小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1792
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(70)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(229)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


二章 瑠璃 四

前の話 目次 次の話

 和宮の駅に着くと、わたしとホタルは大きくのびをした。走り去った汽車を見送って、町に出る。
 夕暮れの町は、どこか浮かれていた。
「お祭りでもあるの?」
 ホタルが見上げてくるのが分かったが、わたしはなんとも返事ができなかった。
「瑠璃さん?」
 ホタルがわたしの目線を追って、道の先を見た。大通りから一本外れた細い道を、着流し姿の若い男がこちらに向かって歩いてくる。後ろでぎりぎり結べる髪をひもでくくった、相変わらずの細いメガネ。
 人ごみの中に消えてしまいそうな人影なのに、どうして見失うことがないのだろう。
 まっすぐ歩いてきた穂高は、ホタルを見下ろした。
「久しぶり、兄さん。」
「よく来たね、ホタル。」
 わたしは一歩後ろに下がった。
 この空気が苦手だ。家族の空気。それぞれの家のにおいが違うように、家族が集まると独特の空気が流れる。
 その空気が流れると、部外者はどうしようもない疎外感を味わう。
 けれど、この兄弟はどこかよそよそしかった。
 特に会話もないままに、こちらを見ている。ホタルが無邪気にわたしの手をとる。
「行こう、瑠璃さん。」
 わたしはちらりと穂高を見たが、特に何の感情もないのか、ホタルを横に歩いてく。ホタルが歩き出したので、つられてわたしも歩き出した。
 なんだろう。
 この二人の間には入れない。けれど、隣を歩くことならできそうな気がした。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/13 22:21
更新日:2016/08/13 22:21
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1792
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS