小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:372
「想像天使」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「想像天使」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(187)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(740)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


想像天使

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第1話 想像天使E?1

前の話 目次 次の話

海夏季中学に、木下 勇人はついた。

「・・・・・・」

勇人は今日も元気はない。

「・・・・・・にしても」



さきほどの声はどこから聞こえたのか?



勇人は頭をかかえ、考えていると、

「よお勇人ぉ」

不良がきた。

「今日も金はたんまりあるよなぁ?」

不良は勇人に聞いた。

「い、いや、その・・・・・・」

「あ?もってきてないのか?」

不良は勇人を睨みつけ、襟首を掴み、ひきずった。

「ちょっと体育館裏に行くか」

そういって不良は体育館裏に勇人を転がした。



・・・・・・今日もか。



勇人は殴られながらも、心に呟いた。



今日も同じことの繰り返しか・・・・・・



勇人は意識が薄れるなか、心に呟いた。



ニンゲンナンカ、シンデシマエ



勇人がそう思った瞬間、目の前が突然光りだした。

「うわっ!?」

勇人はその光に飲み込まれた。__



__ここはどこだ?



勇人はその空間にいた。

白い空間。

そこに1人。

勇人は後ろから誰かが来たのを感じた。



誰だ!?

「またキミは悪意のある言葉を心に言うんだね」



そこにいたのは、天使の羽をひろげ、輪をつけた12歳?14歳の少女がいた。

「ボクはE?1、よろしくね」

少女はそういうと、にっこりと笑った__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/05 22:11
更新日:2010/10/05 22:11
『想像天使』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:372
「想像天使」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS