小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:419
「想像天使」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「想像天使」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(24)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(74)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


想像天使

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第12話 D

前の話 目次 次の話

「・・・・・・」

木下 勇人は夜の公園にいた。



__現在時刻10時20分。

西山 古見の手紙の約束の時間は越えた。

しかし勇人はどうしても動けなかった。

いや・・・・・・



ウゴキタクナカッタ。



何故ならば、親しく感じる人のカタチの何かが目の前にあったからだ。



__暫く時が流れると、月が見えた。

今日の月は・・・・・・



__赤い満月。

その赤き月の光に照らされ、その影はあらわになった。

その影の正体は__



__古見だった。

「古見君!」

勇人は突っ立っている古見に駆け寄った。

「一体何の用なの?今日は珍しく・・・・・・」

勇人が喋りかけたそのとき、体が勝手に後ろにさがった。

(アブナイよ!勇人君!)

「え?」



ヒュンッ!



突然古見が手を横に振ると、地面が抉れた。

「え!?」

古見は驚いている勇人へ、顔をあげた。__

「!?(!?)」

勇人も、勇人の頭の中の絵美も驚いた。



__そこにいたのは古見ではなく、「ヒトのカタチをしたなにか」だった。

「(ククク・・・・・・)」

古見の姿をしたなにかは微笑を浮かべ、そして__



「(クハハハハハハハ!)」

古見の姿をしたなにかは突然笑いだした__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/16 20:49
更新日:2010/10/17 19:21
『想像天使』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:419
「想像天使」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS