小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1073
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(19)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(246)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第2話・塾になんかに行きたくない! *塾1日目(主人公・武藤なみこちゃん)

前の話 目次 次の話

 通り過ぎたあたしの後ろ姿を見ながら、彼女たちは再び甲高く、ヘタすると五軒くらい先の家までにも響き渡る程の大きな声で話し出した。

 どうせ隣同士の家に住む主婦の会話なんだし、スーパーの特売の話とか、お昼にテレビで見たワイドショーの話がネタだと思うんだけど――――





「いいわよねぇ、女の子は。可愛くって羨ましいわ」

「あらまあ、松浦さんったら何言ってんのよ。おたくの鷹史くんハンサムだし、頭もいいじゃない。ほーんとにもう、あの子ときたら勉強はしないし、かといって家の手伝いも全然しなくって――――」





 まさかあたしの話をしているとは。しかも余計な事ベラベラ言っちゃって……

(聞こえちゃってるよ“お母さん”……)

 5軒どころじゃない。おそらく7、8軒先まであたしの“ぐうたらネタ話”が届いているのかも……

 あたしは歩くペースを競歩大会の選手の様なペースに上げ、逃げ出した。

(もういや…… もう少し声のボリューム落としてよ……)

 家の玄関の前に着いたというのに、まだ彼女達の会話が聞こえている。もしかしたら、あたしの家の家庭内事情は町内中に知れ渡っているのかもしれない。





「……はぁ。一応申し込んでみたはいいけど、“あそこ”に行けば少しは変われるかしら、あの子……。

 ――――あんな子だけど今日からよろしく、って鷹史くんに伝えといてくださいね、松浦さん」





     ☆     ★     ☆





『あそこに行けば……』

『今日からよろしく……』――――って?





(お母さん達、何話してたんだろう……)

「ま、いっか」

 玄関のドアを閉めて、あたしはいつもの様に家に入って直行で台所に入った。 コレは帰宅後のあたしのお決まり行動ルート。そこで、食卓の上に置いてあるかごの中のポテトチップスと冷蔵庫の中でひんやり冷えているペットボトルのオレンジジュースを手に取った。

 昨夜、宿題に飽きて、息抜きのつもりで“ちょっとだけ”読んだつもりが気が付いたら半分以上読んでしまっていたマンガの続きをせっかくだから(続きが気になるし)読んでしまおうと思い、そのまま2階に上がろうと玄関を横切った。

 ちょうどその時に玄関のドアを開けてお母さんが帰ってきて、開口一番あたしにとんでもない事を言ってきた。

「あら、なみこ、今日からお隣の松浦さんとこの鷹史くんが通ってる塾に、あんたも行く事になったから」





「え!」

 靴箱の上に脱ぎ捨ててあったエプロンを身に着けながら淡々とした顔でお母さんが言った言葉にビックリしたあたしは、ゴローンとジュースを落とした。

(しかも今日からっ、て……)

 だって、突然すぎるでしょ……

「ホラ! もうとっくに申し込んであるんだから行かなきゃダメよ。ボサッとしてないではやく用意しなさい。6:30に迎えのバスが来るわよ!」

(だっ! そんな事、今急に言われたって――――!!)

 お母さんは自分の言いたい事だけ一方的に言うだけ言って、

「分かったわね!」

 強い口調に加え、力を込めた手の平であたしの背中をベシッ!っと叩き押して台所へ向かった。

(痛ったぁ……っ)

 あたしはもうガマンできなくなって、

「ひどい! お母さん! あたしに何も聞かないで勝手に決めちゃうなんて!!」

 ハアハア言いながら怒り散らかした。

 すると台所からUターンして戻ってきたお母さんは、あたしの右手からポテトチップスの袋を取り上げ、もっとこわい顔……そう、まさにあたしの読んでいる漫画雑誌“シュシュ”で大人気連載中のギャグ漫画に登場する、事あるごとに稲光を背負って怒る主人公の女の子のお母さんの様な顔をして、

「そんなの聞いたって、どうせあんたの事だから“いやだ”って言うに決まってるでしょ!! 学校から帰ってきては、いっつも部屋でゴロゴロしてばっかりいて…… あんたの将来を心配してお母さんはねえ――――!!」

 お母さんもハアハア言って怒っている。

 母と娘のこの情けないバトル……。軍配はどちらにあがるのか――――

 あたしは両手をギュッと握り締め、歯ぎしりをしながら彼女を睨みつけた(つもりだった)けれど、言われた言葉が“釘”のようになって何本も体に突き刺さり、頭の上から白旗が飛び上がったこんな負け惜しみ丸出しの顔でなんかで対抗したって敵うわけがない。





「わかったよ。……いくよ、いきます」

 声の大きさ、体の大きさ……それ以前にこうなった原因は自分の要領の悪さ……。お母さんの迫力に負け潰されたあたしは、仕方なく松浦くんの通ってる塾に行く事にした。……そうするしかなかった。

 『行く』と答えた途端、お母さんはコロッと態度を変え、

「あら、そ。良かったワぁ。鷹史くん頭はいいし優しくていい子だから安心だわァ。仲良くね」

 と言い……消え去った。





     ☆     ★     ☆





 それにしても“優しくて……いい子”、って――――

 あたしはお母さんの言った言葉に全く納得いかず、ブツブツ一人ごとで文句を言いながら自分の部屋がある2階へ上がった。





 『毎日通う、ってわけじゃないんだから、そんなに構えなくても大丈夫よう! ちょっとばかし遠いけれど、いい評判の塾らしいわよ』





 塾、って聞いたら構えるに決まってるでしょ…… だって! 塾っていう響きから“猛勉強”を連想するんだから。何を言ってるんだ、このお母さんは……

 いくら週に2回だけだからって、せっかく学校帰ってきてからもまた勉強しに行かなくちゃイケナイだなんて……

(――やってらんないよぉ、もおっ!)

 さっきお母さんに反論できなかった悔しさを120%込めてベッドの上に向かって脱いだ制服を投げ捨てて薄ピンク色のタンクトップとパンティ姿になった。

 そういえば“裸になると開放的な気分になれる”ってテレビかなんかで聞いた事がある。

 コレは……うん……言われてみれば確かに気持ちがいい。

 このイライラした気持ちを少しだけでも落ち着かせようと、ついでに「うー……ん」と伸びをした。





「ぎゃ!」

 最悪……。窓越しに松浦くんと目が合ってしまった。

 実は、隣の家に住んでいる松浦くんの部屋のベランダにある大きな窓とあたしの部屋のベランダにある大きな窓が向かい合わせになっていて、着替える時にきちんとカーテンをしないと、お互い丸見え状態……という厄介な家の作りになっている。





 ――――解放しすぎた!!





 あたしは慌てて隠そうとした。上か下か、どっちを隠したらいいのか分からなくって戸惑っていたら、向こうから“あっかんべー”をされ、シャッ、とカーテンを閉められた。

 よりにもよって、あんな嫌な人と一緒に嫌な塾に……

 結局イライラはさらに募る一方。あたしはさっきお母さんに言われた『仲良くネ」』の言葉を思い出した。さらに『優しくていい子だから』の言葉まで思い出してしまった。





 どこが……。松浦くんは外ヅラがいいだけで、本当の性格はめっちゃいじわるなんだよ――――





     ☆     ★     ☆





 いつもなら夕ご飯の時間になるまでベッドの上でゴロゴロとくつろいでいられた身分だったのに、

「初日がカンジンよ!」

 と、あたしの部屋にノックもしないでズカズカと入ってきたお母さんに、読んでいた途中の漫画を強引に本棚の中に片付けられ、ベッドから引きずり下ろされた。

 まだ心の準備が整っていない、ってダダをこねても、やっぱり通用しなかった。





「へりくつばっかり言ってんじゃないの!」





 バスが来る10分も前なのに、こんな寒空の下の玄関の外に追い出され、ドアを閉められた。

「……へりくつだって。だっせ」

 あげくの果てに、あたしの家の前の道路でサッカーボールを蹴って遊んでいる近所の小学生の男の子に思いっきりバカにされた。

(恥ずかしい…… もうやだ……)

 余計に塾に行く気が失せたあたしは、歯ぎしりをしながら足元に転がっていた小石を力を込めて踏んづけた。





 6:30になり、バス(……って言っていいのかワゴン?)が来た。バスが来たと同時に、松浦くんも相変わらず無愛想な顔で家から出てきた。 一応これから(しばらく?)お世話になる身なのだし、何か一言、挨拶(?)みたいな事を言っておいた方がいいのかな……と思って、『今日から、よろしくね』と言おうとしたら、後ろから彼に背中を押され、「さっさと乗れ」と急かされた。





 モタモタしてるとまた松浦くんに何か言われそう…… 

 パッと乗り込んでバスの中を軽く見渡してみた。どうやら10人くらい乗れる程の小さなバス。あたしと松浦くん以外の生徒はまだ乗っていない。多分これから塾に向かうまでに何人か乗せていくのかもしれない。 

 そういえばさっきお母さんが『塾までは遠い』だとか何とか言っていた。到着するまで一体何分くらいかかるのか分からないけれど、遠い塾までバスの中で松浦くんだけを相手に過ごすのはとても気まずい。とにかく1人だけ、男の子でも女の子でも誰でもいいから生徒を乗せていって欲しい、と願いながら運転手さんに頭を下げた。

「お……おねがいします……」

 運転手さんはあたしの顔を見て優しい笑顔でニッコリと微笑んでくれた。

(しょうがない……頑張る、しかないもんね……)

 とりあえず今日第一にわたしに優しく接してくれた、この運転手さんの真後ろの席に座った。

 ひんやりとした、まるであたしの今の心境と同じような座席の硬いシートがお尻と一緒に背中を包み込む。

(それにしても松浦くん……どうして頭いいのに塾になんかに通ってるんだろう……)

 あたしの後からバスに乗り込んできた松浦くんをチラッと見た。

「!」

(えッ!! なんで!?)

 何故か彼は他にもいっぱい席が空いているのに、わざわざあたしの隣にドカッと座ってきた。

 実はさっきモロに下着姿を見られているからめちゃくちゃ気まずかったりする。 

 まるで時代劇に登場する悪代官の様に隣のシートでのけ反り返って長い足を組んでいる松浦くん。何も言葉を発してこないところが余計に気まずい。

(あ、あっちに座ればいいのに……)

 彼から逸らした視線をガラガラに空いている周りの席を指すように見渡している時、ハッと気付いた。

(いやがらせか――――!)

 次第にムカついてきた。





  バスが動き出した。バスのスピードが上がると共に、あたしの鼓動のスピードも上がっていく――――

(何か……話した方がいいのかなぁ)

 しかし、こんな人に何を話したらいいのか分からないし、タイミングも掴めない。

 すると隣に座っている松浦くんは、あたしの目も見ずに自分の前髪を指先で触りながらボソボソと話し出した。

「ああ、言っとくけどこの塾、原黒中(あたしと松浦くんの通ってる学校)俺とおまえしかいないから。ちなみに、このバスに乗る生徒も2人だけだ」

 そう言って、やっとあたしの方を見たかと思ったら、

「――ってゆーか、おまえ友達いねぇから関係ねーよなァ、ハハ」

 と、小バカにした目をして笑い出した。

「――っ!」

 本当の事だから言い返す事ができなくて、あたしはくちびるを噛んで我慢した。

 悔しいけれど……こんな事はよくある事。彼に会う度毎日の様に言われている事だけど、よりにもよって初日からこんな目に遭うとは……。ただでさえ塾に通う事になっただけで憂鬱なのに――――





 あたしはムシャクシャしながら運転手のびみょうにハゲた後頭部を見ていた。

後書き


作者:ゆかむらさき
投稿日:2012/07/31 10:59
更新日:2012/09/22 20:10
『たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?』の著作権は、すべて作者 ゆかむらさき様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1073
「たか☆たか★パニック?ひと塾の経験?」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS