小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:240
「Devil+Angel=Reo」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「Devil+Angel=Reo」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(51)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(124)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


Devil+Angel=Reo

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第二部・第6話。

前の話 目次 次の話

 ガイドの少女がノックした扉の向こう側に居たのは、この部屋の主でもあるガブリエルではないと、私の幼馴染でもある紅來璃維は言ったものだ。



「……璃維、あの人がガブリエル、さま?」

「……いや、違う」

「え?」

 小声で交わされる私と璃維の会話。



「はじめまして。私はガブリエル、ではないです。

 私はラファエル。名を朝日奈翼と申します」

 出てきたのはガブリエルではなく、ラファエル。

 つまり、翼だ。

 相変らずの天然パーマの黒髪とリボン付のカチューシャ。

 しかし、服装は違っていた。



 丈が長いワンピース、マキシ丈ワンピース。上にトップスを羽織っているその姿。

 表情は笑みの形に固定され、その笑みを崩そうとも思わない。



「あのとき、車の中でラジオをながして、喋ったのは私ではありません。

 あれはガブリエルです。

 しかし、ガブリエルは……ミスをおかしました」

 最後の方は声の音量を小さくして話していたその言葉。



「ガブリエルはあのとき」

「皆様方は私の姉と似たチーム名をお持ちですっていう言葉だろ?」

 翼の言葉を遮り、璃維が確認の言葉をかける。



「……璃維君ですか。ええ。確かに。あのとき、ガブリエルはそう言ってしまった。

 ガブリエルが話した言葉は全て、私が原稿としてガブリエルに渡したものでした。

 しかし、私の目線で書いてしまったため、原稿にそのような文章が……。

 私はそれを訂正するのを忘れ、ガブリエルもそのまま読んでしまった」

 それでも、ガブリエルが恐れたのはそっちではない、と璃維は思った。



 ガブリエルは、あのとき、アッラーフという単語を言った。

 アッラーフ。それは自分の隣に立つ幼馴染でもある桐生刹那の、幼き桐生刹那の役職名だった。

 それを言ってしまったという事は、結論からして刹那に昔の記憶を蘇ることとなる。

 まあ、車でバスでも隣に座っていたが……記憶を辿る様子などなかった。

 ……そういう節はあったが。

 それが一番、この紅來璃維でさえ、恐れること。

 そしてガブリエルも。



 刹那にアッラーフであったことを思い出させてしまえば、そのあとの影響が計り知れない。

 というのも、だ。

 アッラーフに与えられている権限は確かに、ラファエルや他の称号と同等だ。

 しかし、発言力としては絶大な影響力がある。

 それが、唯一神とまで言われるアッラーフの存在意味。

 全ての天使を押さえつける、アッラーフの存在意味は、そこにある。





「さて、璃維君。どうして、ここにライナ君や春袈さんが居るのです?」

 首をかしげて問う翼。それに顔をゆがめ、同時に思考する。

 そしてすぐわかった。



「あぁ、そうか。早紀はトーナメント表を作るのに聞いたし、早紀はNEVに所属してるからか。

 翼じゃなくて、ラファエル。問題ない。これはNEVが認めてること。

 ま、だからといってお前たちにはどうこうあるってわけじゃないが」

「……璃維君。NEVが公認しているのなら構いませんが、それならば何故、此処に桐生姉妹が居るのです?」

「それは刹那が天使であること。媛も天使だが、人数あわせってとこかな」

「ちょ、人数あわせって。もっと何か言い方なかった?」

 少し怒り気味に媛が発する。璃維の人数あわせ発言にキレ気味のご様子だ。



「それでこのラファエロ・サンティが、できあがるわけなんだが?

 どこかご指摘でも?」

「……まあいいでしょう」

「その話し方やめれば? 翼」

 璃維の一言により、翼の表情が一変する。笑みから怒りの表情。



「ラファエルに対してその物言い……!」

「だから、別にいいじゃん」

「何がいいんですかっ!」

「え、俺と翼の仲?」

「……あぁ」

 その一言により、あっさりと翼は納得したらしい。

 しかしすぐ、表情を改め。



「しかし、今は非公式とはいえ、ラファエルとレオ争奪戦参加チームの話し合いです。

 いくらなんでも、この場でその話し方は、くだけすぎですよ? 璃維君」

 最初は真剣なものだったが、笑みを浮かべた元の表情になる。



「オーケー。ラファエル」

「了承してもらえたのならば、嬉しいです」

 頬に手を添え笑みを浮かべる、翼。



 翼が璃維と知り合ったのは、過去のレオ争奪戦にある。





後書き


作者:斎藤七南
投稿日:2010/07/20 19:56
更新日:2010/07/20 19:56
『Devil+Angel=Reo』の著作権は、すべて作者 斎藤七南様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:240
「Devil+Angel=Reo」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS