小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2234
「キラとレグル」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「キラとレグル」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(46)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(117)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

バール 


キラとレグル

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介


ナジャの話

前の話 目次 次の話

 水を汲み終わる頃には、タカが起きてきて、台所で小麦を練っていた。釜で焼いて薄焼きのパンを作るのだ。キラは鍋を火にかける。ニンニクと玉ねぎをを細かく刻み、羊肉を一口大に切り分ける。鍋に油を敷き、食材を炒めたら水を入れてグツグツと煮る。月桂樹の葉を入れて一煮立ちしたら、塩と胡椒で味付けだ。羊肉のスープの出来上がりである。
 
 パンが焼き上がり、キラはマナナを起こしに行った。
 
「あら、もう出来たの? 今日は速いのね」
 
マナナは少し咳き込むと、ゆっくりとベッドから起き上がり、顔を洗うと長い髪を一つに縛って、台所へやって来た。焼きたてのパンとスープの香ばしい匂いが皆の鼻孔をくすぐる。
 
「じゃあ、頂こうかね」
 
タカがスープにスプーンを入れるのが食事の合図だ。水汲みをしてお腹がペコペコだったキラは、待ってましたとばかりにスープを掻き込んだ。
 
「これ、そんな風にがっつくんじゃないよ。ゆっくり味わって頂きなさい」
 
タカがたしなめる。キラはエヘヘ、と笑ってパンをちぎった。
 
「後でナジャがトマトを持ってきてくれるって」
 
「まあ、いつも有り難いわねえ。良い友達を持ったわね」
 
マナナが咳き込みながら言う。
 
「うん。ナジャは良い娘よ」
 
 食事が終わり、キラが後片付けをしていると、ナジャがやって来た。
 
「今日は! トマトを持ってきました」
 
ナジャはザル一杯のトマトを抱えていた。
 
「有り難う」
 
キラがトマトを受け取る。
 
「ナジャちゃん、上がってコーヒー飲んでいきなさい!」
 
タカは台所から叫ぶと、お湯を沸かし始めた。
 
「お邪魔します」
 
ナジャは家へ上がって、居間のソファーに腰掛ける。キラも、台所のテーブルにトマトを置くと、ナジャの向かいに腰掛けた。
 
「いつも有り難うね」
 
「良いのよ、お互い様だから。それより、キラはウルの街って知ってる?」
 
「ウルの街?」
 
「そうよ。砂漠の向こうにある街ですって。この間、父さんの友達のレビが街へ行ってきたんだって」
 
「街へ行って、何をするの?」
 
「レビの家の窓ガラスが割れてね。村じゃ新しいガラスは手に入らないから、ウルの街へ行って、働いてお金を貯めて、ガラスを買ったんだって」
 
「ふーん」
 
キラは街を想像してみた。だがサッパリ何も思い浮かばなかった。当然と言えば当然である。キラは生まれてこの方、この砂漠の村しか知らないのだから。
 
「コーヒーお待ちどう」
 
タカがコーヒーを運んできた。
 
「有り難う。頂きます」
 
ナジャはコーヒーを一口啜ると、話を続けた。
 
「街にはそれは色んな物が沢山あって、お医者さんも居るんだって」
 
「お医者さん?」
 
「病気の人を治す仕事の人よ」
 
「シャーマンとは違うの?」
 
「違うらしいわ。薬とかを使って病気を治すんだって。シャーマンより効くって話よ。お医者に診てもらえば、キラのお母さんだって治るかもよ」
 
キラは少し考え込んだ。確かに、シャーマンではマナナは治せなかった。
 
「そのお医者に診てもらうにはどうすれば良いの?」
 
「街では何をするにもお金が必要なんだって。だから、レビみたいに街で働いて、沢山お金を手に入れれば、それでお医者に診てもらえるわ」
 
「ウルの街かあ……」
 
キラは呟いてコーヒーを飲んだ。
 
 ナジャが帰ると、入れ違いにダンがやって来た。ダンは父親のガナルと羊の放牧をしている少年だ。良く日に焼けた褐色の肌に、短く刈り込んだ黒い髪、薄茶色の活発そうな目をしている。
 
「今日は~。羊肉どうぞ」
 
ダンは羊の脚を肩に担いでいた。
 
「あら、ダン。有り難う。でもこんなに沢山、良いの?」
 
キラは羊の脚を受け取りに玄関まで出てきた。
 
「良いんだ。一頭解体したんだけど、家じゃ食べきれないしね」 
 
「そう。じゃあ有り難く頂くわ」
 
「そうしてよ。明日は父さんと羊の毛刈りさ」
 
「毛刈り………。ね、良かったら、肉のお礼に私に毛刈りを手伝わせてくれない?」
 
「うん。それは助かるな。父さんに言っておくよ。昼からやるから」
 
「分かったわ」
 
ダンは肉を渡すと帰って行った。
 
 その日の夜、キラはベッドに潜り込んで、昼間ナジャが言っていた事を思い返していた。
 
「ウルの街には色んな物があって、お医者がいて……」
 
呟きながら窓から空を眺める。暗い空に無数の星が瞬いていた。この同じ空の下にキラが見たこともない街が存在しているのだ。母さんをお医者に診てもらうために、街へ行って働く、そんな考えが何度も頭を巡った。それは良い事の様に思えたし、ウルの街とやらをこの目で見てみたい、という思いにも駈られた。それはワクワクする事だった。だがどうやって街まで行けば良いのだろう? 大体街まではどれくらいかかるのか? 仕事と言っても、何をどうすればいいのだろう? 様々な疑問が沸いてきた。
 
 あれこれ考えながら、キラは眠りに落ちていった。
 
 
 
 
 

 
 

後書き

未設定


作者:コツリス
投稿日:2020/01/19 13:28
更新日:2020/01/19 13:28
『キラとレグル』の著作権は、すべて作者 コツリス様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:2234
「キラとレグル」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS