幼なじみのナジャである。キラと同じ黄褐色の肌にコバルト色の瞳をして、赤褐色の髪をポニーテールにしていた。
 
「お早う。今日も寒いね」
 
ナジャはキラに笑いかけた。
 
「お早う。そうね。でもすぐ暑くなるから」
 
キラも笑う。
 
「お母さんの具合はどう?」
 
「うん。あんまり良くない」
 
「そう。家の畑でトマトが食べ頃なの。後で持っていくから」
 
「ありがとう。よし、水汲みしようか!」
 
「うん!」
 
 キラとナジャは一緒に水を汲んでは台所の大瓶まで運び、また汲んでは運んだ。水を入れたバケツは重くて、少女の労働としてはきつかったが、毎日の事で慣れていた。他の村人達も次々に水を汲みに来た。その間に日はどんどん登り、日干し煉瓦で作られた家をクリーム色に浮かび上がらせた。紺碧の空に黄土色の砂と岩。クリーム色の家々に、畑の土色と牧草地のダックグリーン。それにオアシスのスカイブルーが、村の色彩だった。人々はそれぞれ畑で野菜を育てたり、羊を放牧したりしながら自給自足の生活を送っていた。金銭的には皆恵まれているとは言えないが、それでも少しでも富める者は、貧しい者に分け与えるのが村の掟だ。だから、男手の無いキラの家も、何とかやっていく事が出来た。

後書き

未設定


作者:コツリス
投稿日:2020/01/19 13:26
更新日:2020/01/19 13:26
『キラとレグル』の著作権は、すべて作者 コツリス様に属します。

目次 次の話

作品ID:2233
「キラとレグル」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS