小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1072
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(15)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(247)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1話・情けなさすぎる主人公

目次 次の話

「武藤さん。今日の部活はいいから、後で職員室に来てください」





 ――――先生に呼び出しされるの……今学期始まってこれで何度目、だろ……





 ここは、あたしの通う中学、原黒(はらぐろ)中学校。

 先日、三者面談があったばっかりのはずなのに。

 どうせ、いつもの様にガチャガチャと“ああしろ、こうしろ”言われるのだろう。 

 多分……先生にとって扱い辛い、迷惑な生徒だから。

 今日何度目か分からないため息をつきながら教室のドアを開け、あたしは廊下に出た。

 迷惑な生徒……とはいっても、別にケンカっぱやいってワケではない。……っていうか、ケンカができる相手も度胸すらもない。 

 校則は一応は守っている。 

 彼氏がいるとか、オシャレに敏感で興味を持っているとかいうクラスの子達はスカート丈を若干短くしている。正直膝丈の子の方が少ない、と言ってもいいくらいだ。 ちなみにあたしは両方とも当てはまらないのでキッチリ真面目(?)に膝丈だし。 

 学校の日は毎朝お母さんに布団を取り上げられる起こされ方ですっきりと目覚め、登校時間に間に合うように強引に家から追い出されるからよっぽど遅刻なんてものはしない。 

 そして、面倒臭いと思いながらもサボるという度胸も無いし、仲のいいお友達もいない事で授業も毎時間最後まできちんと受けている。ただ、教科書は学校にいる時にだけ“飾り”として机の上に置いているだけで、家ではめったに開いた事はない。先生が『テストにでるぞ』と言った要点箇所を蛍光ペンでラインを引いた跡など無く、新品同様でとても綺麗だけど。 

 そう、学校には勉強をしにではなく、お昼の給食を食べに通っている、という感じ。

 部活(所属している陸上部)にもきちんと参加している。 参加……とはいってもいつもストップウォッチ片手に、ゴール地点でボーッとつっ立っているだけだけど。

 職員室へ続く廊下がひんやりと肌寒く感じる――――





「しつれいします……」





 そっと職員室のドアを開けると、まるであたしが来るのを待ち構えていた様に腕を組んでいる先生がドーンと立ちはだかっていた。





     ☆     ★     ☆





 案の定、先生の言いたい事は全教科、平均点の半分にも及ばないあたしの成績の事。そして人とコミュニケーションの取るのが苦手な性格の事だった。

「頑張ればできる」

 口ではそう言っているけれど、『どうして君はそんなに要領が悪いんだ』と、組んでいた両腕を腰に当ててあたしを上から見下ろす彼の冷たく血走った瞳から心の声がビシビシと伝わってくる。

 目を合わすのが怖くて……我慢ができなくなって逸らしたら、

「真面目に聞きなさい!!」と叱られた。

 もう早くおうちに帰りたい……

『保護者の方にも話をしておいた』――――なんて言っていたけれど、一体何を吹き込んだのだろうか。

 まさか『塾に通わした方がいい』とか言って薦めたりなんかしていないだろうか。

 はっきり言って“ありがた迷惑”だ。不幸にも一年生の時から続いてあたしのクラスの担任の……しかも陸上部顧問というヒドイ巡り合わせなこの先生、森田金八先生は熱血どころか一方的に自分の理想を押しつけてくる人なんだ。

『頑張ればできる』――――。

 できないよ……どうやったら頑張れるの? 他人事だからって自分を基準にした様な言い方で簡単に言わないでよ……

 そんな事言われたって、どうしようもないんだもん。こんなあたしの性格じゃ――――





     ☆     ★     ☆





 カラスが寂しく鳴く夕暮れ時。とある住宅街の道端で、オーバーな身ぶり手ぶりで何やらペチャクチャと話に花を咲かせている、歳は40代後半のおばさん二人。

 そこに学校帰りだろうか。セーラー服を着た天然パーマのショートヘアの小柄の女の子が、下を向きながら歩いて通り掛かる。

「あらっ、なみちゃん、こんにちは」

 彼女に気付いたおばさんの一人が声を掛けてきた。

「……こんにちは」

 女の子は顔を少し上げて恥ずかしそうに返した。







 ――――彼女の名は武藤なみこ。中学2年生。

        学力はガッカリするほど落ちこぼれ。

        恋愛経験、まるっきしなし。

        親友、ナシ。







 そんなグダングダンな彼女に、実はこれからスッゴいコトが次々と起こるのデス。

後書き


作者:ゆかむらさき
投稿日:2012/07/31 10:56
更新日:2012/09/22 20:10
『たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?』の著作権は、すべて作者 ゆかむらさき様に属します。

目次 次の話

作品ID:1072
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS