小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:548
「White×Black=Glay?」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「White×Black=Glay?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(221)・読中(2)・読止(2)・一般PV数(1039)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

白銀 ■ふしじろ もひと 


White×Black=Glay?

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


White×Black=Glay? ?4色目?

前の話 目次 次の話

 1組の姉妹の名は、草花 舞葉(そうげ まいは)、草花 黒刃(くろは)というらしい。

 あの後、合流した桃風 羽夜華に協力してもらい、NEVのデータベースに侵入してもらった。

「……NEVでもシークレット中のシークレット。名前すら、載ってませんねー」

 ノートパソコンを膝に置き、マウスパッドでクリックを繰り返し、キーボードを叩きまくる羽夜華は、残念そうに呟いた。

「んー。NEVの中でもシークレットか……」

「これ、結構すごいですよね?」

「うん。NEVが執着しそうなほど、能力高いなら、シークレットに認定されちゃうから」

「……名前、なんていうの?」

 鋼夜 春袈が姉妹に問いかけると、姉妹の姉のほう、舞葉が不機嫌そうに答える。

「草花、舞葉」

「妹ちゃんは?」

「……草花……黒刃」

 黒刃は相変らず、舞葉の後ろに隠れたまま。

 だが、名前を名乗るときだけは、舞葉の後ろから顔だけを出して、名乗った。

 しかし、すぐ後ろに引っ込んでしまう。

「NEVシークレット・ファイル、覗ける?」

「……無理です。NEVも、そう簡単にシークレット・ファイルを覗かせるほど、セキュリティ、甘くないです」

「なら、仕方ないかな」

「はい。諦めましょ」

 ノートパソコンを閉じた、羽夜華は溜息をついて春袈に問いかけた。

「リーダー。本当に、この2人をチームに入れるわけ?」

「信用してもいいと思うけど?」

「信用できるわけないでしょう。NEVのシークレットですよ?」

「だから、なんだ」

 満面の笑みを浮かべて、姉妹を見る春袈。

「私ね、この子たちを気にいっちゃった」

「……」

「それに、ウォークマンを探る上でNEVの関係者は、できるだけ手に入れておきたいところ。

 このシークレットたちはそれに、当てはまってる……。

 そんな子達をほうっておける?」

「……リーダーは甘すぎます」

 諦めたように羽夜華は、言う。

「いいでしょう。今は2人を信用します。

 ただし、チーム、もしくはリーダーに危害を加えるようであれば、即座に排除します。

 よろしいですね?」

 低い声で言われた、宣言。

「大丈夫。2人とも、いい子だから」

 笑みを浮かべて言うと、羽夜華は苦笑いを返してきた。

「ねぇ、ウォークマンを探るって言っておいて、探らないの?」

「とりあえず、10の国と都市に散らばってるチームのメンバーと合流しないことには……」

「分かった。どこ?」

「この国、ヴィルヴェスタ。推定100人。

 フェルフォート、推定7人。戦場都市、推定20人。魔法都市、推定3人。

 情報都市、推定190人。トーンメルティウス、推定50人。

 ヒルメル・フォークネス、推定10人。チェルヒューン、推定22人。

 ネイブルランド、推定6人。美術都市、推定12人」

 一気に言っちゃったけど、大丈夫かな、と心配した春袈だったが、聞いた本人、舞葉は記憶したみたいだった。

「やけに、情報都市だけが人、多いんだけど」

「あぁ、ウォークマンを探るのが、このチームの目的だから、ウォークマンに関する情報を収集するのが目的になる。だから、比較的安全な情報都市に結構、メンバー居たりするんだ」

 舞葉の疑問に、春袈は答えていく。

「魔法都市は? 人、少ないみたいだけど」

「戦場都市に次いで、危険な都市だからね。あまりメンバーを送りこんでない」

「情報都市は安全だし、情報も収集できるってわけか……。へたに他の国や、都市行くよりも、まず情報都市を中心にして、動いた方がよさそうだね」

 舞葉が冷静に発言する。

「でも、ヴィルヴェスタにも居るのか……。

 ……情報都市って、どこにあるんだっけ?」

「ヴィルヴェスタと、ネイブルランドの国境にある都市。

 おかげで、治安はいい。情報都市で争いなんて起こったら、ヴィルヴェスタとネイブルランドの治安や、関係が悪くなっちゃうきっかけになりかねない」

「ヴィルヴェスタに居るメンバーの推定位置は、って分かったら苦労してないか。

 いいや。とりあえず、情報都市行こう。そこで考えよう」

「オーケー。だけど、私はちょっと、別行動とらせてもらってもいいかな?」

 舞葉の提案を受け入れる。

 だが、春袈は別行動をとりたいという。

「別にいいけど……NEVと連絡をとろうだなんて思ってない?」

「まさか」

「……黒刃、どう思う?」

 舞葉の背中から、また黒刃が顔を出す。

「今のところ、嘘をついている様子はない……」

「了解。いいよ、行っておいで」

 黒刃が背中に隠れる。同時に、舞葉が声をかける。





 丘に佇む、少女がイヤホンに向かって声を発した。

「第1段階、クリア。第2段階、シフト完了」

 あまりに無感情な声に、少女らしさは少しも感じられなかった。





後書き


作者:斎藤七南
投稿日:2010/11/14 18:04
更新日:2010/11/14 18:04
『White×Black=Glay?』の著作権は、すべて作者 斎藤七南様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:548
「White×Black=Glay?」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS