小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1800
「異界の口」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「異界の口」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(69)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(232)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


異界の口

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 小夜子 二

前の話 目次 次の話

 前と同じように座った私たちはしばらく景色を見ていましたが、ホタル様がそういえば、と切り出しました。
「セイは、どうしてお父さんに勘当されたの?」
 ホタル様の言葉が、すっと耳に入ってきました。
 悪意はまったく感じられません。そのせいでしょうか。セイ様はすらりと答えていました。
「うちは、母親がある日突然いなくなって、父親がすぐに再婚したんだ。きっと不倫とか、そういうのがあったんだと思う。で、俺は元々あんまり父親が好きじゃなかったから、新しい母親も無視してたんだ。他の家族は仲良くやっていたから、俺だけ鼻つまみ者でさ。」
「それで、家を追い出されたの?」
「半ば俺の意思だったけどな。家を出たいって言ったら、父親が怒って勘当までしてしまっただけだ。」
 交わされる会話に、私はついて行けそうにありませんでした。
 私の中で家族とは、本気で怒ったり、嫌ったりしない他人です。自分の世話をする義務を負ってしまった、不幸な大人。
 いつも冷たい目でこちらを見る人。
 そんな人たちとはあまり会話もしません。このごろは顔を見ていません。そういえば、最後に手紙が来たのはいつだったでしょうか。
 ぼうっとしていた私は、ホタル様の視線に気がつきました。
「小夜子嬢は、どうして学園を飛び出してきちゃったの?」
 まっすぐな声が胸に突き刺さったような心地がしました。本当は刺さっていないのに、痛みだけがそこにあります。
 口ごもるようなことはありませんでした。「それは」と言おうとした口は、まったく別のことを話していました。
「私、体が悪いんですの。」
 何の話をしているのでしょう。いいえ、自分の病気について語っている自覚はあります。けれど、誰にも言いたくなかったことを、なぜ、この人の前では安心して語れるのでしょう?
「小さいころから心臓が弱くて、転地療養だと言われて学園に入れさせられました。空気のきれいなところなら大丈夫だろうという親の判断です。けれど、わたしに本当に必要な環境は、両親から切り離された山奥の学園よりも、せまい病室に押しこめられていても親の顔がすぐに見られる、そんな場所だったと思います。」
 冷静に語っている私自身がはずかしくなりました。まるで、駄々をこねる子どもです。まだまだ私も子どもですが。
 ホタル様は、わたしをじっと見ていました。
「小夜子嬢は、これからどうするの?」
「とりあえずお二人に同行して、また学園に帰ろうかと思います。」
 そうだよなあ、と、それまで黙って聞いていたセイ様が言いました。
「たとえ逃げ出しても、けっきょく居場所はあそこしかないんだよな。」
 そう言われてしまうと、なんだか学園がなつかしく思えてしまいました。
 たった半日しかたっていませんのにね。

後書き


作者:水沢妃
投稿日:2016/08/15 08:06
更新日:2016/08/15 08:06
『異界の口』の著作権は、すべて作者 水沢妃様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1800
「異界の口」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS