小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1160
「心・体をかけて」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「心・体をかけて」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(37)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(124)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


心・体をかけて

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第4話 バスジャック

前の話 目次 次の話

 高浦は、早川と一緒に動物園行きのバスに乗っていた。

「動物園、楽しみですね」

 早川はとっても楽しげにしているが、高浦は違った。

(バスの中がピリピリしてる……)

 高浦は、この時間の割には多い人数と、夏なのに、くそ暑そうな服を着ている者が数名いた。

 中にも、普通の乗客がいると見たが、その人たちも、今までにないピリピリしたバスということは、分かっていると思われた。

「すみません! おります!」

と、乗客が言った瞬間。

「伏せろ!!」

 バーンと銃声が響く、誰が指示したのかわからないが、伏せろと聞こえたのは確かだ。

 悲鳴がバスの中で耳が割れるほどに聞こえた。もちろん、一般人の早川が銃声に慣れているはずがない。

「さすが高浦さん、反応早いね」

 バスの先頭に立っていたのは、見覚えのある顔だった。

「金城……!」

 一瞬自分の目を疑ったが、間違いはなかった。

「なんでこんな事をしている!」

「さあ、誰かに命令されているってのは事実だが。それ以上は言えねえ」

 高浦は懐にある無線機で応援を呼ぼうとしたが

 バーン、と取り出そうとした無線機を、金城は打ち抜いていた。

「無駄なことはするなよ、数分で爆発するからな」

 高浦は、拳銃に手をかけながら、チャンスを待っていた。

後書き


作者:九紋龍
投稿日:2012/08/22 10:30
更新日:2012/08/23 15:07
『心・体をかけて』の著作権は、すべて作者 九紋龍様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1160
「心・体をかけて」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS