小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1048
「太陽な君と暗闇の私」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「太陽な君と暗闇の私」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(99)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(302)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


太陽な君と暗闇の私

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


前の話 目次 次の話

私の居場所なんてどこにもない。



どこに行っても疎まれて



どこに行っても蔑まれる。



そうではないと言うのならば、どうして私は家でも学校でも



必要とされていないの?



暴力をふるわれなければいけないの?



夏でも季節を問わず着ている



長袖のシャツは、日焼けをしたくないからと言ってるど、本当は違う。



私の腕にあるいくつもの消えない痣を隠す為。



それは彼女たちにつけられた痣でもあるし、あの人達につけられたものもある。



誰も助けてはくれない。



小説や漫画みたいな奇跡を期待してみても、実際はそんなこと起こるはずもなくて……。



バカみたいって自嘲する日々。



――私の人生にはきっと幸せなことなんてないと思う。



机に頬杖をつき、先生の話しを何となく聞きながら、スッと目を閉じ瞼をふるわせる。



何かが喉の奥からせりあがってくるけれどそれを一生懸命こらえて、せりあがって来たものを飲み込む。



そうしていると、今まで聞き流していた先生の話しに聞き捨てならない言葉が入っていたような気がして、私は思わず先生をがん見する。



担任は、これから何かが起こるような

何とも言えない表情で目を細めると

こう言った。





「ハイ。それじゃあ、転校生ー。



 入ってきなさい」





その言葉に、私はこれ以上ないほど絶望した。







後書き


作者:友美菜
投稿日:2012/07/18 20:11
更新日:2012/07/18 21:04
『太陽な君と暗闇の私』の著作権は、すべて作者 友美菜様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1048
「太陽な君と暗闇の私」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS