小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1799
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(70)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(250)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 小夜子 一

前の話 目次 次の話

 私には、隣にいたはずのホタル様がいなくなったように見えました。けれど、それはかん違いだったようです。ホタル様はすぐに姿を見せると、私の肩に少しぶつかりました。
「……びっくりした。」
 どこか満足そうな顔は、先ほどの不安に満ちた顔とは違って見えます。ホタル様はすぐに、ポケットから懐中時計を取り出しました。
 どうしてでしょう。時間なら、今さっき確認したばかりなのに。
「どうされたのですか。」
 見上げると、ホタル様はこちらを見下ろして言いました。
「いいものを見たんだ。一瞬だったけれど。」
「そうなのですか?」
 ポケットに懐中時計を戻して、ホタル様は前を見ます。
「セイは?」
「あら?」
 いつの間にか、セイ様の姿がありません。不安に思った矢先、ひょっこりと短髪の頭が見えました。
「汽車、向かいのホームにそろそろ来るって。ホームの隅で待っていよう。」
 そう言うと、セイ様は私の荷物を持ってくださって、私に手を差し出しました。
「はぐれないように。」
 私はおそるおそるそれを握り返して、ホタル様とも手をつなぎました。まるでひよこの行進のように、連なって歩きます。
 不思議な心地がいたしました。
 私達は、昨晩出会ったばかりなのに、昔からのお友達のように仲良く歩けているのです。
 二人は、必ず私を間に置いていました。
「どうして私は真ん中なのでしょう。」
 首をかしげてセイ様を見ると、苦笑いを浮かべます。
「こんなお嬢様を端っこに置いておくだなんておそれ多いよ。」
 ホタル様もうなずかれていましたが、私はバカにされた気分になりました。
「私、お嬢様などではありませんわ。そりゃあ、お家は立派ですけれども。」
「ほうら、やっぱりお嬢様だ。」
 けらけらとセイ様が笑います。なにがそんなにおかしいのでしょう。
「男にとって、女の子は守ってあげたいと思うものなんだよ。」
 ホタル様がそんなことを言われて、私はなんだか恥ずかしくなり、そんな私よりも赤くなったセイ様が、ホタル様を小突きます。
 それはうまい芸のように見えて、ホタル様が得意そうに私たちをひっぱりました。
 三人の笑い声が響きます。
 そのとき、ふと、ホタル様が言いました。
「そういえば、小夜子嬢はどこまで行くの?」
 私は、ホタル様の涼しげな顔を見上げて、きゅっとスカートをにぎってしまいました。
「私……。」
 ホタル様は、困った顔をしません。むしろ花が静かに咲くように、ゆっくりと笑います。
「行くあてがないの?」
「はい。」
 小さな声で答えれば、セイ様が「なんだあ」と、呆れたように、大げさに頭の後ろで手を組みながら言いました。
「じゃあ、俺と同じだな。」
 その言葉は、まるで行き先の分からない切符のようでした。
 私はどうしようもなくわくわくして、ホタル様を見上げます。
「一緒に行こう、小夜子嬢。」
 瞳をかがやかせたホタル様は、いたずらが成功して、ひっそりよろこんでいるかのようです。
 ほどなくやってきた汽車に、私たちはいの一番で乗りこみます。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/15 08:04
更新日:2016/08/15 08:04
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1799
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS