小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2277
「キラとレグル」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「キラとレグル」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(53)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(105)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


キラとレグル

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介

未設定


到着

前の話 目次

 村を出発して十日目の昼過ぎ。辺りには小麦畑が広がっていた。
  
「こんなに大きな小麦畑、初めて見たわ」
 
キラは驚きと共に周囲を眺めた。黄金色の海の様に、小麦が風に揺られて波打っている。遠くに城壁で囲われた街が見えた。
 
「あれがウルの街だ」  
 
マーニーが指差した。キラは期待に胸をときめかせた。いよいよウルの街へ到着するのだ。
 
 近付いてみると、予想以上に街は大きかった。見上げるような日干し煉瓦の城壁が街を取り囲んでいる。一行は西の門から街へと入った。通りを少し進むと、活気溢れるバザールの色彩の洪水がキラを襲った。緋色や碧や黄色の絨毯、銀食器のきらびやかな輝き、細かな金色の刺繍を施した紫色の衣装……。初めて見る色とりどりの商品に、キラは軽く目眩を覚えた。
 
「凄いわ! こんなに沢山の商品があるなんて」
 
興奮して辺りをキョロキョロと見回す。
 
「私達はここのバザールで商品の取引をする。ここでお別れだ、キラ」
 
マーニーはラクダを降りた。三人もラクダを降りた。
 
「今まで有り難う。お陰で無事にウルの街に辿り着けたわ」
 
「何、荷を運ぶついでだからな。大した手間でも無かったさ」
 
ビランが笑った。
 
「俺は、キラと一緒で楽しかったぜ」
 
チトがキラの背中を叩いた。
 
「私達は二ヶ月おきにウルの街まで来るんだ。街には三日滞在する。帰りも送ってやっても良いから、カラルへ帰る時期になったら、タイミングを見計らってこのバザールへ来れば、私達を見付けられる」
 
「分かったわ」
 
キラは三人と握手して別れた。
 
 
「そうだわ。砂漠の薔薇!」
 
キラは砂漠の薔薇を買ってくれそうな店を探してバザールを歩き回った。通りを歩いている中年の女性に声を掛ける。
 
「すみません。砂漠の薔薇を店に売りたいんだけど、何処に行けば取り扱っていますか?」
 
女性は全身砂だらけのキラを見て、一瞬顔をしかめたが、

「ああ、そういう物なら、この先の宝石店で取り扱っているね」
 
と教えてくれた。
キラは、宝石店を見付けて入ってみた。店頭に磨き抜かれた宝石や、鉱石が並んでいる。
 
「今日は~」
 
「いらっしゃいませ……って、何だ。ここはお前の様な奴が来る店じゃないぞ。店の信用に関わる。帰った、帰った!」
 
店主はキラを見るとさも汚い物でも見るような目付きで追い払おうとした。
 
「いえ、あの……。私はお客じゃないんです。これを買って頂けないかと思って」
 
キラは袋から砂漠の薔薇を取り出した。
 
「おやおや、これはこれは……。ふむ。上物じゃないか。そういう事なら良いんだ。うちで買わせてもらうよ。五万ペタでどうかね?」
 
「良く分からないから、お任せするわ」
 
「よろしい。五万ペタで買わせてもらうよ」
 
店主はニコニコしながらお金を手渡した。
 
「有り難う」
 
キラはニンマリ笑って店を後にした。
 

後書き

未設定


作者:コツリス
投稿日:2020/02/17 17:52
更新日:2020/02/17 17:52
『キラとレグル』の著作権は、すべて作者 コツリス様に属します。

前の話 目次

作品ID:2277
「キラとレグル」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS