小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1047
「太陽な君と暗闇の私」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「太陽な君と暗闇の私」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(69)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(177)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


太陽な君と暗闇の私

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1話

目次 次の話

「ご、ごめんなさいっ。生まれてきて、 

 ごめんなさいっ……!」



「キャハハッ。マジでコイツ言ったよ!!」







響く嘲笑。



教室内の空気はピンッと張りつめ誰もの視線が彼女たちと私に集中する。



今日もまた、口癖のようになった言葉を私は叫ぶ。



……教室のど真ん中で、いつもの様に土下座しながら。



ポタポタと、床の上に水滴が落ちる。



それが自分の涙だと理解するのに数分私はあわてて目元を拭った。



泣いたって仕方ない。



もう、なれっ子じゃない。こんなコト。



泣いたって誰も助けてくれない。



だから、泣くな。



呼吸が出来なくなるぐらいの悔しさ。



いつまでたっても、この感情にだけはなれない。



土下座の体制で少し顔をあげて泣きながら自嘲気味にクスリと笑う。



その行為に、彼女たちは気づいてしまったみたい。



とたんに不機嫌な顔になって私の頭を踏みつける。





「うっ……!」



「何笑っちゃってんのー?その目に、その態度、

 

 マジ気にいらないんだけどー」



「アンタは黙って私たちに従っていればいーの。



 無駄な抵抗は身を滅ぼすだけよ?」





嘲笑うような笑みは、怒りというよりも私の孤独をより一層強くさせた。



額を床にこすりつけるような体制で、私は唇をかむ。



……この世に、私の居場所なんてあるの?



毎日のように浮かぶ問いに私は毎日のように否定した。



イヤ、ない。と……。









後書き


作者:友美菜
投稿日:2012/07/18 18:57
更新日:2012/07/18 20:16
『太陽な君と暗闇の私』の著作権は、すべて作者 友美菜様に属します。

目次 次の話

作品ID:1047
「太陽な君と暗闇の私」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS