小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:936
「巡る世界と多彩な人生」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「巡る世界と多彩な人生」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(41)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(160)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


巡る世界と多彩な人生

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


失敗作と呼ばれた少女の存在証明2

前の話 目次 次の話

ある日、少女は異変を察知した。

たくさんの足音、悲鳴、いろんなものが落下する音、何かが燃える音、犬の鳴き声、赤子の鳴き声、たくさんの音があった。



(なんだろう・・・)



無意識のうちに少女は起き上がった。

なぜか落ち着かない。なぜ落ち着かないのかわからず首を傾げるが、耳に入ってきた音が気になって考える事を止めた。

食事の人とは違う足音、知っている足音とはまったく違った足音だった。

同じ方向から別の音がした。



「なん―――も―じゃ―か」

「け――人が――――がある――がな―し、たぶ―――にかあ――」



人の声だと判断し、さらに耳を澄ます。

足音は2つ。どんどん足音は近づいている。

奥のほうからは微かに何か燃える音が聞こえる。さっきと比べて微かに大きく聞こえる。

話し声は鮮明に聞こえる。



「さっさしねぇとこっちに火がくるぞ!」

「わかっている!けど、これどこまで続いてんだ!?全力疾走してまだ何もみえねぇよ!」



片方は男性、もう片方は女性。

更に足音が近づいている。

目を開いて前を見た。食事が出てくるところの上に別の色が見えた。



(世界は黒でもないのか・・・)



なんて別のこと思い、ちょっとした興味で別の色があるほうへ向かった。



「おい!ここ何だ!?何も書いてねぇぞ!」

「開けてみろ!鍵がかかっていたら宝物庫か何かだろ!」



話し声が至近距離にあった。

なんだろう、と興味で食事が出てくるところから少し覗いてみた。

しかし、目が開けられなかった。

覗こうとして顔を動かしたら目が痛くなって開けなくなったからだ。

光の無いところに居たからか、光を目に入れる事が困難になっているのだろう。



「おい!ここ人がいる!」

「えっ!?何してんだ!さっさと開けろ!」

「鍵がかかってる!」



話し声が大きくて耳を塞ぎ、なんとか目を少し開けようとした。

しかし、頭に激痛が走り、意識を失った。

後書き


作者:福里 成実
投稿日:2012/01/08 17:00
更新日:2012/01/08 17:00
『巡る世界と多彩な人生』の著作権は、すべて作者 福里 成実様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:936
「巡る世界と多彩な人生」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS